魅せる大人肌になる!50代は透明ツヤ肌ファンデーションが決め手

魅せる大人肌になる!50代は透明ツヤ肌ファンデーションが決め手

ファンデーションはメイクアップの要。
特に肌の悩みが増えてくる50代女性には、欠かせないアイテムです。

しかしシミやくすみをカバーしようとして厚塗りになったり、化粧崩れや乾燥など、ファンデーションで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

最近は技術力の進化により、シミや毛穴を光で消し去り、厚塗りしなくてもナチュラル透明肌になれるファンデーションがたくさんあります。

今日は、ファンデーションの種類や成分の働き、そして失敗しないファンデーション選びのポイントを分りやすくご説明します。

併せて、品のある大人肌になれるファンデーションをお探しの50代女性のために、おすすめのファンデーション4点をランキングでご紹介します。

ファンデーションの種類と特徴

ファンデーションの種類と特徴
ファンデーションは、主に次の5種類に分けられます。
それぞれメリット・デメリットがあり、合う肌質も違うので、特徴を理解して種類を選ぶことが大切です。

パウダー(パウダリー)ファンデーション

パウダーを押し固めた固形タイプで、プレストファンデ、ケーキファンデともいわれます。
コンパクト形式で使いやすいため、最も広く普及しています。

ムラなくつけられ、過剰な皮脂をパウダーが吸収するので、さらりとした仕上がりなのが特徴です。

脂性肌や普通肌向きですが、肌に負担となる成分が少ないので敏感肌にもおすすめ。

リキッドファンデーション

乳液のような液状で、伸びが良く肌にフィットするので、透明感のあるキメ細かな仕上がりになり、カバー力もあります。
乾燥肌、普通肌向き。

リキッドタイプをスポンジクッションに浸み込ませた、「クッションファンデーション」も最近人気になっています。

クリームファンデーション

油分が多く、しっとりした仕上がりになります。
超乾燥肌や乾燥肌に向いていますが、反面しっかりしたクレンジングが必要なので、気をつける必要があります。

リキッドタイプ以上のカバー力があるので、シミや毛穴をカバーしたい人におすすめ。

エマルジョンファンデーション

リキッドやクリームタイプを硬めの練り状にしたもので、パウダータイプのようにコンパクト形式になっています。

伸びが良く、フィット力・カバー力が共に高いのが特徴で、全ての肌質に合います。

ルースファンデーション

パウダーそのままのいわゆる「おしろい(白粉)」で、仕上げ用ファンデーションとしても使われます。
つけ心地が軽く、素肌っぽいフワッとした仕上がりになります。

単独ではカバー力が低く、落ちやすいのですが、クレンジングなしでオフできるメリットがあります。

全ての肌質に合いますが、パウダーが皮脂を吸収するので、超乾燥肌の人は避けたほうがいいでしょう。

⇒おすすめファンデーションを確認する

50代女性のファンデーション選びのポイント

50代女性のファンデーション選びのポイント

ファンデーションの始まりは、古代ローマやギリシャ時代に遡ります。
当時、白い肌が美人の条件とされていたことから、特権階級の女性達は、鉛白という白色顔料を塗って顔を白く見せていたそうです。

