あなたの鼻の下は大丈夫?今日から始めたい「ヒゲジョ」対策

あなたの鼻の下は大丈夫?今日から始めたい「ヒゲジョ」対策

ムダ毛処理は女性の身だしなみ。
しかし今、顔のムダ毛に悩む女性が急増しているそうです。
特に男性がドン引きするのが、鼻の下にうっすら生える黒いうぶ毛。

男性にしてみると「なんで女性にヒゲが!?」というわけで、どんな美女でも100年の恋も冷めてしまうようです。

今は大丈夫という人も、歳とともにうぶ毛が濃くなることもあるといいますから、安心してはいられません。

今日からさっそく、「ヒゲジョ」にならないための対策を始めましょう!

女性にヒゲが生えるのは何故?

ご存知のように、ヒゲは男性ホルモンの支配領域です。
そして男性ホルモンは、男性の10分の1の量ではありますが、女性の体にも分泌されています。

通常は圧倒的に女性ホルモンの方が多い女性でも、何らかの原因で女性ホルモンが減少した時、男性ホルモンの影響が強く表に出てきます。

女性ホルモン減少の大きな原因は「加齢」ですが、それ以外にも原因として次の3点が挙げられます。

・ストレス
・ダイエットや食生活の乱れ
・睡眠不足や喫煙などの生活習慣
上記の理由により、自律神経が乱れると女性ホルモンの分泌が減少します。

特にストレスは女性ホルモン減少に大きく関わっています。
ストレルを感じると副腎から抗ストレスホルモンが分泌され、その時同じ副腎から男性ホルモンも一緒に分泌させてしまうのです。

こんな症状には要注意!

こんな症状には要注意!

しかしながら、現代社会で働く女性はストレスと無縁でいられるはずなどなく、また生活習慣も乱れがち。
つまりヒゲが生える要因に常に晒されているわけです。

さらに懸念されるのは、日常的に忙しさに追われるうちに、次第に女性であることを意識しない生活に陥ること。これまた女性ホルモンを低下させてしまう原因となります。

ウジウジした男性にイラつく。
スキンケアやメイクが面倒。
飲むのは気の張らない居酒屋。
こんな兆候が出てきたら要注意です!

ひょっとしてオジサン化が始まっていて、そのうち鼻の下が黒くなってくる可能性が高いかも…!?

対処法1:女性ホルモンを減らさない

女性ホルモンを減らさないための基本は、何といっても食事や睡眠、喫煙、ストレスなど生活習慣の見直しにあります。

女性ホルモンを作るには、たんぱく質やビタミンB群、ビタミンE、亜鉛、コレステロールなどの栄養素が必要。

これらの栄養素を含む魚や肉、大豆製品、卵、牡蠣、ナッツ類などを、意識的に食事に取り入れましょう。

そして重要なのがストレス解消。
アロマの香りや好きな音楽、趣味、入浴、運動など、その日の内に上手にストレルを発散させれば、質のよい睡眠にも繋がります。

またタバコのニコチンは女性ホルモンを分解し、さらにその分泌を抑制してしまう、最凶の女性ホルモン破壊物質です。
ヒゲジョにならないためには、「喫煙」は厳禁です!

対処法2:女性ホルモンを増やす

次に、積極的に女性ホルモンを増やす方法をご紹介します。

まず食事やサプリメントで大豆イソフラボンを摂り、外から女性ホルモンを補うことです。
美を意識する女性には、既に豆乳や納豆など大豆製品は大人気ですね。

次に誰でも手軽にできる方法として、ツボ押しがあります。
女性ホルモン分泌を促進するツボの代表は「三陰交(さんいんこう)」で、足の内くるぶしから指4本分上にあります。

ほかにリラックス効果で自律神経を安定化し、ホルモン分泌を促すツボとしては「壇中(だんちゅう)」や「百会(ひゃくえ)」があります。

「壇中」は胸の真ん中、両乳首を結んだ線上にあり、バストアップにも著効のあるツボで、「百会」は頭のてっぺんの両耳の穴を結ぶ線上にあります。

これらのツボを、息を吐きながら指の腹で3~5秒かけてゆっくり押し、同じ時間で力を抜く、これを20回ほど繰り返すといいでしょう。

ときめく女性にヒゲは生えない(まとめ)

ときめく女性にヒゲは生えない(まとめ)

しかし女性ホルモンの決め手といえば、「恋」に勝るものはありません。
恋をする女性は、女性ホルモンが泉のように湧き出ているといいます。

幾つになってもトキメキを忘れない女性も、またしかり。
もちろん、トキメキの対象は現実の男性とは限りません。

キレイな鼻の下でいるために、ストレスに負けない前向きな生活を心がけ、女性らしい気持ちを忘れずにいたいですね。

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他