白髪に悩む50代女性必見!安全に美しく染まる、おすすめの白髪染め

白髪に悩む50代女性必見!安全に美しく染まる白髪染めベスト3

30~50代の女性を対象にした「美に関する意識調査」によると、老いを感じるポイントとして、52.8%の人が「白髪」を挙げています。

チラホラならまだしも、こめかみや顔周りに白髪が増えてくると、確かに気持ちも見た目もぐっと老けてしまいますよね。

そこで人気を集めているのが自宅でできる白髪染め。
しかし心配なのは、髪や頭皮へのダメージです。

抜け毛・薄毛を招いてしまっては、若返るはずの白髪染めが逆効果になってしまいます。

今日は白髪染めで失敗しないために、白髪染めの種類や成分を分りやすくご説明し、さらに白髪染め選びのポイントを詳しくご紹介します。

併せて、白髪でお悩みの50代の女性のために、安全で染め上がりの美しい白髪染めをご紹介します。

白髪染めの種類

白髪染めの種類

髪の毛は、毛根内のメラノサイトが作る黒色メラニン色素によって色が付いています。

しかしメラノサイトの機能は歳とともに低下し、白髪が増えていき、歳を感じるようになります。

そんな白髪も、今は自分で染めて簡単に若返りができる時代となり、多種多様な白髪染めが出回っています。

白髪染めは、液状や乳液、ジェル、クリーム、泡といった形態がありますが、染める仕組みによって、次の3種類に大別されます。

1.永久染毛剤(医薬部外品)

ヘアカラーやヘアダイといわれるもので、「脱色剤」で髪のメラニン色素を脱色し、同時にキューティクルを開いて「酸化染料」を髪内部に浸透させ、染色していきます。

メリット

・1回で染まり、色持ちが2ヶ月ほどと長い。
・白髪と黒髪の違いが目立たない、キレイな染め上がりになる。

デメリット

・脱色剤により頭皮と髪が傷みやすい。
・酸化染料がアレルギーの原因になることがある。

2.半永久染毛剤(化粧品)

脱色をせず、髪の表面と内部の浅い部分だけを染色します。
ヘアカラートリートメントやヘアマニキュアといわれるもので、最近の白髪染めの主流となっています。

メリット

・髪や頭皮へのダメージが少ない。
・トリートメントのように手軽にできる。

デメリット

・染色力が強くなく、色持ちは2~3週間ほど。
・徐々に染めていくので、最初は連続使用が必要。

3.一時染毛料(化粧品)

ヘアマスカラやカラースプレーといわれるもの。
髪の表面のみに一時的に色を付けるだけなので、シャンプーで簡単に落ちます。

つまり白髪染めには、一度で染める、徐々に染めていく、一時的に着色する、という3つの種類があるのです。

⇒オススメ育毛剤を確認する

白髪染めを選ぶなら

白髪染めを選ぶなら

白髪染めは臭いがきつい、手間がかかる、髪が傷むというのは、既に過去の話。

最近主流のトリートメントタイプ白髪染めは、手軽で頭皮や髪に優しく、美髪ケアもできるものに進化しています。

しかしあまりに種類や情報が多すぎて、選ぶのも迷いますね。
白髪染め選びで失敗しないためには、次の点が重要です。

白髪染めを選ぶポイント

1.染毛力と色持ち

良く染まるか、色持ちが良いかは、白髪染めで一番気になるところ。
永久染毛剤なら一度で染まり色持ちも良いのですが、髪や頭皮のためには徐々に染めていくタイプが安心です。

一般に3~5回くらいで色が入り、その後は定期染めを週1回というものが多いようです。

2.安全性

繰り返し使う白髪染めは、安全性が何より大事。
そこで最近の白髪染めは、安全な植物性染料を主体とし、化学染料は染毛力を高めるために加えるというものがほとんどです。

化学染料を刺激の強い順に並べると、以下の通りです。

ジアミン系染料(パラフェニレンジアミンなど)>4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール>塩基性染料・HC染料

最も強いジアミン系染料は一度で染まりますが、体質によってはアレルギー症状の原因になることがあります。

トリートメントタイプの白髪染めには、刺激の弱い塩基性染料とHC染料が使われ、時に4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールも配合し、染毛力と安全性を両立させています。

