50代からの究極のエイジングケア、幹細胞化粧品で年齢が戻る?

50代からの究極のエイジングケア、幹細胞化粧品で年齢が戻る?

女性にとって、スキンケアは毎日欠かせない作業であり、楽しみでもあります。

しかし歳を重ねるにつれ、人気の美肌成分も以前のような効果が感じられなくなり、増えてくるシミ、シワ、たるみに焦るばかり…。

そんな世代の女性に、今、最も注目されているのが「幹細胞化粧品」です。

アンチエイジングとは「抗加齢(年齢に抗う)」ということですが、幹細胞の効果はさらに進んで、「バックエイジング」、つまり「年齢を戻す」とさえいわれているのです。

幹細胞の一体何が、そんな若返りをもたらすのでしょうか。

今日は、幹細胞とはどんな細胞なのか、そして幹細胞化粧品は、どんな仕組みでどんな効果を発揮するのかを、詳しくご紹介していきます。

さらに、同じく新時代の若返り成分といわれるプラセンタとの違いや、幹細胞化粧品を選ぶポイントもお伝えします。

幹細胞化粧品でバックエイジング

今、エイジングケアコスメの最高峰といわれる「幹細胞化粧品」。

まさに究極の若返り成分ともいえる幹細胞とは、一体どんなものなのでしょうか。

幹細胞とは

私たちの体を作っている細胞は、分裂を繰り返して数を増やし、常に古い細胞と新しい細胞が入れ替わっています。

切り傷や骨折が治ったり、日焼けした肌がもとの色に戻るのも、損傷したり古くなった細胞が新しい細胞と置き換わるからです。

これが新陳代謝であり、この時に新しい細胞を作るもとになる、いわゆる親細胞にあたるのが「幹細胞」です。

樹に例えれば、分裂して増えていく細胞が枝や葉で、幹細胞が「幹」ということになります。

幹細胞は、臓器や筋肉、皮膚など体の全ての組織に存在しますが、この幹細胞が作り出すのは、その組織の細胞のみです。

それに対して、受精卵から作られるES細胞という幹細胞は、体のあらゆる組織の細胞を作ることができ、「万能細胞」と呼ばれることもあります。

ご存知のノーベル賞受賞のiPS細胞は、山中伸弥教授によって人工的に開発された幹細胞で、ES細胞とほぼ同じ働きができるとされています。

幹細胞化粧品とは

このような幹細胞の働きを美肌作りにも、ということで、誕生したのが「幹細胞化粧品」です。

1. 幹細胞化粧品の種類

幹細胞化粧品には、原料の違いで次の3種類に分かれます。

・植物由来
原料となるのは、特殊品種のリンゴやアルガンツリーの幹細胞。

安全性は高いものの、植物と人間ではそもそも細胞の仕組みが違うので、ヒト由来幹細胞のような効果は期待できないとされています。

・動物由来
原料は、主に羊の毛根や胎盤(プラセンタ)の幹細胞。

安全性やアレルギーの問題から、日本国内の流通は少ないようです。

・ヒト由来
ヒトの脂肪細胞や、線維芽細胞の幹細胞の培養液から作られます。

人間の肌に馴染みやすく効果も高いことから、日本の幹細胞化粧品の多くに採用されています。

2. 幹細胞化粧品は幹細胞そのものは入っていない

再生医療の分野でも、ヒト由来幹細胞は、様々な病気やシワたるみの治療に活用されています。

その方法は、自身の体から取り出した幹細胞を培養し、増殖した幹細胞を体内に戻すことで、傷ついたり衰えた細胞を再生させるというもの。

しかし医療と違い、幹細胞化粧品には幹細胞そのものが配合されているわけではなく、使われているのは幹細胞が分泌する成分です。

幹細胞を培養する時に、幹細胞からは各種の成長因子やペプチド、美肌成分など、様々な成分が分泌されます。

これらの成分を培養液から抽出し、配合したものが「幹細胞化粧品」です。

幹細胞化粧品は、幹細胞が作り出す成分が肌の細胞に働きかけ、肌本来の力を取り戻してくれるものなのです。

幹細胞化粧品の効果

肌にある幹細胞は、「表皮幹細胞」と「真皮幹細胞」の2種類。

しかし幹細胞の数は加齢などにより減少し、肌の再生力が衰えていきます。

幹細胞化粧品は、減少した幹細胞に代わって、表皮や真皮の細胞を再生する役割をしてくれます。

幹細胞化粧品に含まれる成分

幹細胞培養液から抽出される成長因子は、150種類以上ともいわれますが、中でも肌に大きく関係するのが次の4つです。

・EGF(表皮細胞成長因子)

