冬太りが怖いあなたに!たった4分で痩せる驚きの方法とは?

冬太りが怖いあなたに!たった4分で痩せる驚きの方法とは?

木枯らしが吹き始めると、あっという間にクリスマス、忘年会、お正月とイベント目白押しのシーズンです。
今からワクワク、楽しみですね、…え? 気が重い?

分かります、美味しいものをたくさん食べて、でも寒いからゴロゴロ、運動するのも億劫…。これでは一気に脂肪が溜まる構図そのもの。

ダイエットに関するアンケートでも、44%の女性が冬の間に2kg以上太った経験があるそうですから、冬は女性にとってまさに魔の季節です。

冬の寒さもありますが、運動が続かない理由に、忙しくて時間がとれないこともあります。
一番手軽なウォーキングですら、脂肪を燃焼させるには30分は歩く必要があるといいますね。

しかし、それがたったの4分で可能だとしたら?
実は今、そんな夢のような痩身トレーニングが巷で話題沸騰なのです。

たった4分で痩せるトレーニングとは

噂の痩身トレーニングとは、その名も「タバタ式トレーニング」。
日本の田端さんという栄養学研究家が考案したものですが、なぜか今、海外で超ブレイク中のトレーニングなのです。

タバタ式トレーニングは、実はダイエットだけでなく、筋力や持久力も高める効果があるそうです。

そのため国内外のアスリートの間では特に人気で、スピードスケートの清水宏保選手も実践していた方法なのだとか。

やり方は、運動を20秒、そして10秒休憩をとる、これを1セットとして8セット行うというインターバル式で、30秒×8セットの4分で終了してしまいます。

運動は、腹筋や腕立て伏せ、スクワットなど、自分でややきついと感じるものでOK、ただし20秒間は全力で行う必要があります。

それにしてもこの4分だけで、通常の運動1時間分のカロリー消費になるというのですから、驚きですね。

タバタ式トレーニングで痩せる理由とは

一体何故、たった4分の運動で痩せることができるのでしょう。

実は運動中の消費カロリーだけみると、ジョギングやエアロビクスなど一般の有酸素運動の方が高いのです。

しかし運動の24時間後、36時間後の消費カロリーを計測すると、タバタ式のほうが高いという結果が出ています。

タバタ式の運動の特徴は、「新陳代謝の高い状態が持続する」こと。
つまり、運動後も「脂肪燃焼時間が長く続く」ので、結果的にカロリーをたくさん消費してくれるというわけです。

このメカニズムは既に科学的に証明されており、実際の効果の高さに、ヨーロッパやロシアなど世界中で話題になっているトレーニング法です。

世界のタバタ式トレーニング

世界のタバタ式トレーニング

タバタ式のように、全力運動と完全休息を交互に行う運動はインターバルトレーニングと呼ばれ、スポーツ界では昔から行われている方法です。

しかしアスリートが行う場合、その運動は、50秒も連続すれば10分間は立てなくなるほどの超ハードなもので、一般人がこれと同じ運動をしたのでは、血圧が上がる上に怪我もしかねません。

ですから私たちは、「ちょっときつめ」程度の運動から始めるといいですね。

その効果と安全性は、世界中で女性を含む大勢の一般人が、タバタ式トレーニングを実践していることからも分かります。

欧米諸国でのタバタ式トレーニングの人気はすさまじく、英国では160ものトレーニングジムがタバタ式を採用しており、そのプログラムのDVDは1万3000枚も売れているそうです。

タバタ式トレーニングの注意点とコツ

実践に際しては、以下の点に気をつけたいものです。
・20秒、10秒の時間厳守
・運動と休息のメリハリをつける
・朝に行う
・頻度は週2、3回

運動は20秒間フルパワーで、途切れることなく行い、休憩は10秒間完全に体を休め、呼吸を整えるようにしましょう。

朝やるといいのは、朝から新陳代謝が上がることで、1日を通して脂肪燃焼が効率的に行われるからです。

そして、何といっても嬉しいのは週2、3回でいいこと。
タバタ式では20秒間は全力運動になります。
ですから、毎日やると体の負担が大きくなってしまうのです。

また、タバタ式トレーニングとは、正式には「ウォーミングアップ→運動と休息8セット→ストレッチ」という流れ全体を指していいます。

始める前に軽くウォーミングアップ、最後にストレッチで筋肉をほぐすことも忘れないようにしましょう。

これが正真正銘の短時間ダイエット(まとめ)

これが正真正銘の短時間ダイエット(まとめ)

1回たったの4分、週2、3回でOK。
こんな痩身トレーニングが、今まであったでしょうか。

寒風の中、ウォーキングやジョギングをすることもありません。
騙されたと思って、まずは気軽に始めてみてください。

最初は無理のない程度の運動で、3、4セットから、そしてハードさやセット数を徐々に増やしていけばいいのです。

1週間、2週間と続けるうちに、その効果にきっと驚きますよ。
これでご馳走満載のイベントも、心置きなく楽しむことができますね。

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他