朝食を抜くだけで毒素が抜ける!誰でもできる簡単デトックス

朝食を抜くだけで毒素が抜ける!誰でもできる簡単デトックス

あなたは、朝食をとる派? とらない派? どちらでしょう。

よくいわれるのが、「朝食べないと太りやすくなる」や「朝は排泄の時間だから食べない方がいい」といった話。

どちらも「なるほど」と思わせる根拠があって、朝食は是か非か迷いつつも、習慣のままに朝食をとっている人は多いのではないでしょうか。

しかし今、巷でじわじわ流行りだしているのが「1日2食健康法」。

朝食を抜いて1日2食にするだけで、便秘が治った、肌がキレイになった、痩せたといった声が続出しているのです。

なぜ1日2食がいいのか、今日はその理由をご説明しましょう。

朝食は排泄を妨げる?

口から入った食べ物が消化吸収され、排泄されるまでにかかる時間は、なんと18時間だそうです。

そしてこの時間をもとに、体の本来の生活リズムは、次のような3つの時間帯に分かれているといいます。

12時~20時までが「摂取と消化の時間」
20時~朝4時までが「吸収と利用の時間」
朝4時~12時までが「排泄の時間」

このリズムに沿って、昼から夕方過ぎにかけて食事をとれば、夜寝ている間にきちんと栄養が吸収され、体の各組織に行き渡るというわけです。

しかし朝の時間帯に食事をすると、排泄のリズムが妨げられ、排泄が中途半端に終わってしまうことになるのですね。

排泄が不十分ということは、体に老廃物、有害物質が溜まっていくということで、長い間には健康障害や老化を引き起こすことになるのです。

1日3食で内臓がダウン?

たとえば夜7時に夕食をとり、翌朝7時に朝食をとるとすると、夕食をとってからの経過時間はまだ12時間。

つまりまだ消化や排泄で忙しい最中に、胃腸は次に来た食べ物の消化もしなければならなくなるのです。

毎日これでは、胃腸をはじめとする内臓は休む間もありません。
特に肝臓は、消化吸収された栄養を分解合成して貯蔵したり、さらに解毒処理までと仕事が多く、常にフル回転です。

つまり私たちは朝食をとることで、内臓を疲弊させている可能性があるのです。

そこで朝食を抜けば、前日の夕食から昼食をとるまで17~18時間は空くことになり、内臓に休憩を与えることができます。

内臓が元気になれば消化吸収、排泄が活発になり、アンチエイジングの要である腸がキレイになるというわけです。

朝食が慢性疲労を招く?

いくら寝ても疲れがとれない、朝起きられない。
現代人にはそんな慢性疲労症候群が多くなっています。

この原因不明といわれる慢性疲労も、実は肝臓の疲れからきていることが多いそうです。

沈黙の臓器といわれる肝臓は、よっぽど酷くならない限り、病院で肝機能の検査をしても数値にはなかなか表れず、気づかないことが多いのです。

実際に朝食抜きの1日2食を実践したところ、慢性疲労が治ったという話は後を絶ちません。

また「食事の回数」と「尿中の排泄毒素の割合」の関係を調べた実験では、
・1日3食では、尿中毒素が75%
・昼食抜きの1日2食は、66%
・朝食抜きの1日2食は、100%
という結果が出ており、朝食抜きによって毒素排出能力が格段に高まり、肝臓や腎臓が元気になったことが分かります。

朝食抜きの効果

朝食抜きはいわば18時間のプチ断食であり、無理のない最高のデトックス法なのですね。

朝食を抜くと、老廃物の溜まらない体になり、新陳代謝もアップしますから、慢性疲労以外にも様々な健康美容効果があります。

朝食抜き1日2食の実践者からは、
・朝から体が軽く、エネルギッシュになる
・頭が冴えて集中力が高まる
・肥満だった人は痩せ、痩せていた人は体重が増える
・便秘が治る
・肌がキレイになる
といった声が多く、中には花粉症などのアレルギーが改善した例もあるそうです。

因みに、エネルギーをたくさん必要とする成長期の子供、病気などで体力のない方は朝食抜きは避けたほうがいいようです。

1日2食で50代もエネルギッシュに(まとめ)

1日2食で50代もエネルギッシュに(まとめ)

朝食抜きがいいことは分かっても、今まで3食だった人がいきなり朝食を抜くと、最初はお腹が空いてフラフラ、といったことが起こるかもしれません。

そこでまずは、消化に負担の少ない果物や飲み物、ヨーグルト、おかゆなどを朝食替わりにすることから始めましょう。
特に酵素たっぷりの果物やスムージーはオススメ。

実際に、朝は青汁だけ、スムージーだけという有名アスリートや芸能人は多いのです。

彼らの活躍や若さ、強さ、美しさは、朝は排泄の時間という体のリズムに沿った生活の賜物なのかもしれません。

はつらつ50代を過ごすために、さっそく1日2食を始めてみてはいかがでしょうか。

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他