表皮細胞を増殖し、ターンオーバーを促進。

・FGF(線維芽細胞成長因子)

真皮にある線維芽細胞を増殖し、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を増やす。

・PDGF(血小板由来成長因子)

線維芽細胞に働き、活性化する。

・VEGF(血管内皮細胞成長因子)

新しい血管を作り、血流を促進。

さらに幹細胞培養液からは、抗酸化酵素SODや各種ビタミン、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸のほか、免疫や細胞増殖に関わるサイトカインなど、豊富な成分が抽出されます。

幹細胞化粧品で得られる効果

以上のような豊富な成分から、幹細胞化粧品には次の効果が期待されます。

・ハリ、弾力

真皮の線維芽細胞が活性化し、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成が増えて、シワやたるみに効果的。

・美白

表皮のターンオーバーが促進されることから、古い角質や溜まったメラニンが押し出されて、ゴワツキやシミ、くすみが取れていきます。

また肌の血流が促進されるので、血色の良い透明肌に。

・潤い

肌の潤い成分セラミドはターンオーバーの過程で作られるため、ターンオーバーが盛んになると、保水力が高まって肌が瑞々しくふっくらしてきます。

・老化抑制

抗酸化酵素は、紫外線などにより生まれる活性酸素から肌を守り、老化を抑制します。

幹細胞化粧品を始める

幹細胞化粧品を始める

ところで、アンチエイジングコスメというと、「プラセンタ」を思い浮かべる方も多いでしょう。

幹細胞化粧品もプラセンタ化粧品も、成長因子をはじめ、含まれる成分が非常によく似ていますが、アンチエイジング効果はどちらが優れているのでしょうか。

幹細胞とプラセンタの違い

化粧品に使われる幹細胞は、多くがヒト由来です。

ところがプラセンタの場合、ヒト由来のものは医薬品扱いのため化粧品には使用できず、ほとんどが動物由来。

動物由来のものは、ヒト由来に比べると、人間の体内ではやはり有効性が低くなります。

また動物由来のものは、ウィルスや細菌感染の問題から厳格な殺菌処理が必須であり、その過程で成長因子が失活することが多いのです。

以上のことから、効果の点では幹細胞化粧品のほうが優れているといわれています。

プラセンタで思うような効果が得られなかったという方は、一度、幹細胞化粧品を試してみるといいかもしれません。

幹細胞化粧品を選ぶポイント

幹細胞化粧品は歴史も新しく、また幹細胞培養液が生体由来成分ということから、製造販売には高いハードルがあります。

幹細胞培養液の製造ができるのは、技術・安全・衛生面で医薬品並みの高い基準をクリアし、厚生労働省から許可された施設に限られているのです。

また化粧品成分として登録する際にも、厳しい安全管理基準をクリアする必要があります。

そういったことから、幹細胞化粧品の多くは1万円~2万円台と、普段使いするには贅沢すぎる価格。

金額に見合った効果が得られるとしても、選ぶ際には次の点に気をつけ、後悔しない買い物をしたいものです。

・ヒト由来のもの

安全性やアンチエイジング効果の点で最もおすすめなのは、ヒト由来の幹細胞です。

一方、植物由来のものは、抗酸化作用と保湿力に優れており、価格も比較的手頃なので、エイジングケアというより通常のスキンケアアイテムとしておすすめ。

・配合量が多いもの

効果の実感度は、成分の配合量に比例するといっても過言ではありません。

化粧品の成分は、配合量の多い順に記載する決まりになっています。
「幹細胞エキス」「幹細胞抽出液」といった記載が、成分表示の先頭のほうにあるかどうか、確認しましょう。

・その他の美容成分

幹細胞化粧品の多くは、他の美容成分もプラスされています。

乾燥肌にはセラミドやヒアルロン酸、シミにはビタミンC誘導体やフラーレンなど、特に気になる肌悩みに合った成分があれば、実感も早くなるというものです。

まとめ

0代からの究極のエイジングケア、幹細胞化粧品で年齢が戻る?(まとめ)

これまでのスキンケアの主流は、コラーゲンやヒアルロン酸など、肌に不足した成分を補うという「対症療法」。

しかし幹細胞化粧品は、肌の細胞そのものを活性化する「根本療法」といえます。

若々しい肌とは、細胞の修復・再生の能力が高い肌のことであり、その源になるのが幹細胞なのです。

スキンケアは既にバックエイジングの時代。

幹細胞化粧品で時間を戻し、鏡を見るのが楽しかった10年前の肌を復活させてみませんか?

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他