3.髪や頭皮のケア成分

髪や頭皮に多少なりとも負担になる白髪染めは、次のようなケア成分が大事になります。

・髪のトリートメント成分
ヒアルロン酸、フコイダンといった保湿成分や、ケラチンなどの毛髪修復成分、オリーブ油、ホホバ油などの毛髪保護成分。

・頭皮のケア成分
センブリやオタネニンジンなどの頭皮環境を整える成分。

4.使いやすさ

白髪染めは使い続けるものなので、使いやすさも重要なポイント。
手軽にできるか、手についた染料がすぐ落ちるか、臭いはどうかなども、しっかりチェックしましょう。

5.色選び

白髪染めにはブラック、ライトブラウン、ダークブラウンなどのカラーバリエーションがありますが、髪質や白髪の量などによって、染め上がりの色は違ってきます。

初めての人は明るめの色から始めると、染め上がりが明る過ぎたとしても、後で暗めに染め直すことができます。

⇒オススメ育毛剤を確認する

白髪染めの効果的な使い方

白髪染めの効果的な使い方

白髪染めはちょっとしたコツで、より染まりを良くし、色持ちを長くすることが可能。
白髪染めのコツを紹介します。

1.しっかり染めるには

染まり方は、髪質・室温・放置時間・塗布量に左右されます。
軟毛は染まりやすく硬毛ほど染まりにくいので、髪質によって時間や量をコントロールしましょう。

生え際など白髪が多い部分には、塗布量を多めにしたり、先に塗布して放置時間を長くします。

また入浴中にキャップを被るなどして温度を高めると、染まりやすくなります。

2.色持ちを長くするには

・白髪染め後は十二分にすすぐ

薬剤をしっかり洗い落とすことで、色落ちや髪へのダメージが抑えられます。

・シャンプーとトリートメント

シャンプーは洗浄力の穏やかなアミノ酸系にすると、色落ちを防ぐことができます。

またシャンプー後のトリートメントは、開いたキューティクルを整えて染料の流出を抑えてくれます。
最後にドライヤーでしっかり乾かし、キューティクルを閉じましょう。

・パーマは白髪染めの前に

白髪染めの後すぐにパーマをかけると、薬剤同士が化学反応して色が褪せてしまうことがあります。

順番はパーマを先にし、白髪染めはその後2週間以上たってからにしましょう。

50代女性におすすめの白髪染め

白髪染めを本気でお考えの50代の女性のために、髪と頭皮への優しさと、染め上がりの美しさを両立させた白髪染めを厳選し、ご紹介します。

lplp(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

lplp(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

lplp(ルプルプ)ヘアカラートリートメントは、スタッフ全員が「毛髪診断士」の資格を持ち、原材料にこだわり抜いて作られた白髪染めです。

lplpヘアカラーの特徴

▼3回で染まる
使用されている植物性染料は、ベニバナ・クチナシ・アイの3つ。
3日の連続使用でキレイに染まり、色持ちが良いと口コミで評判です。

▼高いトリートメント効果
ガゴメエキスやラベンダー油、オレンジ油、ヒアルロン酸などのトリートメント成分が94%を占めるので、髪の傷みをしっかりケアできます。

▼パワーアップしたフコイダン
「メーカー独自の特殊フコイダン」と「ガゴメ昆布フコイダン」の相乗効果で、保湿力が抜群です。
髪や頭皮、毛穴の奥まで潤し、さらに育毛効果も期待できます。

染めるたびにしっとりツヤ感が増すと人気が高く、染め上がりの美しさにこだわる方におすすめです。

POLA グローイングショットカラートリートメント

POLA グローイングショットカラートリートメント

放置時間5分で染まるPOLAの白髪染めです。

グローイングショットの特徴

▼放置時間5分でしっかりそまる
大きさの異なるカラー成分を配合していて、髪の毛の内側と外側、両面からしっかりと染色します。

5分間の放置時間でも、しっかり染まってくれるので忙しい50代女性におすすめです。

▼スキンケアメーカーならではの美容成分配合
POLAが行っているスキンケア研究のデータをもとに、美髪をサポートする美容成分と頭皮環境を整える美容成分が配合されています。

そのため、頭皮の乾燥や肌荒れが気になる方でも安心して使え、使用後のパサツキもありません。

白髪染めの染料

ご紹介した白髪染めは、いずれも美髪効果の点でも優れたものばかりですが、白髪染めは染料あってこそです。
それぞれの染料について、詳しくご説明します。

化学成分の染料

・4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール

ジアミン系の染料と似た分子構造をもち、ジアミン系ほどではないものの、やや刺激性があります。
その分染まりやすく、色落ちもしにくい染料です。

・塩基性染料

塩基性青99、塩基性茶16などと表記されるもの。
分子が大きいため、髪の内部には入らず、髪表面をイオン結合によって染色します。

塩基性染料は+イオンを持っており、-イオンを持つ髪のケラチンと結合し、髪を傷めることなく色を定着させることができるのです。

・HC染料

HC青2、HC黄2、HC黄4などと表記されるもので、HCとはHair Colorの頭文字をとったものです。

非常に分子が小さいため、無理にキューティクルをこじ開けることなく、そのままキューティクルの隙間に入り込んで付着します。
このため、髪にダメージを与えずに染めることができるのです。

