カサカサ肌にこの一滴!美容オイルで即効セレブ肌になる

カサカサ肌にこの一滴!美容オイルで即効セレブ肌になる

肌の大敵は、紫外線の強い夏と寒く乾燥している冬。
特に代謝が落ちる年齢になると、夏と冬はスキンケアの正念場ですね。

最高級の保湿美容クリームに、週二回はリッチな美容パック、外出時にはマスク、部屋には加湿器と、万全の保湿ケアに徹する人も多いことでしょう。

しかしそのスキンケアには、実は大きな見落としがあることにお気づきでしょうか。

小さなちりめんジワも、間違ったスキンケアを続けていれば、くっきりした大ジワになるのもあっという間。

意外に気づかない、その見落としとは?
そして、年齢肌をセレブ肌に導いてくれる美容オイルとは、どんなものなのでしょうか。

年齢肌は油分不足のほうが深刻

美肌の決め手は潤いとばかりに、スキンケアでは誰もが保湿・保水に余念がありません。

しかし肌の潤いが保たれるのは、肌表面を覆う皮脂膜があってこそ。
つまり、ハリと弾力、ツヤのある肌には、水分だけでなく油分が不可欠なのです。

肌の水分、油分はどちらも、歳とともに減っていきます。
水分の減り方は緩やかで、60歳でもピーク時の20歳頃の4分の3程度の水分量を保っています。

それに対して皮脂の量は、30歳を境に急カーブで減り始め、60歳では20代の4分の1にまで激減してしまいます。
つまり年齢肌対策で、真っ先に考えるべきは「油分の補給」なのです。

ところが、油は肌によくないとか、ベタつくというイメージがあり、邪魔者扱いされているのが現実です。

皮脂膜の役割と成分

皮脂は、以下のような働きで常に肌を守っています。
・皮脂膜となって、肌内部の水分蒸発を防ぐ。
・紫外線やほこり、有害物質から肌を守る。
・肌を弱酸性に保つ。

また皮脂が均一に肌表面を覆うことで、柔らかさと滑らかさ、ツヤを肌に与えます。

しかしこういった働きも、自らの体が作り出す皮脂だからできるのであって、クリームや乳液の加工された油分に、100%その替りができるわけではないのです。

とはいえ、皮脂を自力で作れなくなったら、外から補給するしかないですね。
そこでオススメしたいのが、天然植物オイルでできた美容オイルです。

皮脂はオレイン酸、リノール酸、パルミチン酸、ステアリン酸といった脂肪酸で構成されています。

植物オイルには、これら脂肪酸が皮脂とよく似た構成比で含まれており、皮脂と同様の働きが期待されるのです。

美容オイルのメリットと種類

美容オイルのメリットと種類

植物オイルは、脂肪酸組成が皮脂と似ている上に分子が小さいため、浸透性が抜群です。

そして植物のもつビタミンやミネラル、抗酸化物質など肌によい天然成分が豊富で、さらに界面活性剤など肌に悪い添加物が入っていません。

つまり植物オイルは単なる皮脂代わりでなく、内側から美肌を育てる力が、クリームや乳液よりさらに期待できるのです。

美容オイルは、人気の高いものだけでも以下のように実に様々。
・オリーブオイル
・アボカドオイル
・ホホバオイル
・ココナッツオイル
・マカダミアナッツオイル
・アルガンオイル
・ローズヒップオイル
・グレープシードオイル
・ツバキ油

また動物由来では
・スクワラン
・馬油
・エミューオイル
などがあります。

各脂肪酸の割合や肌との馴染みかた、さっぱり系やこってり系など、好みは人によって違うので、サンプルなどで少量から、いくつか試してみるといいですね。

美容オイルの使い方

1. 基本的な使い方
洗顔後に化粧水をつけた後、オイルを1、2滴手のひらで温めてハンドプレスします。
クリームと同様の、化粧水の潤いを閉じ込める働きをしてくれます。

2. 洗顔後、化粧水の前に使う
美容オイルの成分を真っ先に浸透させることで、次につける化粧水や美容液の浸透がよくなり、より美容効果が高まります。

この使い方に適しているのは、美容オイルの中でも特に浸透性が高い、スクワランやマカダミアナッツオイル、馬油など。

リッチなケアをしたい時は、たっぷりのオイルでフェイスマッサージのあと蒸しタオルパック、というのもいいですね。

ほかにクレンジングオイルとして、入浴後のボディオイルやヘアーオイルとして、精油と一緒にバスオイルにと、全身の潤いに万能の使い方ができます。

美容オイルで乾燥知らずの肌に(まとめ)

美容オイルで乾燥知らずの肌に(まとめ)

比較的酸化しにくいのが美容オイルの特徴ですが、使用に関しては以下の点に気をつけましょう。

・使用期限を守り、早めに使い切る。
・保存時は直射日光や高温を避ける。
・酸化しやすいオイルは、使用は夜のみにする。

酸化しやすいのは、必須脂肪酸が多いローズヒップや馬油、また精製度の低いグレープシードオイルなどで、これらは美容効果は非常に高いのですが、冷蔵庫保存という配慮が必要です。

美を追求する人が最後に辿り着くのが「オイル美容」だそうです。
美容オイルにはまる芸能人や美容のプロは多く、あのミランダ・カーがココナッツオイル愛用者というのも有名な話です。

この冬、さっそくオイル美容を始めて、カサカサ肌をセレブ肌に変身させてみませんか?

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他