50代オールインワンゲル厳選3品!肌悩みで選ぶ人気化粧品

50代オールインワンゲル厳選3品!肌悩みで選ぶ人気化粧品

化粧水・美容液・乳液・クリームが1つになった、多機能・時短コスメ「オールインワンゲル(オールインワンジェル)」。
「洗顔後これ1本」の便利さや時短は、忙しい50代女性の強い味方です。

しかし大人気ゆえにその数は膨大で、100以上のメーカーからそれぞれ複数のオールインワンゲルが発売されています。
これでは、どれを選んでいいか大いに迷いますね。

一方で、オールインワン化粧品1つでシミやシワの改善は無理でしょ、という声もあります。

本当にオールインワンゲルで美白やエイジングケアもしたいというのは、無理なのでしょうか?

そこで今回は、オールインワン化粧品のメリットやデメリット、肌悩みへの効果について、詳しく見てみたいと思います。

さらに、オールインワン化粧品で肌悩みを改善したい50代女性にイチオシの人気オールインワンゲル3点をご紹介します。

50代女性にオールインワンゲルがオススメな理由

オールインワン化粧品というと、たいていゲルタイプですが、その理由をご存知ですか?
ゲルには、次のような特性があるからです。

ゲルのメリット

ゲルのメリット

ゲルは、吸着性・通気性・浸透性・水分保持力に優れるという特性をもちます。
さらに、皮膚呼吸を妨げず、ターンオーバーを助け、高い保湿性で健やかな肌を守ります。

またこれらの特性により、界面活性剤を使わずに水と油を混在させることができるので、多くの添加物を使用しない無添加での製造が可能になります。
つまりゲルを使うことで、肌に優しい化粧品を作ることができるのです。

肌力が弱ってくる50代女性には、ゲルという形状そのものが大きなメリットなのですね。

因みに「ゲル」と「ジェル」の2つの呼び方があるのは、ドイツ語と英語の発音の違いと、テクスチャーの違いが関係しているようです。

ジェルはゲルより水分量が多く、さっぱりしたつけ心地。
ゲルは水分が少なめで、しっとりした弾力感があります。

ゲルの特性以外にも、オールインワンゲルには、様々なメリットがあります。
特に50代女性にとって、うれしいメリットに次のようなものがあります。

オールインワンゲルのメリット

オールインワンゲルのメリット

便利で楽

仕事や家事に忙しい50代女性にとって、スキンケアがワンステップで済むのは最大のメリットです。
旅行にもポーチにこれ一つで出かけられますね。

時短ケアができる

基礎化粧品をライン使いしようとすると時間がかかり、忙しい時はどうしても雑なスキンケアになりがち。

50代ともなると、高価な基礎化粧品をラインで揃えている方も多いと思いますが、忙しくて使いこなせていないのが現実のようです。

であれば、毎日手抜きのスキンケアを続けるより、時短コスメのメリットを活かす方が断然お肌のためです。

経済的に楽

化粧品をラインで揃えると、とても費用がかかります。しかし、多少高価でも単品で済むオールインワンゲルは、コストがかなり抑えられます。

肌への刺激が最小限

スキンケア時の手の刺激は、肌に意外と負担をかけています。
特に年齢肌では、刺激が肌老化の引き金になりかねません。

その点ワンステップのオールインワンゲルは、肌負担が圧倒的に軽くて済みます。

エイジングケアが楽にできる

エイジングケアには長期継続が必要です。
それには、頑張らないスキンケアができるオールインワンゲルは最適なのです。

以上のようにオールインワンゲルには、50代女性にうれしいメリットがいっぱいあります。
しかしデメリットもあるので、見てみましょう。

⇒オススメ化粧品を確認する

オールインワンゲルのデメリット

オールインワンゲルのデメリット

乾燥しやすい

デメリットというとよく耳にするのが、オールインワンゲルだけだと乾燥するという声。

オールインワンゲル使用者の40%は化粧水を併用している、という調査結果もあります。

そもそもスキンケアの手順は、

1.化粧水で、水分を与えて土台を整え
2.美容液で、美容成分を浸透させ
3.乳液やクリームで、潤いや美容成分を閉じ込める

この手順を丁寧に踏むことで、アイテム一つひとつが、それぞれの役割をしっかり果たすように作られているのです。

ところが、時短コスメはたった1つに3つ、4つのアイテム全ての成分が入るので、どうしても「広く浅く」になり、保湿効果にも影響が出てしまいます。

さらに、最強の保湿成分といわれるセラミドは、オールインワンゲルには配合しにくいという問題があります。

セラミドは水と混ざりにくく、水溶性のゲルには僅かな量しか配合できないため、その分保水力が弱くなってしまうのです。
ただし植物性セラミドは水溶性なので、高配合が可能です。