HC染料の欠点は、分子が小さいため色落ちしやすいことです。
しかし髪表面でイオン結合した塩基性染料が、それを防いでくれます。

つまり、塩基性染料とHC染料は一緒に配合されることで、しっかり髪を染め、色持ちを良くすることができるわけです。

塩基性染料もHC染料も、2000年に入ってから使われ出した新しい染料で、共に刺激性の少ない安全な染料として、白髪染めには欠かせない存在となっています。

植物由来の染料

植物由来の染料

・ウコン

カレーや栄養ドリンクに使われるウコンの根から採れる、黄色染料。

・シコン

ムラサキという植物の根から採れる、紫色染料。

・ベニバナ

生薬としても使われるベニバナの花から採れる、赤色染料。

・クチナシ

アカネ科の植物クチナシの実から採れる、黄色または青色染料。
クチナシの実はサンシシという漢方薬としても有名です。

・アナトー

ベニノキという薬草の種子から採れる、オレンジ・赤色染料。

・アイ

タデ科の植物アイの葉や茎から採れる、藍色染料。

・ヘマテイン

マメ科植物のログウッド、ブラッドウッドから採れる、黒色染料。
髪の鉄分と結合し、水に溶けない黒い色素を作る働きがあります。

植物染料には、次のようなメリットがあります。
・髪や頭皮に優しい
・髪の表面をコーティングしてハリコシを与える
・一度しっかり染まると、比較的色落ちしにくい

しかし化学染料に比べると、どうしても染毛力は劣ります。

そこで染まり具合を良くするために、塩基性染料やHC染料など、刺激の少ない化学染料を加える必要があるのです。

白髪染めの頭皮・髪のケア成分

最近の白髪染めは、刺激が少ないだけでなく、次のようなトリートメント成分や育毛成分が配合され、染め上がりをさらに美しくしています。

トリートメント成分

・コラーゲン、ヒアルロン酸

スキンケア製品でも定番の保湿成分。
潤いは健康な髪の基本であり、キレイな染め上がりに欠かせません。

・アルギン酸Na

昆布やワカメのヌメリ成分となる水溶性食物繊維で、髪の表面を覆ってしっとりした髪を作ります。

・ポリ-γ-グルタミン酸Na

納豆由来の天然成分で、ヒアルロン酸を凌ぐ優れた保湿作用があり、スキンケアやヘアケア製品に活用されています。

・ガゴメ昆布エキス

優れた保湿作用を持つフコイダンやアルギン酸Na、ミネラルなど、髪と頭皮に良い成分をたっぷり含んでいます。

特にガゴメ昆布に含まれるフコイダンは、毛母細胞を増殖させるFGF-7という成長因子を活性化することが解明されており、「抜け毛や白髪の抑制効果」も期待できそうです。

・ケラチン

髪の主成分となるたんぱく質で、髪の傷みを補修してハリ・コシを与えます。

・コンキオリン

真珠やアコヤ貝から抽出されるたんぱく質で、優れた保湿作用と共に、髪に真珠のような光沢を与えます。

・植物性オイル

オリーブ油やホホバ油、椿油などの植物性オイルやスクワラン、そしてオレンジ油、ラベンダー油、ローズマリー油などの精油は、髪をコーティングして保護し、ツヤを与えます。

育毛成分

代表的なものに、センブリ、オタネニンジン、カミツレ、アルニカ、ユズなどがあります。

これら植物エキスは保湿や抗菌、血行促進の作用に優れ、頭皮環境を改善して黒くて強い髪を育むサポートをします。

まとめ

思い切って白髪染めをしたら、その若返りぶりに我ながら驚いたという人は少なくありません。

白髪が消えて、さらにしっとりツヤ髪になる。
思い切って白髪染めをしたら、その若返りぶりに我ながら驚いたという人は少なくありません。

ぜひ自分にピッタリの白髪染めを選び、鏡を見るのが楽しくなる毎日を取り戻しましょう。

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他