あなたも美魔女になれる!?若さの源を育てて120歳を目指そう

あなたも美魔女になれる!?若さの源を育てて120歳を目指そう

美魔女ブームの昨今「同じ年代なのに、驚異的な若さを維持している人と自分との違いは、一体どこにあるのだろう」といつも思います。

化粧品は何を使っているの?どんな美容法をやっているの?健康のために気をつけていることは? etc…
同じ思いの女性が多のか、美魔女直伝の化粧品や美容法が一躍ブームになったりします。

それにしても、そもそも若さとはどういうことなのか。
それは細胞分裂が盛んに行われ、細胞が常に若くあることにほかなりません。

そこで今回は、細胞の若さに関わる「テロメア」についてのお話です。

テロメアとは

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、テロメアとは人間など真核生物の細胞のDNAの末端にある特殊な部分のことです。
実はこのテロメアこそが、人間の寿命を決めているといわれています。

何故なら、テロメアは細胞分裂のたびに消費されて短くなっていき、テロメアがなくなった時点で、細胞は分裂できなくなって寿命が終わるからです。

つまり、テロメアの長さ分しか細胞は分裂できないということ。
因みに人間の細胞分裂の回数は50回ほどだそうで、まさにテロメアは命の回数券というわけです。

しかし中には、無限に細胞分裂を繰り返すことができる細胞があります。
それは、精子や卵子といった生殖細胞とガン細胞。

これらの細胞はテロメラーゼという酵素をもっており、これが短くなったテロメアを補って長さを伸ばしてくれるので、何度でも細胞分裂が可能になるのです。

テロメアをさらに短くする要因

テロメアをさらに短くする要因

寿命の鍵を握るテロメア。
しかし、この限りあるテロメアをさらに短くしてしまうのが、DNAの損傷です。

傷ついたDNAの細胞は分裂の際にテロメアを余計に消費するので、その分さらに寿命が縮まることになるのです。

DNAを傷つける最たるものといえば、言わずと知れた「活性酸素」ですが、現代生活には活性酸素を大量に発生させる要因が溢れています。

紫外線、ストレス、タバコ、お酒、睡眠不足、過労、偏った食生活…、美容に悪いといわれるこれらのことは全て、活性酸素を量産してテロメアを短くし、老化を促進して寿命を縮める要因なのです。

テロメアを守って老化をストップ

上記の活性酸素を増やす生活を改善するだけでも、テロメアの短化に歯止めをかけ、さらにテロメアを長くすることさえできるといわれています。

米国カリフォルニア大学の研究によると、男性患者35人に食事の改善と適度の運動、ストレス緩和を心掛ける生活を5年間続けてもらったところ、血液細胞のテロメアの長さが10%も増加したそうです。

もう一つテロメアの寿命に大きくかかわるのが「テロメラーゼ」。
テロメラーゼは細胞分裂の度に短くなるテロメアを修復する酵素です。

しかし、私たちの生殖細胞を除いた体細胞には、テロメラーゼは持ち合わせていません。
では、私たちがテロメラーゼを働かせるにはどうすればいいのでしょうか。

野菜はテロメラーゼの塊り

テロメラーゼがない人間に対して、全細胞にテロメラーゼが備わっているのが「植物」です。

つまり、テロメラーゼを摂取するには、野菜を食べればいいのです!
ただし、加熱するとテロメラーゼは失われますから、生食が条件です。

寿命が尽きるのはテロメアだけでなく、酵素が尽きる時だともいわれますが、生食はこの酵素もたっぷり摂れます。

生野菜を丸ごと食べることは、酵素とテロメラーゼを補給できる、まさに寿命延ばし、アンチエイジングの秘訣なのです。

またDHAやEPAには、テロメラーゼを活性化するらしいことが研究によって分かっているので、青魚も意識的に食事に加えたいものです。

テロメアを伸ばして寿命を延ばす(まとめ)

テロメアを伸ばして寿命を延ばす(まとめ)

人間の遺伝子は本来、120歳まで生きられるようプログラミングされているそうです。

しかも最期の瞬間まで元気に健康に生き、ある日パタリと命の灯火が消えるといった、理想的な終わり方ができるとか。

しかし悲しいことに、30を過ぎると肌の衰えに悩み、40、50代では基礎代謝の低下で老化を感じ出し、60を過ぎるとあちこち病気を抱えたりしながら、徐々に衰弱していき…、というのが現実です。

美肌を作る生活は、そのままテロメアを伸ばす生活でもあります。
加えて野菜の生食を心掛ければ、健康で美しい120歳も案外夢ではないかもしれません。

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他