つらい更年期障害の症状改善!効果的な5つの成分とサプリメント活用法

つらい更年期障害の症状改善!効果的な5つ成分とサプリ活用術

顔がほてってどっと汗が出る、動悸、イライラ、不眠、倦怠感…。

更年期とは閉経を挟んだ45~55歳くらいの期間をさし、この時期は様々な心身の変調が起こります。
酷くなると日常生活もままならないほど辛い症状も…。

そんな更年期障害の症状改善に有効なサプリメントが、最近は色々と発売されています。

しかし配合の主成分もそれぞれ違い、果たしてどの成分が自分に合っているのか、どのサプリを選んでよいのか迷ってしまいますね。

そこで今日は、自分にピッタリの更年期対策サプリの選び方と、更年期障害に悩む50代女性におすすめのサプリメントを、主成分別に5点ご紹介します。

更年期障害が起こる原因

更年期障害の症状は、種類も程度も人様々。
自分に合ったサプリメントを選ぶには、まず更年期障害がどのようにして起こるのか、その原因をよく理解することが大事。

更年期障害の原因は「女性ホルモンのバランスの乱れ」といわれますが、ホルモンバランスの乱れとは、具体的にはどういうことなのでしょうか。

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)と、プロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、生理周期に合わせてそれぞれが分泌されています。

女性ホルモンは、脳から「ホルモンを作りなさい」という指令が出され、これが自律神経を介して卵巣に届いて、初めて分泌されます。

しかし加齢により卵巣の機能が低下すると、脳がいくら指令を出しても卵巣がそれに応答できず、女性ホルモンは減少する一方に。

加齢により卵巣の機能が低下すると、脳がいくら指令を出しても卵巣がそれに応答できず、女性ホルモンは減少する一方引用元:キレイスタイル

すると脳はますます指令を出し続け、それを伝える自律神経は交感神経の緊張が続き、副交感神経があまり働かなくなります。

こうして常に交感神経優位の状態が定着し、次のような体調不調を引き起こしてしまうのです。

神経が興奮する…イライラ、切れやすい、不安、不眠
筋肉が緊張する…肩コリ、腰痛
血管が収縮する…冷え、のぼせ、むくみ
汗腺が活発化する…多汗
心拍数が上がる…動悸、高血圧
胃腸の働きが低下する…食欲不振、下痢、便秘

また、反動で逆に副交感神経の働きが強くなり過ぎることもあります。

この場合は、全身倦怠感、眠気、低血圧、頭痛、ふらつき、集中力の低下を引き起こしたり、血管が拡張し過ぎてかえって血行が停滞し、冷えをもたらすこともあります。

このように、脳の指令と卵巣の応答のバランスが崩れ、そのために自律神経の調子が狂ってしまい、様々な弊害を生み出すのが更年期障害なのです。

⇒オススメサプリを確認する

更年期障害の症状改善サプリを選ぶポイント

更年期障害の症状改善サプリを選ぶポイント

更年期障害とは、いわば「女性ホルモンの激減」が引き起こす「自律神経失調症」です。

ですから更年期障害の症状を改善するサプリの成分は、次の2つの効果を発揮するものが主体となっています。

1. 女性ホルモンの補充
2. 自律神経の安定

更年期対策サプリ選びに迷ったら、主成分が1と2のどちらの効果をもっているのかをポイントにすると、選びやすくなります。

それぞれの効能を持つ成分には、以下のようなものがあります。

女性ホルモンの補充に役立つ成分

「女性ホルモンの補充」は、女性ホルモンの代わりになる成分を摂ることでホルモンの減少スピードを緩やかにし、症状を緩和・改善するという方法です。

女性ホルモンの減少はあっても、自律神経失調の症状がイライラや動悸、疲れなど、あまり重くない場合に効果的です。

女性ホルモンの代わりになる食品成分には、次のようなものがあります。

大豆イソフラボン

イソフラボンとは、女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きをする「植物性エストロゲン」の一つです。

大豆やプエラリア・ミリフィカ、レッドクローバーなど、マメ科の植物に含まれ、大豆に含まれるものを特に「大豆イソフラボン」と呼んでいます。

エクオール

エクオールとは、腸内でイソフラボンから生み出される物質です。
イソフラボンが女性ホルモンのような働きをするのは、実はこのエクオールの作用によるものです。

プラセンタ

プラセンタには、女性ホルモンのような働きをする成分は特にありません。

しかし、細胞分裂を促進する成長因子が卵巣に働きかけてこれを活性化し、女性ホルモンの減少を緩やかにするといわれています。

自律神経の安定に役立つ成分

自律神経の乱れが酷くなると、精神症状が深刻化します。

頭に血が上って汗が吹き出す、イライラやヒステリー、その反対に気分が落ち込みうつ症状になったりと、自分の意志ではコントロールできないほど感情の起伏が激しくなります。