鉛白は日本でも、平安時代の貴族の女性達の間で白粉として使われています。

鉛からできる鉛白は体に有害なのですが、そんな危険を冒してまでも、「肌を美しく見せたい」のが女性心というわけです。

歴史は進み、現代のファンデーションは、主に次の3つの目的で使われています。

1.肌を美しく見せる
2.肌の欠点をカバーする
3.肌を紫外線から守る

しかし欠点が完璧にカバーできても、厚塗りでは肌は美しく見えません。
1と2の両立は、ファンデーション選びの最重要項目なのです。

そこで50代女性のファンデーションは、特に次の2点をポイントに選ぶことをおすすめします。

1.薄づき&カバー力のあるもの

「美肌と思う女性有名人」のアンケートで常にトップを占めるのは、綾瀬はるかさん、小雪さん、菅野美穂さんなど。

いずれも透明感のある色白肌の持ち主ばかりで、透明肌は年代問わず女性の究極の憧れなのです。

そんな透明肌を作るには、薄づきでカバー力のあるファンデーションが最適。
重ね塗りする必要がないので、自然な透明感が得られるからです。

シミをカバーしようと重ね塗りすると、厚塗り感で老けて見えるだけでなく、化粧崩れもしやすくなります。

化粧品業界の最近のメイクトレンドは、「透明感を持った自然な仕上がり」だそうです。

メイクアップの要となるファンデーションも、この傾向に沿って「薄づきながらカバー力・キープ力がある」ものが増えています。

50代女性にとっては、理想のファンデーションが探しやすくなっているといえます。

2.保湿力の高いもの

肌の瑞々しさが失われてくる50代には、ファンデーションにも保湿力が必要です。
保湿力の高いファンデーションは、化粧崩れも少なくなります。

ファンデーションによく配合される保湿成分には、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドのほか、アミノ酸類、トレハロース、シロキクラゲ多糖体、グルコシルヘスぺリジンなどがあります。

これらの保湿成分が配合されたファンデーションを選びましょう。
さらに次の点も考慮すれば、ファンデ選びは完璧です。

3.肌への優しさ

ファンデーションをつけている時間は、けっこう長いものです。
肌に悪い成分が含まれず、さらに石鹸で落とせるものであれば、肌に負担をかけずに済みます。

特に敏感肌さんは、肌に負担をかけるBHA(ブチルヒドロキシアニソール)などの酸化防止剤が配合されていないファンデーションを選びましょう。

4.美容成分の有無

保湿成分のほかにも、抗酸化や美白の作用がある美容成分が配合されていれば、日中もエイジングケアができるというものです。

因みに、ファンデーションに入っている粉体成分は、紫外線を散乱する性質があります。

特にパウダーファンデーションは、粉体成分が全成分の多くを占めるので、十分日焼け止め代わりになります。

肌老化の原因の80%を占めるのが、紫外線といわれています。
年中降り注いでいる紫外線から肌を守るために、ファンデーションは有効なツールなのです。

50代女性におすすめのファンデーション・ランキング

シミやくすみが気になる50代女性のために、カバー力と透明感、保湿力を兼ね備えたおすすめのファンデーションを4点、厳選しました。

第1位:リソウ「リペアファンデーション トライアルセット」

リソウ「リペアファンデーション トライアルセット」

使用感の良さ、仕上がりの美しさ、肌への優しさで、「美容家が選ぶ化粧品」の総合第1位に選ばれたファンデーション。

・価格 2052円(税込)
リキッド各色(10~15日分)・パウダー各色・フェイスパウダーなどの8点セット

▼優れたカバー力
超微粒子のミネラルパウダーが、厚塗り感なくシミ・シワ・毛穴をカバーし、さらに光を拡散して肌を明るく透明に見せます。

▼素肌に優しい
天然ミネラルや植物エキスなど、全成分100%天然由来なので、疲れ気味の大人肌にも負担をかけません。

▼先端技術の美容成分
12種の植物エキスのほか、ビタミンC生命体とアミノ酸生命体という、メーカー独自の美容成分を配合しており、アンチエイジング効果も期待できそうです。

肌トラブルのカバーだけでなく、素肌美も叶えたいという方に、イチオシのファンデーションです。

第2位:資生堂「プリオール 美つやBBパウダリー(レフィル)」

資生堂「プリオール 美つやBBパウダリー(レフィル)」

年齢肌にツヤとハリが蘇ると人気の、オールインワン・パウダーファンデ。

・価格 3240円(税込)、ケース別売:1404円(税込)

