イライラで老化が加速する!?即効若返りにあの油が効く!

イライラで老化が加速する!?即効若返りにあの油が効く!

ストレス社会の現代。
ストレスが常態化して、ストレスの感覚すら失われている人も多いのではないでしょうか。

イライラが募り、些細なことでカッとなり、そして激昂した自分にまたイライラする。
そんな毎日を送っていると、肌の状態も最悪ですね。

・くすみ、シミ
・目の下のクマ
・下瞼のたるみ
・毛穴の開き
・吹き出物

こういった肌トラブル、実はストレスによる肝臓の弱りからきているかもしれないのです。
肝臓が弱ると、テキメン、肌は老けてきます。

イライラと肝臓と肌。この3つは一体どういう関係にあるのでしょうか?
そして、弱った肝臓が即元気になる、驚きのオイルケアとは?

ストレスと肝臓

中医学では、感情と内臓には密接な関連があるとしています。
喜怒哀楽が限界を超えると、それに対応する臓器が不調になり、反対に臓器の不調が対応の感情を刺激するというわけです。

肝臓は「怒」に対応し、精神的ストレスの影響を最も受けやすい臓器なのです。

ストレスがあると、人は怒りっぽくなります。
カッと頭に血がのぼる時、全身の毒素が肝臓に集まってくるそうです。

その解毒に肝臓は四苦八苦、そして肝臓が弱るとさらに気持ちが高ぶって、怒りの感情が募るという、負のスパイラルに陥ってしまうのです。

さらに、怒りの感情は肝臓に「肝毒」という毒素を発生させます。
解毒してくれるはずの肝臓が、自らが毒素の発生源となるわけです。

ある実験によると、ウサギの耳に肝毒の抽出成分を塗ったところ、即死したそうです。
肝毒の毒性はそれほど強いのです。

この肝毒が血液に入って体中を巡るのですから、その影響は肝臓のみならず全身の細胞に及ぶことになります。

肝臓と肌

老廃物や有害物質を排泄する、「解毒」の仕事を一手に担っているのが「肝臓」です。

ダイエットもまずはデトックス(毒出し)という考えが主流ですが、体にとって不要なもの、有害なものを出し切らないと、代謝機能は正しく働かないからです。

肌においても、たとえばシミは、肝臓が弱って黒色メラニンという不要物質が排泄できない状態。

また目の下のクマは、老廃物で濁った血液が、目の周りの薄い皮膚を通して見えている状態です。

もちろん汚れた血液では、肌細胞に十分な栄養、酸素を届けることはできません。

ストレスで怒ってばかりいると、肝臓の機能が低下して、排泄できない老廃物や肝毒のせいで肌もボロボロ、どんどん老化していくというわけです。

こんな症状は肝臓の危険信号

体の中で最も大きな臓器である肝臓は、次のような働きをする最も重要な臓器でもあります。

・解毒
・全ての栄養の代謝
・エネルギーの貯蔵

そして「沈黙の臓器」といわれるほど、我慢強いのが肝臓です。
痛みを感じる神経が少ないため、それと分る症状が出るのは、よほど悪くなってからです。

ですから、お酒を飲まない人も、肝機能のγ-GTP、GOTといった数値が正常範囲の人も、安心はできないのです。
次のような症状が続くようなら、肝臓の弱りを疑ってみましょう。

・肌トラブル全般
・白髪が増える
・顔色が黒ずむ
・だるい、眠い
・口臭が強い
・便秘、便が臭い
・足が重だるく、臭う
・首や背中が張る
・肩甲骨の内側が痛む
・目の奥が痛い
・不眠
・常に不安感がある
・イライラ、怒りっぽい
・寒がりで暑がり

しかし、ストレスを減らすといっても難しいのが現実。
そこで、ぜひオススメしたいのが「ヒマシ油湿布」です。

肝臓を元気にする「ヒマシ油湿布」

ヒマシ油とはヒマシ(トウゴマの種子)から摂れる植物油で、ギリシャ時代から排毒、下剤として世界的に愛用されているオイルです。

ヒマシ油というと、オイル美容ブームの中でも地味な存在ですが、ヒマシ油には体内毒素の排泄に抜群の効果があり、肝臓の解毒作用を強力にサポートしてくれるのです。

「ヒマシ油湿布」で使用するのは、
・ヒマシ油
・フランネル布
・サランラップ
・ホッカイロ

1.フランネル布にヒマシ油をたっぷり浸み込ませ、肝臓の位置(右脇腹、肋骨の下)に当ててラップを巻きます。

2.ホッカイロで温めながら1時間。

3.ヒマシ油に体内毒素が溶け出してくるので、終わったら濡れタオルで拭き取ります。

これを3日続けたら4日休み、3週間行いましょう。

フランネルの代わりにガーゼを使ったり、直にヒマシ油を塗ってもOK。
ヒマシ油は、無精製のコールドプレスのものがオススメです。

毒素排泄で肌老化をストップ(まとめ)

毒素排泄で肌老化をストップ(まとめ)

ヒマシ油湿布を実践した人の声は、

・顔のくすみやクマがとれた
・長年のシミが薄くなった
・顔や体にハリが出てきた
・イライラ、カッカしなくなり、心が穏やかになった
・グッスリ眠れるようになった
・疲れ、だるさがなくなった

肝臓を労わってやれば、肌も体もこれほど元気になるのですね。

因みに、ヒマシ油湿布を下腹部に行うと、
・便秘が解消した
・子宮筋腫が小さくなった
・生理痛が軽減した

など、腸や子宮の不調にも効果は絶大のようです。
また体が元気になって代謝もあがり、便秘も解消することから、「痩せた」という声も多いそうです。

この頃怒りっぽくなった、肌がぐっと老けたという方、ヒマシ油湿布のアンチエイジング効果をぜひお試しください。

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他