更年期障害が長期間に亘り、このような精神症状が強い場合は、次の自律神経の調子を整える食品成分が効果的です。

高麗人参、田七人参

特有成分のジンセノサイドが血流を良くし、さらに交感神経と副交感神経を調整して、自律神経を安定させます。

ローヤルゼリー

特有成分のデセン酸やアセチルコリンには、自律神経のバランスを整える働きがあります。

マカ

特有成分ベンジルグルコシレートには、優れたホルモンバランス調整作用があります。

またイライラを鎮めるビタミンB群やカルシウム、うつ症状を緩和するトリプトファンなど、全成分が総合的に働いて、ホルモン分泌や自律神経の乱れを整えるといわれています。

おすすめの更年期対策サプリ、ベスト5

以上の有効成分を主体とした更年期対策サプリのうち、特におすすめのものを5つ、口コミ評価の高い順にランキングにしてご紹介します。

第1位:キッコーマン 「からだ想い 基本のサプリ」

キッコーマン からだ想い 基本のサプリ

主成分:大豆イソフラボン

大豆を知り尽くした食品メーカーが作った、大豆イソフラボンサプリ。
女性に嬉しい、次の4つの基本成分が摂れます。

・大豆イソフラボン…更年期障害に
・ブドウ種子ポリフェノール…老化防止に
・ビタミンD3…骨粗しょう症予防に
・葉酸…更年期の肥満防止に

吸収のよいアグリコン型イソフラボンが、1日分2粒に25mg配合。
因みに、イソフラボンの摂取上限量は30mgとされています。

4大成分の総合力で、更年期世代の女性の心身の変調に働きかけ、スッキリ前向きの心と体を取り戻してくれます。

第2位:アドバンストメディカルケア「エクオール+ラクトビオン酸」

エクオール+ラクトビオン酸

主成分:エクオール

エクオール専門医の監修のもとに開発された、更年期障害の症状改善サプリ。

1日分3カプセルに、エクオール10mgとラクトビオン酸150mgを配合しています。

「ラクトビオン酸」はカスピ海ヨーグルトなどに含まれるオリゴ糖の1種で、腸内でのエクオール産生を促進する働きがあり、エクオール効果をパワーアップしてくれます。

大豆イソフラボンより実感が早いとして、最近、人気急上昇の更年期対策サプリです。

第3位:さくらの森「白井田七」

さくらの森 白井田七

主成分:田七人参

無農薬・有機田七人参98%でできた、安心・高品質の和漢サプリ。

田七人参は高麗人参の7倍ものジンセノサイドのほか、田七ケトンという特有成分やリラックス効果の高いギャバを含んでおり、血流を改善し、自律神経を整える働きに優れています。

更年期障害の有効成分が揃っており、血行障害を中心に、多様な症状がある方にオススメのサプリです。

第4位:山田養蜂場「酵素分解ローヤルゼリーキング」

酵素分解ローヤルゼリーキング

主成分:ローヤルゼリー

ご存知の有名養蜂場の高品質ローヤルゼリーが、酵素分解によって吸収率がぐんとアップし、実感力を高めています。

1日分3粒に、ローヤルゼリーが2400mgと高配合。
さらに更年期世代が必要とする大豆イソフラボンや亜鉛、コーラルカルシウムも配合されています。

日本でも、更年期世代の女性に愛されて続けてきたローヤルゼリー。
自律神経の乱れによる精神症状が辛いという方は、一度お試しされてはいかがでしょうか。

第5位:ていねい通販「高麗美人」

ていねい通販 高麗美人

主成分:高麗人参

韓国・プンギ産の6年根の高麗人参を使用。
プンギ産の6年根は、更年期障害の有効成分ジンセノサイドを最も多く含むといわれています。

更年期障害に悩む人に特徴的なのが、血行不良です。
「高麗美人」は、血流改善作用と自律神経安定作用で、辛い更年期の症状に働きかけます。

肩コリや冷え、しびれなど、血行障害による症状が強い方を内側から元気にする、オススメの1品です。

5つの成分の更年期障害に対する働き

サプリメントは継続が大事。
成分の効果を十分理解し、納得して継続できるように、ご紹介した5つの主成分の働きについてさらに詳しくご紹介します。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボン
自然の状態の大豆イソフラボンは「グリコシド型」といって、糖と結合した分子構造をしており、そのままでは腸から吸収されません。

グリコシド型イソフラボンは、腸内細菌によって糖がはずされ、「アグリコン型」となって初めて吸収されます。

ですから、イソフラボンは最初からアグリコン型で摂ったほうが、吸収率が格段に高くなるのです。

エクオール

エクオール

大豆イソフラボンが体内に吸収されて女性ホルモン様の働きをするには、腸内でアグリコン型となった後に、もう一つのステップが必要です。

それは、アグリコン型イソフラボンに含まれるダイゼインという物質に、腸内細菌が働いて、「エクオール」という物質を作ることです。

このエクオールが腸から吸収され、ようやく女性ホルモンと同じ働きをすることになります。

しかし、全ての人がエクオールを作る腸内細菌を持っているわけではなく、日本人では50%の確率だといわれています。

ですから日本人の2人に1人はエクオールが作れず、せっかくイソフラボンを摂っても、女性ホルモン様の効果が得られないということになります。

エクオールは、イソフラボンでは効果がなかったという方にとって、まさに救世主のスーパーイソフラボンなのです。

ローヤルゼリー

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーは滋養強壮食としてお馴染みですが、更年期障害にも効果を発揮します。
その大きな理由は、特有成分「デセン酸」。