▼究極のオールインワンファンデ
下地や美容液、日焼け止めなど5つの機能を備えているので、これ一つでササッと手軽にベースメイクができます。

▼しっとりしたツヤとハリ感
金雲母などのミネラルパウダーの光補正作用により、明るいツヤっぽさと、ハリのある仕上がりになります。

しかも、ローヤルゼリーやヒアルロン酸など美容成分が配合されているので、パウダータイプとは思えないほどしっとり滑らか、塗りました感が全くありません。

マイナス点として口コミで多いのが、カバー力が弱めということ。
しかし手軽にしっとりツヤ肌になれるので、50代女性の普段使いにはぴったりです。

ベースメイクは手軽に済ませたい、カバー力より瑞々しいツヤを、という方におすすめ。

第3位:トゥベール「ミネラルパウダリーファンデーション」

トゥベール「ミネラルパウダリーファンデーション」

美容効果も高い、プレストタイプのミネラルファンデーション。

・価格 2860円(税込)、キャンペーン価格2540円(税込)

▼究極の肌への優しさ
100%天然の高純度ミネラルパウダーで、鉱物油、アルコール、パラベン、界面活性剤、紫外線吸収剤など全て無添加。
肌の弱い人も負担なく使え、下地不要でメイク落としも石鹸でOKです。

▼メイクしながらスキンケアも
3種のヒアルロン酸と4種のセラミドに加え、ビタミンC誘導体や植物エキスなど豊富な美容成分が配合され、ミネラルファンデにありがちな乾燥の心配もありません。

▼薄づき透明感が持続

微粒子パウダーが光を拡散してくすみを飛ばし、さらに、オイルとヒアルロン酸でコーティングしたミネラルが肌にぴったりつくので、つけたてが持続します。

敏感肌や超乾燥肌のせいで、なかなか合うファンデーションがないという方に、おすすめです。

第4位:エトヴォス「ミネラルファンデーション スターターキット」

エトヴォス「ミネラルファンデーション スターターキット」

年齢肌をふんわりカバーする、パウダータイプのミネラルファンデ。

・価格 1944円(税込、約2週間分)
ミネラルファンデ・下地パウダー・フェイスカブキブラシの3点セット。

▼美容皮膚科も採用の肌への優しさ
主成分はミネラルで、合成香料、防腐剤など肌ストレス成分も無添加。
もちろん石鹸で簡単に落とせます。

▼軽くて柔らかな仕上がり
キメ細かいパウダーが毛穴を埋め、光散乱効果でシミ・シワをカバーするので、柔らかなセミマットの仕上がりになります。
 
▼乾燥させない
ミネラルパウダーを、「プセウドジマツクバエンシス」というセラミドに似た天然保湿成分でコーティングしています。

このため肌の潤いが持続し、肌への密着度も高くなるので化粧崩れもしにくくなります。

自然な感じのカバー力と、程よいマット感が欲しいという方は、お試しの価値あり!

ファンデーションの成分と働き

ファンデーションの成分と働き

ファンデーションのほとんどは、主に水性成分、油性成分、粉体成分で構成されています。

それぞれの成分には以下のような種類や働きがあり、つけ心地の良さ、仕上がりの美しさ、崩れにくさを実現しています。

水性成分

溶剤となる精製水やアルコール、増粘剤としてのカルボマーやキサンタンなど。

油性成分

つけ心地を滑らかにし、肌を保護して水分の蒸発を防ぐ役割があります。

よく使用されるのは、流動パラフィンやワセリン(石油由来)、グリセリン(植物油由来)、ラノリン(羊毛由来)、スクワラン(深海鮫由来)、ヒマシ油やホホバ種子油、オリーブ油などの植物油。

粉体成分

色調を整えたり、カバー力やメイクアップ効果を与える役割があり、次の種類がよく使われます。

・タルク

滑石から作られる微細な白色粉体で、乳化剤のような作用があり、使い心地を滑らかにします。

・マイカ(雲母)

