夏の老け要因ナンバーワン!?実は紫外線より怖い夏風邪の正体

夏の老け要因ナンバーワン!?実は紫外線より怖い夏風邪の正体

何となく熱っぽくて、だるい。
お腹の調子が悪くて、食欲がない。

暑い時季のこんな症状、単なる「夏バテ」と片付けていませんか?
実はこれ、「夏風邪」の初期症状かもしれません。

夏風邪が厄介なのは、こじらせやすく長引いてしまうこと。
代謝が落ちる中高年ともなるとなおさらで、ようやく治った頃にはやつれてゲッソリ。

ご存知でしょうか、夏風邪は、冬の風邪と同じ治療をしてもなかなか治らないのです。

夏風邪は、なぜ治りにくいのか。
その理由と、夏風邪の正しい対処法をご紹介します。

冬の風邪との違い

冬にひく風邪は、主に次のウィルスが原因です。

・インフルエンザウィルス
・ライノウィルス
・コロナウィルス

これらのウィルスは、低温で乾燥した環境を好むので、冬に増殖するのです。

それに対して夏風邪は、夏の高温で湿度の高い環境が大好きな、主に次のウィルスが引き起こします。

・エンテロウィルス
・アデノウィルス
・コクサッキーウィルス

エンテロは「腸」、アデノは「扁桃腺」「リンパ節」の意味です。
ですから、夏風邪では以下の症状が顕著に出ます。

・腹痛や下痢を起こす
・喉が腫れて痛む

ほかに頭痛、発熱、咳といった一般の風邪と共通した症状もありますが、特に「お腹や喉にくる」のが夏風邪の大きな特徴です。

しかし下痢があっても、クーラーや冷たい食べ物で冷えたからだと、見逃してしまうことが多いのです。

夏風邪が長引くのは

夏風邪が長引くのは

1. 暑さによる体力低下
暑さで食欲が落ちたり、睡眠不足になったり、また汗をかくだけでも体力は消耗します。

免疫力が落ちた体はウィルスが侵入しやすく、ウィルスと闘う力も弱いので、回復に時間がかかるのです。

2. 夏風邪のウィルスは手強い
体内に入ったウィルスは、やがて便と共に排泄されます。
しかし夏風邪のウィルスは腸で増殖することが多く、しかもしぶといので、腸から全て排出しきるまで1ヶ月もかかってしまうのです。

3. 特効薬がない
冬にひく風邪には、抗ウィルス剤やワクチンなどの治療薬があります。
しかし、夏風邪のウィルスにはこれといった特効薬がなく、病院に行ったからといって治るものではありません。

ですから夏風邪の治療法は、ただ一つ。

「自分の免疫力でウィルスを追い出す」

しかし暑いさなかは体力もなかなかつかず、回復を遅らせてしまうのです。

夏風邪の対処法:お腹

夏風邪の対処法:お腹

夏風邪に罹らないためには、手洗いとうがいはもちろんですが、暑さ対策をしっかりして、「免疫力を落とさない」ことが何より大事です。

しかしいったん罹ってしまったら、

「安静」にして
「睡眠」と
「栄養」をとり、

ひたすら体力回復に努めることです。

特に夏風邪の特徴である下痢は、体力を消耗させるので早めに対応したいところです。

・水分補給
下痢には、脱水症状を防ぐことがまず第一。
常温の水や経口保水液、また固形物が食べられない場合は、具なしの味噌汁などで水分と塩分の補給を。

・消化のよいもの
少し回復してきたら、消化のよいおかゆやうどん、良質なたんぱく質が摂れる豆腐や白身魚、卵、そしてビタミンが摂れる野菜、果物を柔らかくして。

・下痢止めは慎重に
下痢は、ウィルスを便と共に排泄しようという身体の仕組みです。
トイレの後へたり込むほど激しい下痢は別ですが、安易に下痢止めに頼るとかえって回復が長引くことに。

夏風邪の対処法:喉

夏風邪の対処法:喉

夏風邪では、咳、喉の腫れと痛みに苦しむこともしばしば。
そんな時に、オススメの食べ物をご紹介します。

・ショウガと大根のハチミツ漬け
大根50g(直径8cm、厚さ1.5cmの輪切り1枚)を、さいの目切り
ショウガ1かけ20gを、スライスまたはすりおろし
ハチミツ大さじ3杯

これを保存容器に入れ、蓋をして2~3時間置けば出来上がり。
できたシロップ大さじ1を、コップ1杯のお湯で薄め、喉を潤すようにゆっくり飲みます。

「ショウガ」や「大根」は、昔から咳や喉の痛み、吐き気や食欲不振に著効ありとされている食材。
「ハチミツ」も優れた抗菌、抗炎症作用のある、天然の咳止めです。

・刺激物は避ける
香辛料や酸味の強いもの、熱いものなどは、喉や胃の粘膜を刺激して炎症をひどくします。

逆に冷たいものは喉の炎症や痛みを和らげるので、柔らかいアイスクリームや冷えたヨーグルト、プリンなどは食べ過ぎなければオススメ。

夏風邪は自らの免疫力で撃退(まとめ)

「夏風邪は馬鹿がひく」という言葉がありますね。

これを「暑い夏に風邪をひくのは馬鹿だけだ」と解釈している人は多いのでは?

実は、「馬鹿は、冬にひいた風邪に夏になってようやく気づく」というのが本当の意味だとか…、ご存知でしたか?

それにしても夏風邪は、甘く見たら酷い目にあいます。
熱に喉の痛み、そして下痢、そんな状態で1週間も寝込んだら…。

鏡を見るのが恐ろしくなりますね。
ひと夏で5歳も老けた…、そんなことにはなりたくないものです。

何かというと薬に頼る現代人。
夏風邪に薬が効かないとは、意外に思った方も多いのではないでしょうか。

夏風邪には、日頃からの「休養と栄養」が何よりの特効薬。
老けないためにも、免疫力を落とさない生活を改めて心掛けましょう!

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他