デセン酸はまだ未解明の部分も多い成分ですが、自律神経の中枢である脳の視床下部に直接作用し、自律神経を整える働きがあるといわれています。

また、もう一つの有効成分が「アセチルコリン」という神経伝達物質で、副交感神経を優位にする働きがあります。

ほかにも、神経をリラックスさせるトリプトファン、精神を安定させるビタミンB群やカルシウムなど、更年期の精神症状に効果的な成分が一度に摂れるというのが、ローヤルゼリーの大きなメリットです。

高麗人参

高麗人参

高麗人参は、「不老長寿の薬」として古来より活用されてきた薬効植物の王様です。

その薬効の主体となるのが「ジンセノサイド」というサポニンで、更年期障害にも優れた効果を発揮します。

ジンセノサイドの特徴は、交感神経の働きが高まり過ぎた時にはこれを鎮静し、逆に副交感神経が強くなり過ぎた時にはこれを抑制するという、相反する働きがあること。

つまりジンセノサイドは、交感神経と副交感神経の双方を巧みにコントロールし、自律神経を安定させてくれるのです。

またジンセノサイドには血液をサラサラにする優れた働きがあり、血行不良による冷えや肩コリ、のぼせなどに効果があるといわれています。

他にも、精神安定作用のあるビタミンB群やビタミンC、ミネラルなどが、更年期の不調緩和に役立ちます。

田七人参

田七人参

田七人参は高麗人参と同じウコギ科の植物で、高麗人参を凌ぐ薬効があることで近年注目されています。

というのも、田七人参にはジンセノサイドが高麗人参の3~7倍も含まれているからです。

またリラックス作用のあるギャバなどのアミノ酸や、ポリフェノールの1種フラボノイド、ビタミン・ミネラルなども豊富。

さらに田七ケトンという特有成分には、血栓を溶かして血液をサラサラにするという、優れた血液浄化作用があります。

このように、様々な有効成分で総合的に更年期障害の不調を緩和してくれるのが、高麗人参や田七人参なのです。

サプリメント以外に更年期世代が心掛けたいこと

更年期障害を引き起こす自律神経の乱れは、現代人の生活習慣が原因の一つになっていることが多々あります。

自律神経を乱す生活習慣

たとえば、最近20代30代の女性に急増している「プレ更年期障害」。
その原因の多くは、次のような生活習慣による自律神経の乱れにあるといわれています。

・ストレス
・睡眠不足
・偏食による栄養不足

慢性的なストレスは、交感神経の緊張が続くために自律神経がバランスを崩してしまいます。

睡眠不足の生活は、副交感神経が働く時間が減少し、やはり交感神経ばかりが働く状態になります。

また当然ながら、自律神経が健全に働くには、十分かつバランスのよい栄養が必要です。

このように、自律神経の安定を取り戻すには、生活習慣の見直しも非常に大事なのです。

更年期の女性が摂りたい栄養素

更年期の女性が摂りたい栄養素

更年期では女性ホルモンの恩恵が得られにくくなるので、次のような病気や老化現象が起こりやすくなります。

・骨密度を高める働きが減退→骨粗しょう症
・血中コレステロールを抑制する働きが減退→動脈硬化、心筋梗塞
・血流や血圧の調整機能が低下→高血圧
・皮膚や粘膜の潤いを保つ働きが低下→シワ、たるみ

このため、次のような栄養成分を十分摂ることも大事になります。

・カルシウム、ビタミンD3…骨粗しょう症予防
カルシウムは骨を作る重要な成分であり、ビタミンD3はカルシウムの吸収を促進します。

・ビタミンE、DHA・EPA、アリシン…動脈硬化予防、高血圧予防
血中のコレステロールや脂質を減らし、血流を良くします。

・β-カロテン、ビタミンC、ビタミンB群…肌老化予防
皮膚や粘膜、血液の健康を維持する働きがあります。
またビタミンCは、ストレスに対抗する力をつけてくれます。

ほかにも、たんぱく質やビタミンB群、亜鉛など、自律神経の神経伝達物質を作る栄養素も不足しないようにしましょう。

まとめ

女性ホルモンの分泌量は20~30代をピークに年々減っていき、50歳では、エストロゲンはピーク時の5分の1に、プロゲステロンは10分の1以下に減少してしまいます。

更年期障害は、このような女性ホルモンの激減に体が慣れ、自律神経が安定すれば自然に落ち着くとはいうものの、早めに対処するに越したことはありません。

また、更年期障害からうつ症状が続くと、認知症リスクが高まることも最近分かっています。

辛い症状をただ我慢せず、サプリメントを上手に活用し、生活習慣や食事に心を配りながら、笑顔で過ごせる50代を取り戻しましょう。

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他