洗っても洗っても臭う頭に!究極のシャンプーはこれ!

洗っても洗っても臭う頭に!究極のシャンプーはこれ!

昨夜ちゃんとシャンプーしたのに、朝にはもう脂っぽくなって、午後には臭いまで…。
頭の臭いが気になって、仕事が手につかない…。

そんな悩みを抱える女性が増えています。
10~60代の男女に対する「体臭」についてのアンケートでも、半数近くの40.7%の女性が、「頭の臭い」が気になると答えているのです。

清潔にしていても臭う、それは一体なぜなのでしょうか。
そこには、意外な3つの盲点がありました。

その盲点とは?
そして、頭の臭い対策に最強のシャンプーとは?

頭が臭う原因:頭皮

頭の臭いというと、誰もが考えるのが「皮脂」と「汗」。
汗で蒸れた頭皮では、皮脂やフケをエサとして雑菌が繁殖し、臭いを発生させます。

また40歳を過ぎると、「9-ヘキサデセン酸」という脂肪酸を含んだ皮脂が出るようになり、これがノネナールという臭い物質となって、いわゆる加齢臭を作り出します。

しかし、シャンプーで皮脂も汗もきれいに落としたはずなのに、すぐ臭い出すのは一体なぜでしょう。
大きな原因は次の2つ。

・洗い過ぎ
皮脂は、頭皮を乾燥から守る大事なバリア。
それを洗浄力の強いシャンプーで根こそぎ取ってしまうと、体は皮脂を増産して頭皮を守ろうとします。

洗えば洗うほど皮脂が増えるのですから、すぐベタついて臭うようになるのも当然なのです。

・生乾きで放置
シャンプー後の乾燥は、簡単に済ませてしまいがち。
生乾き、つまり湿り気が残った状態で放置すると、そこは体温と湿度で雑菌の繁殖の温床になってしまいます。

頭が臭う原因:髪

頭の臭いというと、頭皮にばかり目が行きがちですが、実は「髪」そのものが原因という場合もあります。

たとえば、
朝は臭わないのに、午後になると臭ってくる
髪が傷んでいる
ロングヘアー

といった方は、頭皮より髪が臭っている可能性があります。

・空中の汚染物質
空気中には、タバコや食べ物、人、車などが発散する、多くの臭い物質が浮遊しています。

日中活動している間にこれらが髪の毛に吸着され、混合してイヤな臭いを発散させます。

特にパーマやカラーリングで髪が傷んでいると、剥がれたキューティクルから臭い物質が入り込みやすくなります。
また髪が長いと、吸着面積が大きい分、臭いやすくなるのです。

・枕の汚れ
寝ている間にかく汗と皮脂によって、枕は雑菌の恰好の繁殖場所。
一見汚れがないからといって枕カバーの交換を怠っていると、枕の臭いが髪に移ってしまいます。

臭いを防ぐには

臭いを防ぐには

1. 頭皮からの臭い対策には

・正しいシャンプー
洗浄力のマイルドなシャンプーで、頭皮の皮脂を取り過ぎない。
ドライヤーでしっかり乾かし、雑菌の繁殖をシャットアウト。

・食生活の見直し
昔の日本人は、石鹸やシャンプー剤などなくても肌や髪は清潔に保たれ、体臭に悩む人もほとんどなかったといいます。
そこには「食生活」が大いに関係しています。

穀類、野菜、魚中心の「昔の食生活」
肉類、揚げ物、お菓子など、油と砂糖に溢れた「現代の食生活」

欧米型の食事を続けていては、皮脂や臭い物質が増えるのは当然なのですね。

2. 髪につく臭い対策には

・デオドラントスプレー
避けることが難しい空気中の臭い物質は、臭いをカットしてくれるヘアーフレグランスで対応しましょう。

光触媒のシャンプー

皮脂を取り過ぎず、しかし毛穴詰まりや汚れはしっかり落としたい。
この相反する条件を両立させ、頭の臭いを解消してくれるのが、無添加「光触媒」シャンプー。

光触媒とは、光が当ると活性化し、表面の付着物を酸化分解する物質のことで、代表的なのが「酸化チタン」です。

脱臭、抗菌、有害物質の除去、防汚といった機能があり、建物の外壁や空気清浄機、繊維や紙、化粧品など広い分野に活用されています。

特にこのシャンプーに使われている酸化チタンは、微弱な可視光線でも敏感に反応し、通常より吸着、分解作用が高いという優れものです。

まず、酸化チタンが毛穴に浸透し、汚れを吸着。
その汚れを、浸透性の高い特殊水が吸い上げ、泡と共に排出。
この仕組みで、

・毛穴の頑固な皮脂汚れは、ほぼ100%除去
・必要な皮脂は残す
・頭皮ダメージはゼロ

臭いが解消されるばかりか、さらに20種の植物エキスが、元気な頭皮と髪を蘇らせてくれるのです。

頭の臭いは根元から断つ!(まとめ)

頭の臭いは根元から断つ!(まとめ)

洗っても洗っても髪が臭う。
そういうあなたは、次のことが盲点になっていないでしょうか。

1. 洗い過ぎ
2. シャンプー後の乾燥不足
3. 欧米型食事

特に3の食事は、臭い改善策の根本です。
内側からの臭い要因を除かない限り、シャンプーやデオドラントなど外側のケアをいくらやっても意味がありません。

臭いの悩みを解決する秘策は、どうやら日本が世界に誇る「和食」にありそうです。

食事の改善、そして光触媒のシャンプーで、嫌な頭の臭いをスッキリ追い出してしまいましょう。

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他