肌の乾燥が気になる方は、植物性セラミド配合のオールインワンゲルを選ぶようにしましょう。

モロモロが出る

つけた後に擦ると、モロモロしたカスが出てくる。
これもオールインワンゲルによく聞かれる感想です。

モロモロの正体は「浸透しきれずに肌表面に残った配合成分」。
それが乾燥し、擦るとボロボロ落ちてくるのです。

浸透しきれない原因は、
1.つけ過ぎ
2.配合成分の分子量が大きい

最近は成分を低分子にして浸透性を高め、モロモロができにくいオールインワンゲルが多くなっていますが、それでもつける量が多過ぎるとモロモロのもとになります。

商品ごとの適量を確認して、使うようにしましょう。
乾燥が気になる方は、はじめに適量をつけ、乾燥が気になる箇所だけ重ねてつけましょう。

⇒オススメ化粧品を確認する

オールインワンゲルを賢く使う

オールインワンゲルをより効果的に使うポイントを説明します。

肌悩みに応じたものを選ぶ

肌悩みに応じたものを選ぶ

オールインワンゲルの使用者で、他の基礎化粧品と併用している人は7割にのぼるそうです。

つまり何か肌悩みがあって、そのためのアイテムをプラスしている人が多いのです。

しかし最近は単なる保湿だけでなく、シミ、シワ、たるみなどの肌悩みごとに特化した、スグレモノのオールインワンゲルがたくさん出ています。

保湿、美白、エイジングケア。
自分の目的に応じたものを選ぶことで、オールインワンゲル1つで納得のスキンケアが可能というわけです。

自分にピッタリのオールインワンゲルを選ぶには、口コミや人気に惑わされず、配合成分や技術などの特徴をしっかり見極めることが大事です。

また最大限の効果を得るために、次の使い方を心掛けましょう。

オールインワンゲルスキンケアのポイント

1.ハンドプレスで浸透を助ける

ゲル(ジェル)は伸びがいいので、つける量は少量で十分です。
「肌への摩擦軽減」のメリットを活かすためにも、つけたら擦らず、温かい手のひらでしっかり馴染ませましょう。

  • 薄くムラなく伸ばしてハンドプレス
  • 気になる部分は乾いてから重ね塗り

これで、浸透性が高まってライン使いに近い効果が得られ、モロモロ防止にもなります。

2.朝と夜とで量を使い分ける

朝は使用量を少なめにすれば、ベタツキによる化粧崩れが防げます。
乾燥が気になるなら、化粧水をプラスしましょう。

3.朝と夜とで他のアイテムと使い分ける

忙しい朝は、オールインワンゲル1つで。
夜は、他の基礎化粧品と併用して気になる部分を強力ケア。

時間にゆとりがある夜は、こんな使い方もオススメです。

  • 入浴中に少し厚めに塗ってパック
  • たっぷりの量でマッサージ

メリハリのある使い方で、オールインワンゲルのメリットを大いに活用しましょう。

50代女性にオススメの、悩み別オールインワンゲル3点!

1.乾燥が気になる方に:メディプラスゲル

メディプラスゲル

3種類の高濃度セラミドをはじめ保湿効果の高い66種類もの美容成分が、たっぷり配合されている高保湿オールインワンジェル。

敏感肌でも安心して使える無添加処方なので、肌に優しく、しっかり潤って乾燥しないオールインワンをお探しの方にオススメです。

▼主な有効成分

  • 3種類の高濃度セラミド
  • 3種類のヒアルロン酸
  • 2種類のコラーゲン
  • プラセンタエキス
  • ビタミンC

特長1:3種類の高濃度ヒト型セラミド

メディプラスゲルにはセラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱ、3種類のヒト型セラミドが高濃度で配合されています。

ヒト型セラミドとは、私達人間の皮膚にもとからあるセラミドと、ほぼ同じ構造をしたセラミドで、保湿力や浸透力が優れているのが特徴です。

メディプラスゲルには、数種類あるヒト型セラミドの中でも、肌の保湿に特に重要な3種類のセラミドが配合されています。

セラミド1…肌のバリア機能を強化して、水分の蒸発や外部刺激から肌を守る。
セラミド3…優れた水保持力で肌の乾燥を防ぎ、シワを目立たなくさせる。
セラミド6Ⅱ…保湿力が高く、ターンオーバーを促進する効果もある。

