奇跡の青い水!簡単、手作りの「若返りの水」で髪が増える!?

奇跡の青い水!簡単、手作りの「若返りの水」で髪が増える!?

肌に、髪に容赦なく降り注ぐ、真夏の紫外線。
抜け毛が気になって、憂鬱な女性も多いのではないでしょうか。

10~60代の女性564人へのアンケートでは、夏~秋の悩みの第1位に上がっているのは、実は「頭皮ケア」の42%。
30%の「肌」より12%も上回っているのです。

秋を迎えるたびに、どんどん髪が薄くなる・・・、アラフィフともなれば悩みは深刻です。

そんな女性の救世主として、今大注目なのが「青い水」。
毛母細胞を活性化して髪の毛を増やし、肌までピチピチにしてくれるというのです。

肌に髪に奇跡を起こす、「若返りの青い水」の正体とは?

海洋深層水とブルーライト

美味しい水、健康によい水、そして美肌を作る水というと「海洋深層水」。

海洋深層水とは、水深200メートルの深海から汲み上げた水で、汚染物質や細菌類がなく、イオン化したミネラルや栄養分が豊富です。

海洋深層水の効果の生き証人が、あの年齢不詳の美肌の持ち主、黒木瞳さん。
彼女は、毎日海洋深層水で洗顔しているそうです。

海洋深層水はなぜ美肌を作るのか、それは、
・清浄なこと
・ミネラルや栄養が豊富なこと

そしてもう一つ、最近大注目の大きな理由があるのです。
それは、

・ブルーライト(青色光)を含むこと
200メートル以上の深海には、太陽光はほとんど届きません。
しかし、可視光の中では最も波長が短く、エネルギーの強い青色光だけは入ってきます。

海洋深層水は、このブルーライトのエネルギーで満ちており、そして、ブルーライトには素晴らしい若返り効果があるというのです。

ブルーライトで髪が増える

私たちの体は、EGF、FGF、IGFといった種々の成長因子(グロスファクター)が、各組織の細胞分裂を促進することで成長し、また若さを維持しています。

特にIGFの中の「IGF-1」は、全身に作用する成長因子。
肌や毛髪、神経伝達にも重要な働きをしており、

・発毛、育毛の促進
・たるみ、シワの改善
・うつ症状の改善
・脳機能の活性化

といった、多くのアンチエイジング効果をもたらしてくれます。

実は、ブルーライトを皮膚に照射すると、このIGF-1が増えるのです!
このことは、次の実験で確認されています。

(光の侵入経路を皮膚のみに限定するため)盲目のマウスにブルーライトを照射したところ、IGF-1が増えた。

そして毛髪については、毛を剃ったマウスの実験で、ブルーライトを照射したマウスは、照射しないマウスに比べて発毛・育毛が早かった。

肌については、20~30代の女性13名に対する実験で、ブルーライトの照射を毎日10分間、2週間続けたところ、9名の肌の弾力がアップした。

という研究結果がでています。

ブルーソーラー水

ブルーソーラー水

ブルーライトのアンチエイジング効果が得られる海洋深層水。
さらにもう一つ、ブルーライトの恩恵を得られるのが「ブルーソーラー水」です。

ハワイの伝統的なスピリチュアル浄化法のツールの一つで、まろやかで美味しく、「肉体の浄化」と「潜在意識の浄化」ができる水といわれています。

1. 濃い目のブルーのガラスボトルに水を入れ
2. 蓋をして、太陽光または白熱灯に1時間当てる

たったこれだけで、ブルーライトのエネルギーが詰まった、若返りの水が出来上がります。
もちろん、水の色が青く染まるわけではありません。

ボトルがガラス製なのは、ガラスは光エネルギーの流入の邪魔をしないニュートラルな質をもっているから。

海洋深層水もブルーソーラー水も、肌につけても飲んでも、IGF-1を増やす効果は変わらないそうです。

青いボトルさえあれば、費用はほぼゼロ。
飲料水として、洗顔水、化粧水、育毛剤としてたっぷり使えるのが嬉しいですね。

気をつけたいブルーライト

気をつけたいブルーライト

同じ青色光に、テレビやパソコンの画面から出て、私たちの目に入ってくるブルーライトがありますが、こちらは十分気をつけたいものです。

・体内時計を狂わせる
朝になると目が覚めるのは、目が太陽光の中のブルーライトを認識し、睡眠ホルモン「メラトニン」が減少して脳が覚醒するからです。

朝にいったん低下したメラトニンの分泌は、夜になると上昇に転じ、眠気を誘います。

私たちの体には、このような体内時計が備わっていますが、夜遅くまでパソコンやスマホに向かう生活をしていると、このリズムが狂ってしまうのです。

・目を傷つける
ブルーライトは、紫外線に次いでエネルギーが強い光。
目に入る時間が長くなると、網膜など目の組織にダメージを引き起こす可能性が高くなります。

ですから、ぜひ心掛けたいのは、「夜に」「長時間」
ブルーライトを目に入れないこと。

その点、海洋深層水やブルーソーラー水なら、こういった心配もなく、ブルーライトの恩恵を受けることができるのです。

青は根源的若返りの色(まとめ)

地球上の生物の誕生は、38億年前の海の中。
その後、生物が海から上がって陸上生活を始めたのは、たった4億年前のことです。

それまでの34億年という長い時間を、生物はブルーライトに満ちた海中で過ごし、進化成長してきたのです。
そしてそこには、ブルーライトが作るIGF-1がある…。

生物と海、そしてブルーライトには、何か神秘的、根源的な繋がりがあるようです。

また成長ホルモンも、実はIGF-1を介して作用します。
つまり成長ホルモンの働きも、IGF-1があってこそ。
IGF-1は、成長・若返りの、まさに鍵を握っているのです。

しかし年齢と共に減少するIGF-1は、50代を過ぎるとほとんどなくなるという、寂しい話もあります。

ブルーボトルから注ぐ水は、それだけでも涼しげで夏にぴったり。
この夏は、ブルーボトルの水でIGF-1を増やし、青の若返りパワーを実感してみませんか?

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他