50代から始める!超簡単、若返りホルモンを増加させる方法

50代から始める!超簡単、若返りホルモンを増加させる方法

鏡を見るたび、階段を上るたび、思わず出てくるため息。
若い頃はこんなじゃなかった…。

シニア世代が感じる老化とは、男性が「体力の低下」が58.4%でトップなのに対して、女性のトップは「白髪」の72.4%、次いで57.2%の「顔のたるみ」なのだとか。

女性の美と若さを作る女性ホルモンは、30歳頃をピークとして、50歳ともなるとその分泌量は5分の1にまで低下するといいます。

しかし諦めるのはまだ早い!
実は、今からでも増やせる若返りホルモンが、2つもあるのです。

今日は、その2つのホルモンを簡単に増やせる方法をご紹介しましょう。

加齢で減る若返りホルモン

成長ホルモンや女性ホルモン、男性ホルモン、甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモンなど、私たちの体内で分泌されるホルモンは100種以上にのぼるそうです。

脳下垂体や卵巣、精巣といった内分泌器官で作られたホルモンは、血液に乗って体中を巡り、各組織が正常に機能するよう指示を与えるという、重要な働きをしています。

中でも「女性ホルモン」や「成長ホルモン」は、美肌ホルモン、若返りホルモンともいわれるほど、女性にとって重要なものです。

この成長ホルモンもまた歳とともに減少し、50歳では20歳頃のピーク時の3分の1以下にまで減少します。

しかし有難いことに、幾つになっても増やすことができるのが、成長ホルモンなのです。

成長ホルモンとは

成長ホルモンにはその名の通り、
・体の各組織を成長させる
・代謝を促進する
・脂肪燃焼を促進する
・免疫力を高める
・細胞を修復する

といった働きがあり、この「細胞の修復」作用を利用しているのが「筋トレ」です。

筋肉に強い負荷をかけ、わざと筋肉にダメージを与えることで成長ホルモンを分泌させ、新たな筋肉を作ろうというわけです。

新しくできた筋肉は古い筋肉と比べて3倍の太さと弾力があり、若々しい体を蘇らせることができるのです。

さらに注目すべきは、新しい筋肉からは「マイオカイン」が分泌されるということ。

マイオカインとは耳慣れない名前ですが、実はこれが、幾つになっても増やせるもう一つの若返りホルモンなのです。

マイオカインとは

マイオカインは「細胞の修復」、「脂肪分解促進」など成長ホルモンと似た働きがあり、病気予防や老化予防の効果で今話題の新ホルモンです。

血糖値を下げたり、認知症やうつの予防効果もあり、夢のダイエット成分という話もあります。

ただし、マイオカインにはちょっと難点があって、
・太腿やお尻、ふくらはぎなど下半身の筋肉
・できてから4ヶ月以内の新しい筋肉

からしか分泌されないのです。

ですからマイオカインを分泌させるには、筋トレをして、さらに下半身の筋肉を使うウォーキングなどをするのが、最も効率的ということになります。

この「筋トレ+有酸素運動」の組み合わせは、成長ホルモンの分泌も高めてくれます。

因みに、マイオカインは1回に分泌される量が限られていますので、長く歩いたからといってその分多く分泌されることはないそうです。

若返りに最適な運動とは

若返りに最適な運動とは

女性ホルモンの減少を痛感することが多い50代。
しかし下半身の筋トレと運動によって、成長ホルモンとマイオカインという、二つの若返りホルモンを増やすことができるのです。

ただし、ハードすぎる筋トレは大量の活性酸素を発生させるといいますから、そちらの老化作用のほうも心配ですね。

そこでオススメなのが、「軽いスクワット+軽いウォーキング」。
出勤や買い物の前に次の要領でスクワットをし、それから出かけるというもので、1日2、3回行えばより効果的です。

スクワットのやり方は、
・3秒かけて膝を曲げ、同じく3秒かけて膝を伸ばします
・このスクワットを10回繰り返します

これなら活性酸素の弊害を最小限にしながら、成長ホルモンとマイオカインの恩恵を受けることができるというものです。

今日から始める若返り運動(まとめ)

今日から始める若返り運動(まとめ)

生涯で分泌される女性ホルモンの量は、ティースプーンでたったの1杯分だそうです。

それだけ超微量なものが女性を女性たらしめているなんて、ホルモンとはすごいものですね。

しかしご紹介したように、若さの鍵を握っているのは女性ホルモンだけではなく、しかもそれはちょっとした運動で何歳からでも増やすことができるのです。

歳を重ねるごとにより豊かになる。
それは、50代だからこそ実感できること。

お出かけ前の「ちょいスクワット」、さっそく今日から始めてみませんか?

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他