この3種類のセラミドが、肌の水分保持機能を強化して、乾燥に負けない潤いのある肌を育てます。

特長2:66種類の美容成分を配合

ヒト型セラミド以外にも、保湿効果の高い3種類のヒアルロン酸や2種類のコラーゲン、エイジング効果の高いプラセンタエキス、美白効果に優れたビタミンCなど、66種類もの美容成分を配合しています。

これらの美容成分が肌の乾燥予防はもちろん、シワやたるみ、シミやくすみなど、50代女性が気になる肌トラブルを改善、予防してくれます。

2.シミ・くすみが気になる方に:ホワイトニングリフトケアジェル

ホワイトニングリフトケアジェル

美白効果の高い有効成分プラセンタエキスを高濃度配合した、シミ対策用薬用化粧品です。
プラセンタエキスは、メラニンの生成を抑えシミの発生を防ぐと同時に、メラニンの排出を促し、できてしまったシミも目立たなくします。

▼主な美容成分

  • プラセンタエキス(薬用成分)
  • シコンエキス
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸

特長1:医薬部外品

厚生労働省より美白効果が認められている、有効成分プラセンタエキスを高配合した医薬部外品なので、シミの改善と予防どちらにも効果的です。

特長2:ターンオーバーを促進

プラセンタエキスとシコンエキスは、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を活性化させる働きがあり、メラニン排出に効果的。

そのため、シミの予防だけではなく、できてしまったシミの改善にも有効です。

特長3:保湿効果もバッチリ

プラセンタエキスは、ターンオーバーを活性化することで、肌の保水力アップにも効果的です。

またホワイトニングリフトケアジェルには、コラーゲンやヒアルロン酸もたっぷりと配合されているので、保湿効果もバッチリ。

そのため、肌のシミの改善と同時にシワやたるみも改善したい50代女性にもおすすめです。

3.シワ・たるみが気になる方に:リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

「リペアジェル」は、年齢肌のエイジングケア目的で開発されたオールインワンジェル。
オールインワンでシワ、たるみを改善したい方に、オススメの1品です。

▼主な美容成分

  • アミノ酸生命体
  • ビタミンC生命体

特長1:全て植物由来の美容成分

原料は100%植物由来で低刺激。
それでいて納得の効果と肌への優しさが実感できるのは、水は1滴も使用せず、全てが美容成分でできた高濃度美容液だからです。

特長2:二つの「生命体」成分

ビタミンCとアミノ酸は、コラーゲン生成と潤いに欠かせない成分。
この二つの成分を、画期的技術により純粋な状態で長期安定化したものが、「ビタミンC生命体」と「アミノ酸生命体」です。

通常のものと比べて、肌への親和性・浸透性が全く違うそうです。
このため、コラーゲン生成促進効果と潤い効果が格段に高まり、乾燥知らず、たるみしらずのハリ肌を作ってくれるのです。

気になる点1:価格が高い?

約2か月分で16200円というのは、オールインワンコスメの中でもかなり高め。
しかし、リーズナブルに使える方法があります。

水は一切なしのリペアジェルは、かなり濃厚なテクスチャー。
そこで、トライアルキットについているリペアウォーターか、精製水を混ぜて使ってみましょう。

化粧水のようにサラッと馴染み、重さがなくなってむしろ使いやすいくらいです。
これで3ヶ月くらい使えるので、コストはかなり抑えられますね。

気になる点2:ニオイが鉄みたい?

たまに口コミで見かけるのが、「鉄っぽいニオイがする」こと。
成分同士の結合で発生するニオイだそうで、かすかですが敏感な人は気になるかもしれません。

美容のプロが「最高の美容液」と絶賛の「リペアジェル」。
ハリ肌を目指す50代女性に、まずはトライアルからオススメです。

忙しくてもキレイを諦めない50代女性に(まとめ)

時間・手間・コストの節約、肌への負担軽減。
さらにオールインワンゲルは、保湿・美白・エイジングケアと目的を絞って選べば、肌悩みの改善にも納得のスキンケアができるでしょう。

特に継続が大事なエイジングケアには、簡単で楽なオールインワンゲルはピッタリ。

1分でも惜しい慌しい朝、疲れてすぐベッドに入りたい夜。
手抜きのスキンケアでエイジングが進みやすい50代女性こそ、オールインワンゲルを賢く使ってキレイを目指したいですね。

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他