もう老け顔とは言わせない!若返りメイクでマイナス5歳透明肌!

もう老け顔とは言わせない!若返りメイクでマイナス5歳透明肌!

50代女性のメイクの憂鬱。
それは、ファンデを塗ると老け顔になってしまうということです。

ある調査では、30~50代の男女540名のうち、57.6%の人が「老け顔の代表メイクは『ファンデの厚塗り』」と回答しています。

本来肌をきれいに見せるはずのファンデで老けて見えるのでは、メイクをする意味がありません。

しかしちょっとしたコツさえ覚えれば、マイナス5歳のメイク肌は誰でも作れるのです。
今日は、厚塗り感ゼロで、若返りメイクの裏技をご紹介します。

メイクをすると老けて見えるのは何故?

そもそも若く見える肌とは、どんな肌でしょう。
圧倒的に多い答えが、「透明感のある肌」だそうです。

実際、地の色が黒くても、多少のシミやシワがあっても、キメが整ってツヤや透明感がある肌のほうが、数段若々しくキレイに見えます。

つまりメイクで却って老けるのは、透明感を消してしまうファンデの塗り方をしているからなのです。

よくやりがちなのが、ファンデでクマやシミを隠そうとすること。
そうすると、厚塗りしていないつもりでも自然にファンデの量が多くなり、透明感が失われてしまいます。

確かにシミやクマ、くすみは気になりますが、それを全てファンデで何とかしようとするのはNGです。

若返りメイクにはステップがある

若返りメイクにはステップがある

透明感のあるメイクをするには、以下のステップをきちんと踏むことが大事です。
1,化粧下地
2,ファンデ
3,コンシーラー
4,フェイスパウダー

こんなに塗り重ねたら、それこそ厚塗りになるのでは?と心配になるかもしれませんが、そんなことはありません。

ポイントは、それぞれ少ない使用量で薄く仕上げること。
つまり、丁寧に、薄く、きっちり塗り重ねるのが「薄化粧に見える」コツなのです。

あるメイクアップアーティストさんの話では、面倒だからと化粧下地を使わない人が、50代女性には実に多いそうです。

化粧下地には化粧崩れを防ぐほかに、毛穴を目立たなくしてキメを整えたり、肌を明るく見せる働きがあります。

化粧下地を省いてしまうのは、滑らかでくすみのない肌の演出に、とても勿体ないことなのです。

クマ、シミ対策にはコンシーラー

化粧下地とファンデでベースを整えたら、次はコンシーラーです。
いわずと知れたクマやシミをカバーするアイテムですが、正しい使い方をしなければ逆効果になることも多いのが、コンシーラーです。

コンシーラーには液体、クリーム、固形などのタイプがありますが、年齢肌に失敗なく使えるのは、適度な硬さのあるクリームタイプ。

色目は次の2本を用意しましょう。
・ファンデを塗った肌の色と同じか、それより少し明るめのオークル系
・ピンクオレンジ系で、ピンク過ぎず、暗すぎない色調のもの

オークル系はシミやソバカスの点在部分に、ピンクオレンジ系は青グマや茶グマ、濃い目のシミに使います。

コンシーラーを使いこなす

シミが点在している部分や、薄い色で大きめのシミには、オークル系のコンシーラーとスポンジを使います。

スポンジにコンシーラーを馴染ませたら、シミの上にソッと軽く押し当てながらのせていきます。
強く押したり擦ったりしないように、気をつけましょう。

次に目元のクマや濃い目のシミには、ピンクオレンジ系のコンシーラーを指とスポンジでつけていきます。

コンシーラーを指に取り、トントンとクマやシミの上にのせたら、次にスポンジで優しく馴染ませましょう。
押し込むのでなく、ふんわり伸ばす感じで「優しく」「軽く」が鉄則です。

また広めで濃いシミやニキビ痕には、毛足が短くてコシのある、小さめのブラシを使います。

コツは、シミが隠れるくらいたぷりの量をのせることと、のせたらあまりいじらないこと。

塗り広げてしまうと、時間と共にコンシーラーが外に流れ、肝心のシミが露出してしまいます。

仕上げにフェイスパウダーは必須

コンシーラーでカバーしたシミやクマを、最後に完璧に仕上げてくれるのがフェイスパウダーです。

フェイスパウダーの主な役割は、ファンデの油分を吸収して化粧崩れを防ぐことですが、コンシーラーも成分はファンデと同じですから、油分で次第に肌の上を動き、ずれていきます。

これを定着させてコンシーラーのカバー力を持続させるために、フェイスパウダーは欠かせないのですね。

またフェイスパウダーには、微粒子パウダーの皮膜によって、キメ細やかな陶器肌を作ってくれる働きもあります。

微粒子パウダーはさらに、光散乱作用でシワをぼかしたり、紫外線カットの効果もあり、年齢肌には使わない理由が見当たらないくらいです。

キメ細かい光拡散効果のある超微粒子がシワを目立たなくしてくれる⇒ランコムの最高峰ライン アプソリュ ルースパウダー

50代だからこそ丁寧メイクを(まとめ)

50代だからこそ丁寧メイクを(まとめ)

残念ながら、2、3分でできる簡易メイクで、若々しく変身できるといった虫のいい話はありません。

丁寧に手順を踏み、化粧下地とコンシーラー、フェイスパウダーをきっちり使いこなすこと。

これさえ身につければ、昨日までとは全く違う自分の肌に驚くはずです。
ぜひチャレンジして、「透明感あるマイナス5歳肌」を叶えましょう!

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他