富士フイルム アスタリフトベーシックトライアルキット口コミ体験レビュー

富士フイルム アスタリフトベーシックトライアルキット口コミ体験レビュー

ハリと潤いのある素肌美人の女性・・・いくつになっても憧れますね。
すっかり定着した『エイジングケア』ですが、どんな成分が入った化粧品を使うのがいいのか悩む人が多いと思います。

数あるエイジングケア化粧品の中でも、シワやたるみが気になる50代の女性におすすめの成分が『アスタキサンチン』です。

アスタキサンチン配合のスキンケア、アスタリフトトライアルセットを使ってみました。

アスタキサンチンは、赤色の色素でサケやエビ、カニなどに含まれている成分。強力な抗酸化作用があり、肌の老化を予防する働きがあります。

アスタキサンチンが主成分の化粧品には、コーセーの『ASTABLANC アスタブラン』、DHCの『DHC アスタキサンチン』などがありますが、元祖アスタキサンチン化粧品といえば富士フイルムの『アスタリフト』。

富士フイルムが独自のナノ技術で開発した「ナノアスタキサンチン」は、肌の老化を予防する働きのある『コエンザイムQ10』の1000倍もの抗酸化作用があり、肌にハリを与え、潤いのある肌に導いてくれるそうです。

アスタリフトを開発したのは、写真フィルムで有名な「富士フイルム」
です。
「なぜフィルムの会社が化粧品を?」と思った人が多いのではないでしょうか?

アスタリフトを作ったのは富士フイルムでした。

写真フィルムの主原料は、肌の主成分と同じく「コラーゲン」だそうです。
写真の色あせは、紫外線などにより発生する活性酸素の影響で色素が酸化するため起こるそうです。

写真の色あせと同じく、肌のシワやシミも酸化やコラーゲン不足が原因。
シワやシミを改善するためには、肌の抗酸化力を高めることが必要です。

撮った写真を「後世まで美しく残していく」ためのナノテクノロジー、抗酸化研究技術をスキンケアに応用し開発された「アスタリフト」。

いくつになっても輝かしい松田聖子さんと松たか子さんが「赤いスィートピー」をデュエットするCMが印象的です。

うるおいとハリ、ナノテクノロジーで開発された成分の効果を早速試してみます。

富士フイルム・アスタリフトベーシックトライアルキット(5日分)内容

基礎化粧品 お試しセット⇒アスタリフト ベーシックお試し。

・ジェリー状先行美容液 ジェリーアクアリスタ・・・0.5g入りパウチ×10包
・化粧水 ローション・・・20ml
・美容液 エッセンス デスティニー・・・5ml
・コウジ酸配合クリーム ホワイトニング クリーム・・・5.2g
・クリーム  クリーム・・・5g

アスタリフトベーシックトライアルキットを実際に使ってみました

ジェリーアクアリスタ

アスタリフトのベーシックトライアルに入っている先行導入美容液を使った感想を口コミ。

まずは、ジェリーアクアリスタから試していきます。
パウチ1包(0.5g)を手のひらにのせてみました。
オレンジ色の少し粒の粗いようなジェル。
嗅いでみると、少しクラランスのボディケアアイテムに似た香りです。

アスタリフトの導入美容液は、ぷるんとしたジェル状です。

使用書とおりに手のひらで温めて、顔に軽く広げるように伸ばしていくと肌がべたつく感じ。
顔全体を手で包み込むように抑えてつけるとハッキリとベタベタ感があります。

ジェリーアクアリスタ美容液の質感報告。

顔につける前にジェリーの温めが足りないと伸びが悪いようで、温めきれずに肌に塗った箇所は指が引っかかるような感じがしました。

肌につけた直後は「苦手だな」と思ったのですが、しばらくするとベタつきが少し治まりました。

ローション

アスタリフト化粧水を使った感想を口コミ中。

次は、ローションを試します。
規定の量(500円玉大)を手のひらにのせてみました。にんじんジュースを水で薄めたような色や感触でサラッとしています。嗅ぐとジェリーと同じような香りがします。