花崗岩や雲母片岩から作られる、ケイ素を主成分とする粉体。
パールのような光沢と滑らかさがあり、肌をキレイに見せます。

最近は、より白色度が高くくすみカバー効果に優れた「合成金雲母」がよく使用されています。

・シリカ

メノウや石英から作られる粉体で、肌にふんわり感を与えます。

・酸化亜鉛

亜鉛鉱石から合成される白色粉体。
抗炎症作用があり、ヤケド治療に使われる亜鉛化軟膏の主成分でもあります。

・酸化チタン

チタン鉄鉱を合成して作られる白色粉体で、密着性に優れ、高いカバー力があります。

酸化亜鉛や酸化チタンは紫外線を散乱する効果が高いため、紫外線防止剤としても使われています。

・水酸化アルミニウム

実は前出の酸化亜鉛や酸化チタンには、紫外線に当たると活性酸素を発生させる性質があります。

水酸化アルミニウムの多くは、これを防ぐためのコーティング剤として使われています。

・ジステアリン酸アルミニウム

感触を滑らかにするために使われる白色粉体。

・酸化鉄

赤や黄、黒といった色味があり、組み合わせにより肌色の色調を作り出します。

その他の成分

・ジメチコン

天然ケイ素由来の化合物で、合成ポリマーのシリコーンの1種。
密着力が強く汗や皮脂に強いため、化粧崩れを防ぐ目的で使用されます。

また保湿効果にも優れる一方で、揮発性が高いためサラッとした使用感を作ります。

デメリットは密着性が高いため石鹸では落ちないこと。
ジメチコン配合のファンデーションは、クレンジングでしっかり落とす必要があります。

・ラウロイルリシン

保湿効果のほか、撥水性に優れているので化粧崩れも防ぎます。

・トコフェロール(ビタミンE)、ビタミンC誘導体

主に酸化防止剤として使用されます。

肌に優しいファンデーションを選ぶ

肌に優しいファンデーションを選ぶ

ファンデーションの肌への負担度は、種類によっても違います。

たとえばリキッドやクリームタイプは、水分と油分を混ぜるために合成界面活性剤が使用されています。

油分も多いため、メイク落としにはクレンジングが必要ですが、クレンジングのし過ぎは肌を乾燥させます。

ルースタイプやパウダータイプはこのような肌への負担が少なくなりますが、中でも肌に優しいといわれるのが「ミネラルファンデーション」。
ミネラルファンデーションの特徴を見てみましょう。

ミネラルファンデーション

酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄、マイカなどの天然ミネラルが、成分のほとんどを占めるファンデーションのことです。

・メリット

ミネラルファンデは、アメリカの皮膚科や形成外科で使われたのが始まりで、施術直後の肌にも使えるほど「肌に優しい」ファンデとして、日本でも安定した人気があります。

特にパウダーそのままのミネラルファンデは水や油を使用しないので、界面活性剤や防腐剤、安定剤などの合成物を配合する必要がありません。

そのため肌に負担がかからず、また石鹸で簡単に落とすことができるので、クレンジングによって肌の潤い成分が失われることもありません。

・デメリット

一方で、パウダー状であり油分を含まないため、つけている時に「乾燥しやすい」「落ちやすい」「紫外線カット力が弱い」といったデメリットがあります。

しかし最近のミネラルファンデは、保湿成分を配合するなどして、このようなデメリットを改良したものが多くなっています。

肌に合う=肌に優しい

ミネラルファンデに限らず、ファンデーションには粉体成分として必ずミネラルが含まれています。

ミネラルは天然成分ですが、天然といえども万人に合うわけではありません。

たとえば重金属類のミネラルや酸化チタンは、人によってはアレルギーの原因になることがあります。

そこで多くの化粧品メーカーは、高度な精製工程を重ねて重金属を排除し、純度の高いミネラルを使用しています。

ファンデーションは、自分の肌に合ってこそ「肌に優しい」ファンデーションといえます。

まずはスターターキットやお試し品で、刺激性やアレルギー性がないことを確認することから始めましょう。

まとめ

幾つになっても、女性にとって肌の美しさは永遠のテーマです。

カバー力と透明感、保湿力に優れ、自分の肌質に合ったファンデーションに巡り会った時、「私の肌ってこんなにキレイだった!?」と驚くはずです。

その感動が幸せホルモンややる気ホルモンを分泌させ、ますます肌を美しくしてくれます。

ぜひ、自分にピッタリのファンデーションを探し出し、表面だけでなく内側からも若々しい肌を蘇らせましょう!

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他