腸が垂れる!ねじれる!?8割の便秘がすぐ解消する方法とは

腸が垂れる!ねじれる!?8割の便秘がすぐ解消する方法とは

便秘人口1000万人ともいわれる現代ニッポン。
しかし便秘解消法は数あれど、何をやっても頑固な便秘が治らないという方も少なくありません。

そんな方は、まずは次の項目に覚えはありませんか?

・子供の頃から便秘がち
・ストレスや食事内容に関係なく便秘
・カチカチ便のあと軟便
・運動不足になると途端に悪化
・立つと下腹がぽっこり

該当する方、実はその便秘は、便秘に悩む女性の間で今話題の「落下腸」または「ねじれ腸」のせいかもしれません。

通常の便秘と違い、落下腸もねじれ腸も一般の便秘改善法は効かないという困りもの。
一体どうすればいいのでしょうか?

落下腸もねじれ腸でお悩みの方、必見!
即効で、スルッと通じる解消法をご紹介します。

落下腸とは

落下腸とは

便秘人口の増加のせいもあってか、最近は便秘治療専門の「便秘外来」がある病院が増えています。

実は、便秘外来の患者さんの半数以上を占めるのが「落下腸」だというのです。
では、落下腸とは一体どんな腸なのでしょうか。

大腸の構造は、右のお腹の下から上に上行結腸、右から左に横行結腸、上から下へ下行結腸、そしてS状結腸を経て直腸、最後が肛門となっています。

本来、横行結腸は両端が固定されているのですが、それが外れてしまうことによって、横行結腸が本来の位置より下に垂れてしまったのが「落下腸」です。

垂れ下がった腸には便が停滞し、その重みで腸はますます下がる…、この悪循環で頑固な便秘症となるわけです。

便が溜まると腸が伸びる、というわけで、重症の落下腸では、通常80cmの大腸が170cmにまで伸びてしまうこともあります。
確かにこれでは、食物繊維も乳酸菌もあまり効果がないわけです。

落下腸便秘の改善

落下腸はうまれつきの腸の状態なので、形そのものを治すことはできませんが、便秘の症状を改善することはできます。

その方法が「落下腸マッサージ」。
落下腸は、マッサージで簡単に位置を動かすことができるのです。

1.仰向けに寝て膝を立て、腹筋をゆるめる
2.おへそを中心点とし、お腹の下から上に向かって両手指で押し上げる
3.おへその下、S状結腸のあたりを指で上下に揺らす

2で落ちた横行結腸を押し上げ、3でS状結腸を刺激して便を動きやすくするわけです。

マッサージはお腹が軽く凹むくらいの優しさで、2、3を各1分間、朝食前と就寝前に行いましょう。

落下腸を取り上げた某テレビ健康番組では、20年来便秘症の女性がマッサージ2日目でお通じがあり、111cmあったお腹周りが1週間後には95.5cmになるという即効ぶりでした。

ねじれ腸とは

便秘には、大別すると「機能性便秘」と「器質性便秘」の二つがあります。

機能性便秘とは、食事や運動など生活習慣が原因で起こるもので、多くは、食物繊維や乳酸菌の摂取、食事時間、運動の見直しなど一般の便秘解消法で改善できます。

それに対して器質性便秘とは、胃腸などの消化排泄器官の構造上の問題や疾患に原因があるもので、その一つが落下腸です。

実は器質性便秘にはもう一つ、「ねじれ腸」があります。
ねじれ腸は、主に下行結腸やS状結腸のねじれによって便が滞留するもので、日本人に多いといわれています。

判断するチェック項目は落下腸とほとんど同じですが、ねじれ腸ではねじれて細くなった箇所を便が通ろうとするので、痛みを伴うことが多いそうです。

ねじれが酷くなると腸捻転に発展することもありますので、早めに対処することが大切です。

ねじれ腸便秘の改善

ねじれ腸便秘の改善

ねじれ腸の便秘改善には、「腸ゆらしマッサージ」があります。
お腹を揺らすマッサージと体をひねる運動で、ねじれた箇所がゆるんで便が動きやすくなるのです。

1.仰向けに寝て両膝を立てる
2.左腹部の下行結腸の部分を、両手で上下に揺り動かす
3.おへその下あたりのS状結腸の部分を、同様に上下に揺り動かす
4.立って両手を広げ、左右にお腹をひねる

2、3、4を各1分間、全体で3分間をワンセットとし、落下腸と同様に朝食前と寝る前に1回ずつ行います。

腰の下にバスタオルなどを当てて腰を浮かせると、腹筋がゆるみやすくなってマッサージ効果が高まります。

仰向けに寝てお腹を押してみた時、痛みがある箇所はねじれが発生している可能性がありますので、ポイントにするといいでしょう。

これぞ究極の便秘解消法(まとめ)

20~50代の女性1万人を対象に江崎グリコが行ったアンケート調査では、56.4%の人が胃腸の悩みを抱えており、そのうち74.6%は便秘やお腹の張りを訴えているそうです。

どうやら成人女性の2人に1人は便秘だというのは、あながちオーバーな話ではないようですね。

最近注目の「落下腸」や「ねじれ腸」。
頑固な便秘症の8割がこの腸の落下やねじれに起因しているという、新たな事実も分かっています。

であれば、検証でも即効性が証明されているマッサージを試してみない手はありません。
朝晩2回の腸マッサージで、スッキリ爽快の日々を手に入れましょう!

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他