太ると食欲が増す!?危険な秋太りを撃退する2つの秘策とは?

太ると食欲が増す!?危険な秋太りを撃退する2つの秘策とは?

夏バテがウソのように、何を食べても美味しい秋。
これも冬に備えて脂肪を蓄えようとする体の仕組みで、自然のことなのです。

しかしその先に待っているのは…恐怖の「秋太り」。

何が怖いかというと、秋についた脂肪はさらなる脂肪を呼び、歯止めがかからなくなるからです。

年明け頃には、顔は真ん丸、お腹デップリなんて真っ平ですよね。
それなら、秋太りは絶対阻止!

ご紹介するのは、超シンプルで、しかし効果絶大な2つのトレーニング。
既に食欲の秋に突入している方も、冬太りに怯えている方も、必見です!

秋太りの危険性

・体重が増えると食欲が増す
ダイエットしていて、順調に落ちていた体重がピタッと止まってしまう「停滞期」を経験した人は多いでしょう。

これは、体には体重を一定に保とうとする働きがあり、これ以上痩せまいと脂肪を燃やさなくなってしまうからです。

また、太り始めると、食欲が止まらなくなることがありますね。
これも、いったん体重が増えると、体は現状を維持するために、栄養をたくさん取り込もうとするからです。

・秋太りから冬太りへ
美味しいものが溢れる秋。
一口だけ、この一口で終わりにしようと思いつつ、つい手が伸びてしまいます。

しかしいったん食べ出すと、食べるほどに食欲が止まらない!
負のスパイラルに入ってしまうのです。

そして痩せることができないうちに、すぐに冬がやって来ます。
クリスマス、忘年会、お正月と、ご馳走攻めの冬が…。

冬太りの危険性

冬太りの危険性

冬は、寒さから身を守ろうとエネルギー消費が増えるので、基礎代謝が上がって痩せやすいといいます。
しかし、実はここにも体の現状維持機能が働くのです!

つまり、エネルギーが使われる分、それを補おうとして体は省エネモードになってしまいます。
結果、脂肪が燃焼しにくくなって太ってしまうことに。

さらに、冬には太る三大要因があります。

1. 食べ過ぎ
イベント時の食事は油ものと共にお酒も入り、また気分も高揚して、暴飲暴食になりがち。

体重についての意識調査によると、78%もの女性が、1年の中で最も体重が気になるのは1月だと答えているのです。

2. 運動不足
寒さで運動はもとより、日常でも体を動かすことが減少。
さらに秋太りのまま冬に入ると、体が重いためにますます運動したくなくなります。

3. 冷え
体が冷えると血行が悪くなり、基礎代謝が低下します。
さらに、体は冷えを防ごうと脂肪を蓄えるようになり、太ってしまうのです。

秋太り阻止:インターバル速歩

冬になって雪だるま式に太らないために、秋の過ごし方は重要です。

・ウォーキング
普段運動をしていない人は特に、気候のよい秋のうちにウォーキングなどを始め、習慣にしたいものです。

有酸素運動は、緩やかな運動でありながら、体中に取り込まれた酸素により脂肪燃焼が促進され、続けることで痩せやすい体にしてくれます。

・インターバル速歩
ウォーキングをぐっと効果的にするのが、「インターバル速歩」。
「ゆっくり歩き」と「はや歩き」を交互に行うウォーキングです。

やり方は、
①歩き始めの5~10分は、ゆっくりペースで。
②次に、大股歩きの速歩を3分(慣れてきたら5分)。
③再び、ゆっくり歩きを3分。

②と③を1セットとして1回2セット、①を入れても20分程で済みます。
できれば1週間で10~15セット行い、慣れて体力がついてきたら、3分を5分にしてみましょう。

秋太り阻止:タバタ式トレーニング

・4分で痩せる運動
もう一つ、忙しくて運動する時間がとれない、という方にうってつけなのが「タバタ式トレーニング」です。

やり方は、
①20秒間、その場足踏みを全速で行う。
※ポイントは、膝を太腿の付け根の位置まで高く上げること。
②10秒間休む。

これを8回繰り返すだけ(トータル4分)、しかも週3回でOKなのです。
「全力20秒、休憩10秒」のインターバル効果で、たった4分でなんと、

ジョギングの5倍の新陳代謝アップ、
エアロビクス60分と同等の脂肪燃焼効果が!

その場足踏みでなくても、スクワットでも自転車こぎでも、ややキツいと感じる運動であれば何でも構いません。

ただし、短時間で済むとはいえ、全速の運動はかなり心拍数が上がるので、体力に自信がある人にオススメです。

究極の若返り運動を始めよう(まとめ)

究極の若返り運動を始めよう(まとめ)

インターバル速歩やタバタ式トレーニングが、痩せる効果が高いのはなぜでしょう。

それは、有酸素運動の合間にキツめの運動を入れることで、ミトコンドリアが増えるからです。

ミトコンドリアは、細胞内にあってエネルギー産生の中枢を担う器官。
呼吸で取り入れた酸素を使って糖や脂肪を燃やし、エネルギーを作り出します。

低負荷の後に高い負荷がかかると、体はエネルギーの産生が間に合わなくなり、急いでミトコンドリアを増やすので、脂肪がどんどん燃焼されるというわけです。

インターバル速歩はダイエットだけではありません、これだけのアンチエイジング効果があるのです。

・美肌作り
・筋力アップ
・持久力アップ
・免疫力アップ
・認知症予防
・うつ病改善

時間対効果も素晴らしいとあっては、もう、やるしかないでしょう!

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他