シャワーだけでは老ける!?夏こそ熱いお風呂で老化ストップ!

シャワーだけでは老ける!?夏こそ熱いお風呂で老化ストップ!

連日の猛暑日。
お風呂もついシャワーで汗を流すだけ、という人は多いのではないでしょうか。

しかし、夏こそしっかり湯船に浸かることが必要です。
なぜなら、夏は紫外線や暑さというストレスで、細胞のダメージが大きくなるからです。

傷ついた細胞を放置すると、体は一気に老化します。
そのスピードを止めてくれるのが、熱いお風呂。
しかし、なぜ「熱い」お風呂なのか?

今日からできる、最強のアンチエイジング法をご紹介します。

アンチエイジングの救世主「HSP」

熱いお湯に浸かると、体内に生まれるのが「ヒートショックプロテイン(HSP)」というたんぱく質。
実はこれこそが、アンチエイジングの救世主です。

熱というショック(ストレス)を受けると、細胞のたんぱく質が傷つきます。
それを修復するために作られるのが、HSP(Heat Shock Protein)なのです。

HSPは損傷したたんぱく質を修復し、さらに次のような効果で細胞を元気にし、若々しい身体を取り戻してくれるのです。
代表的な効果は下記の5つ。

・体温を上げて免疫力を高める
その結果、病気に罹りにくく、治りやすくなる

・老廃物を排泄し、コラーゲンの再生力を高める
その結果、肌が美しくなる

・代謝アップとデトックス効果で、脂肪燃焼を促進する
その結果、痩せやすくなる

・体温アップで、疲労・痛み緩和ホルモンの分泌を高める
その結果、疲れにくくなる

・ストレスによる損傷を軽減する
その結果、ストレスに強くなる

HSP入浴

HSP入浴

では、どうすればHSPを増やすことができるのでしょうか。

最も手軽な方法は、少し熱めのお風呂に入って体温を38℃くらいに上げることです。
体温が38℃になると、HSPの量は1.5倍に増えるのです。

38℃にするための目安は、

・42℃のお湯に10分入る
・41℃なら15分
・40℃なら20分

42℃というと結構熱いので、最初は40℃から始めるといいでしょう。
時間もトータル20分になればいいので、5分入ったらお湯から上がり、また5分入る、のように、休憩をとりながらやってみるといいですね。

体内のHSP量は、HSP入浴をした2日後にピークになり、その後3日ほどは維持されるそうです。
なので効果を持続させるには、週2回ペースが最適。

ストレスや疲労が予想される場合は、その2日前に予防的にHSP入浴をするのもオススメです。

HSP入浴の注意点

HSPの働きは、多くの分野で活用されています。

ガンの温熱療法にもHSPの効用を利用したものがありますし、スポーツ界では、パフォーマンスを高めるためにHSP入浴を取り入れている一流アスリートの方々もいます。

ただし体温が38℃まで上がり、大量の汗をかくため、次の3点は絶対に守りましょう。

1.水分補給
入浴前と後に、それぞれコップ1杯の水(常温)を飲むことを忘れずに。

2.入浴後に急に体を冷やさない
暑いからといって冷房や扇風機にあたると、体温が急激に下がって効果が半減してしまいます。

水分をよく拭き取ったらすぐパジャマで保温し、その後は自然に体温が下がるようにしましょう。

3.疲れがひどい時、体調不良の時は避ける
心臓や血圧に不安がある方も、医師に相談の上で行いましょう。

糖化たんぱく質も撃退

実は、HSPにはさらに凄い働きがあります。
それは、なんと「糖化」の修復もしてくれること。

糖化とは、体内のたんぱく質が糖と結合して硬くなり、本来の働きが失われることで、酸化と並んで老化の二大要因といわれています。

肌で糖化が起こると、コラーゲンやエラスチンが茶色く硬くなり、たるみやシワ、黄ぐすみが起こります。

さらに硬くなったコラーゲンは分解されずに居座り、新しいコラーゲンの合成を妨げるという、実に厄介な存在なのです。
HSPは糖化たんぱく質を排泄し、コラーゲンの新生力を高めてくれます。

そして、この糖化対策を手軽に行えるのが、「蒸しタオル法」。
血行を促進し、潤い美肌を作る効果で多くの女性が実践している、あの方法です。

1.濡れタオルを、電子レンジでヤケドしない程度に温める
2.タオルで顔を包み、さらにラップで覆う

密閉効果もあって肌温が38℃近くまで上がるので、肌内のHSP量が増えるのです!

熱ショックで老化に逆行(まとめ)

熱ショックで老化に逆行(まとめ)

サウナ、砂風呂、酵素風呂、岩盤風呂…、昔からある熱による健康法。
これらの効果は、どうやら血行促進やデトックスによるものだけではなかったのですね。

60兆個もある細胞の一つひとつを強く、元気にする。
HSP入浴は、まさに根本からの若返り法なのです。

でも暑い中、さらに熱いHSP入浴はしたくないですか?
それなら、ぜひ「蒸しタオル法」を実践しましょう。

毎日の継続でHSPの貯蓄を増やせば、老化を逆行させて「若化」も夢ではない?かもしれませんよ。

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他