アスタリフト保湿化粧水は、オイリー肌には魅力的に思えませんでした。

使用書のとおり手のひらで温めると、少し粘性があるようなぬめりが出てきたみたいです。

顔全体に手で押さえながらなじませていくと、手が張り付く感じでべたべたします。
べたつく感じが終始残ったように思います。

エッセンス デスティニー

アスタリフトの美容液。先行導入液よりあっさりとしてます。

次は、エッセンス デスティニーを試してみます。
キャップにスポイドがついた小瓶に入っています。
規定の量(1円玉大)を手のひらにのせてみました。

色の見た目は、ラー油のような、透明でオレンジがかった赤色。
触ってみると少し粘性のあるローションのような感じです。

アスタキサンチン配合のエイジング美容液を使ってみた感想報告。

嗅ぐと、ジェリーやローションと同じ香りに、少しアルコールのような薬品が混じった香りがします。

顔全体にのばしていくと、肌がしっとりしてきて指が肌に張り付くような感じがします。
肌がピンと張ったようで、肌にハリを与える即効性があるように思いました。

クリーム

アスタリフトのクリームの肌なじみを口コミ。

最後にクリームを試します。
スパチュラで規定の量(パール粒大)を手の甲にのせてみました。
白色にオレンジを注したようなベージュ色で、なめらかなマッサージクリームのようなテクスチャー。

アスタリフトのクリームは淡いオレンジ色をしてます。

嗅いでみると、他のアイテムと同様の香りに少し甘さが加わったような柔らかい感じの香りです

使用書のとおり、頬から指の腹をすべらせていくと、肌に対して滑りが良い感じでさらっと塗れます。
指で伸ばしていくと乳化タイプのファンデーションを塗っているような感じです。

顔全体になじませると、しっとりしますが、べたつく感じはありません。
顔にツヤが出て、毛穴が目立なくなったようで肌がキレイに見えます。
使い心地良い感じです。

アスタリフトベーシックトライアルキットを実際に使った感想

今回、アスタリフトを使ってみて感じたのは、クリーム以外のアイテムは指が肌に張り付くようだったので、「肌にハリを与える即効性があるのでは」ということです。
べたつきを感じたのは、私が脂性肌のせいだと思います。

私と同じく脂性肌の人は苦手に感じるかもしれませんが、肌につける前に「温める」ように使用書に記載されているアイテムについては、しっかり手で温めてから塗ると指べたつきが抑えられるのかもしれません。

アスタリフトの肌なじみが思った以上に良くないことがわかりました。でも温めたり工夫すれば良いとも思います。

人によって感じ方は違うと思いますが、香りに敏感な人は少し苦手に思うかもしれません。
私は香りに敏感な方ですが、肌につけた後は気にするほどではありませんでした。

クリームはべたつく感じがなく、適度なしっとり感が心地良く感じたのは、クリームを塗る段階で肌にアスタリトの成分がしっかり浸透されたことなのかもしれません。
ライン使いで使用するのに適した商品のような気がしました。

肌のたるみやシワが気になる人やハリを早く実感したい人にオススメしたいエイジングスキンケア商品です。

富士フイルム アスタリフトベーシックトライアルキット商品説明

独自のナノテクノロジーで赤の成分「アスタキンサンチン」と「リコピン」が肌に潤いを与えてくれる「アスタリフト』。

富士フイルムが、写真フィルムの分野で培った独自技術で美肌効果の有効成分を極小サイズにナノ化、抗酸化力のある独自成分やコラーゲンを開発しました。

アスタキサンチンは、サケやエビ、カニに含まれる赤色成分でコエンザイムQ10の約1000倍の抗酸化力があり、肌のハリを高める効果があります。

アスタキンサンチンが多く含まれるトマトのアップ画像。

また、リコピンはトマトに含まれアスタキサンチンと同じく強い抗酸化作用があると云われています。

このアスタキサンチンとリコピンの強力な美肌成分が富士フイルム独自のナノ技術により極小化され、肌のすみずみまでしっかり浸透。

また富士フイルムが80年に渡り、研究開発された「水溶性コラーゲン」「浸透性コラーゲン」「ピココラーゲン」の3種類のコラーゲンも配合され、みずみずしくハリのある美肌に導いてくれるとのこと。

アスタリフトのジュエリーアクアリスタを使った感想を写真つきでクチコミ報告していきます。

お手入れの最初に使用する先行美容液「ジェリー アクアリスタ」には、富士フイルム独自成分「ヒト型ナノセラミド」が配合されています。

ヒト型ナノセラミドは、肌になじみやすく、年齢とともに失われていく「セラミド」不足の肌のすき間に浸透し、後に使うスキンケアアイテムの美肌成分を効果的に吸収、保ってくれる働きがあるそうです。

「赤のチカラ」が弾力のあるハリが満ちる肌に導いてくれます。

・ジェリー アクアリスタ
・ローション
・エッセンス デスティニー
・クリーム
の基本のスキンケア4アイテムが入った通販限定、5日間分の『富士フイルム アスタリフト ベーシック トライアルキット』は、初回限定で1人につき1セット限り、送料無料の税込み1,080円で購入できます。

肌の乾燥やシワ、たるみを改善したい人にオススメのエイジングケア商品です。

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他