美腸、美肌、美ボディが叶う!噂の豆乳ヨーグルトの効果とは

美腸、美肌、美ボディが叶う!噂の豆乳ヨーグルトの効果とは

美容と健康に毎日欠かさないという女性も多いヨーグルト。
そんな女性に人気のヨーグルトの中に、最近ちょっと異色のヨーグルトがあるのをご存知でしょうか?

それは「豆乳ヨーグルト」です。
牛乳の代わりに豆乳が原料になっており、健康効果に優れることからトクホマークのついた商品もあります。

豆乳ヨーグルトは、女性らしさをバックアップしてくれる成分と、乳酸菌が一緒に摂れるというのは、女性にピッタリのヨーグルト。

スルッと快腸はもちろん、肌がツルスベ、花粉症も撃退など嬉しい効果がいっぱい!
話題の豆乳ヨーグルトの効果と、自宅で簡単にできる作り方をご紹介します。

豆乳ヨーグルトの優れた働き

豆乳ヨーグルトは、大豆の栄養とヨーグルトの乳酸菌の恩恵が、同時に摂れる優れたアンチエイジング食品です。

豆乳には以下のような大豆の栄養が、消化吸収されやすい形で含まれています。

・肌細胞や筋肉を作るたんぱく質
・血液サラサラと脳活性化のレシチン、サポニン
・美肌を作るビタミンB群、ビタミンE
・善玉菌を増やすオリゴ糖
・女性ホルモン様作用のイソフラボン

その中でも特に女性に嬉しいのが大豆イソフラボン。
女性ホルモンの減少による症状を緩和し、若々しい肌とボディを保ち、骨粗しょう症を予防します。

また、豆乳から生まれるヨーグルトの乳酸菌パワーも強力です。
一般のヨーグルトと比べて、豆乳ヨーグルトは乳酸菌の量、活性度ともにダントツに高く、優れた整腸効果を発揮します。

なぜかというと、豆乳ヨーグルトの乳酸菌は植物性だからです。

植物性乳酸菌の力

・生き抜く力が強い
牛乳由来の乳酸菌の弱点は、腸に届くまでに死んでしまうものが多いということです。

仮に腸に生きて到達しても、もともと腸にある乳酸菌と相性が悪ければ、排除されてしまいます。

植物には、乾燥や暑さ寒さ、紫外線といった過酷な自然環境で生き抜く力が備わっています。

その植物が作りだした乳酸菌は、やはり酸やアルカリ、塩分、熱などの厳しい条件に強く、生きて腸まで届いて働くことができるのです。

・日本人の腸と相性がよい
欧米人が摂ってきた発酵食品というと、牛や羊のミルクから作った動物性乳酸菌のチーズやヨーグルトです。

それに対して日本人は古くから、漬け物や納豆、味噌といった植物由来の発酵食品に馴染んでいます。

ですから植物性乳酸菌は日本人の腸と相性がよく、その力が思う存分発揮されるというわけなのです。

植物性乳酸菌で免疫力アップ

乳酸菌は、便秘を解消するだけではありません。

・食べ物の消化吸収を高める
・ビタミンを作る
・ミネラルを吸収しやすくする
・病原菌を撃退する
・免疫細胞を活性化する

などなど、多くの健康・美容効果があります。

中でも重要なのは、免疫を高める働き、
腸内の乳酸菌が増えると血中の免疫細胞マクロファージが増え、ガン細胞を抑え込むことが実証されているのです。

「花粉症にはヨーグルト」といわれるように、花粉症やアトピーなどのアレルギーも、乳酸菌の摂取によって改善された例がたくさん報告されています。

しかし相性の悪い乳酸菌だったりすると、さっぱり効果が得られないことになります。
そこで、日本人と相性のよい植物性乳酸菌、というわけです。

これまでヨーグルトであまり効果がなかったという人こそ、豆乳ヨーグルトはオススメなのです。

豆乳ヨーグルトの作り方

豆乳ヨーグルトは、豆乳と玄米だけで誰でも簡単に作れます。
なぜ玄米かというと、玄米には乳酸菌以外にも酵母菌、納豆菌、麹菌など多くの種菌がついているからです。

▼材料
・豆乳(無調整):1000cc
・玄米(無農薬):100g

大き目の容器に、人肌(36℃前後)に温めた豆乳と、軽く洗った玄米を入れて軽くかき混ぜます。
暖かい時季はそのまま放置すれば、8~12時間ほどででき上がり。

冬は、暖房の側やホットカーペットの上などで保温しますが、温度管理が面倒という方はヨーグルトメーカーが便利です。

発酵が進むと酸味が強くなりますので、完成したら冷蔵庫で保存し、4~5日を目安に食べ切りましょう。

容器の底に粥状になった玄米が残るので、2回目以降はそこに豆乳を足していくか、またはヨーグルト大さじ3杯ほどを残し、それを種にして作ります。
2回目からは、半分の発酵時間で完成します。

豆乳ヨーグルトは最高のアンチエイジング食(まとめ)

豆乳ヨーグルトは最高のアンチエイジング食(まとめ)

豆乳ヨーグルトの強みは、強い乳酸菌と大豆イソフラボンが一緒に摂れることにあります。

大豆イソフラボンは肌やボディを美しくするだけでなく、土台となる骨も丈夫にしてくれます。

女性ホルモン様作用のあるイソフラボンには、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎ、骨の新生をサポートする働きがあるからです。
なんと、骨粗しょう症予防効果は、牛乳より豆乳のほうが高いのです!

肝心の味ですが、こっくりした豆乳のほのかな甘さと優しい酸味、寄せ豆腐のような食感で、けっこうハマる人も多いようです。

豆乳ヨーグルトは100%植物というのも大きな魅力。
自家製の新鮮豆乳ヨーグルトで、美腸、美肌、美ボディの50代を楽しみたいものですね。

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他