放置すると心筋梗塞に!?怖い「秋バテ」の速攻解消法はこの3つ

放置すると心筋梗塞に!?怖い「秋バテ」の速攻解消法はこの3つ

残暑も和らいでホッとする頃になって、次のような症状で病院を訪れる人がここ数年増えているそうです。

・食欲不振
・全身倦怠感
・肩コリ、頭痛
・目まい、立ちくらみ
・不眠
・無気力

夏バテそっくりの症状ですが、実はこれは「秋バテ」。

季節の変わり目の体調不良なんて、よくあることでしょ?
そう考えているあなたは、危険です!

秋バテのまま冬に突入したら、待っているのは
インフルエンザ、肺炎、心筋梗塞、脳梗塞…?

「秋バテ」は、単なるだるさや不眠では済まないのです。
今日ご紹介する「3つ+α」の方法で、速攻解消してしまいましょう。

秋バテの原因

なぜ、涼しい秋になって夏バテのような症状が出るのでしょうか。
原因は、主に次の2点。

1. 夏の食生活のツケ

夏の冷たいものの摂り過ぎで起こる「内臓冷え」。
これが胃腸の不調だけでなく全身の血行を悪くし、秋になって疲労感やだるさ、肩コリを引き起こします。

2. 自律神経の乱れ

・秋の気候(低気圧)
秋になると、日本の上空を低気圧が通過することが多くなります。
低気圧、つまり空気中の酸素濃度が低くなると、その状態に慣れようとして自律神経がバランスを崩しやすくなります。

・秋の気候(寒暖の差)
私たちの体は、暑い夏は副交感神経優位に、寒い冬は交感神経優位になります。

秋はこの二つの自律神経の切り替わり時なので、それでなくても不安定になりがちです。

さらに、秋は朝夕と日中の寒暖差が激しく、時には10℃以上の温度差がある時も。
それに何とか対応しようとして、自律神経が乱れてしまうのです。

秋バテの解消法

秋バテの解消法

このように秋バテは、自律神経の乱れ、特に交感神経の緊張がほぐれないことが主因です。
そこで、秋バテを解消するには、

1. 入浴
お風呂に入って「体が温まる」と、脳は「リラックスしている」と感じ、副交感神経を活動させます。
そうすると、

血管が拡張して全身に血液が行き渡り、
筋肉が緩み、
腸の動きが活発になります。

そして、さらに体温が上がり、リラックスし、副交感神経が働くという、よい循環が生まれるのです。

2. 夜の適度な運動
自律神経のためには、夜のウォーキングがオススメ。
深いゆっくりした呼吸ができるウォーキングは、副交感神経を働きを高めます。

なぜ夜かというと、朝は交感神経優位で血管が収縮し、筋肉が硬くなっていてケガや体調不良を起こしやすいから。

夕食後から寝る1、2時間前に、30分~1時間を目安にのんびり歩きましょう。

3. 食事
ショウガや根菜を使った熱々料理で、胃腸を温めるのも効果的。
また、食事時間を決めて生活リズムを整えることも、自律神経を安定させます。

アロマをプラスしよう

秋バテは、一刻も早い解消が必要。
それは、自律神経が不安定のまま寒い冬に入ると、血行不良が悪化し、免疫や代謝が低下してしまうからです。

感染症に罹りやすくなったり、怖いことに、心筋梗塞や脳梗塞の引き金になることもあるのです!

早く解消するには、アロマの力を借りるのもいい方法です。
オススメのアロマオイルは、次の3つ。

1. ベルガモット
甘くフルーティーな香りの柑橘系アロマ。
不安感や落ち込み、不眠に。

2. クラリセージ
女性ホルモンのエストロゲンと似た分子構造の成分を含んでおり、マスカットのようなフレッシュな香りで、気分を鎮め、幸せ感をもたらします。

3. サンダルウッド(白檀)
呼吸を整えて副交感神経を優位にし、深いリラックスをもたらします。

・手軽に、お風呂のお湯に2、3滴
・枕やパジャマに1滴
・アロマポットで、香りとキャンドルの灯りを楽しむ

秋の夜長は、アロマで自律神経を整えるには絶好の時間。
普段アロマに馴染みがないという方も、ぜひお試しください。

夏バテ知らずが秋バテに?

夏バテ知らずが秋バテに?

毎日スタミナ食をしっかり食べて、夏バテ知らず。
そんな方にも、意外な落とし穴があることをご存知でしょうか。

秋バテの特徴は、実は、夏バテと違って体力に自信がある人でもなってしまうことなのです。

なぜなら、

・たんぱく質や脂肪の多いスタミナ食
・冷たい飲み物

夏に多いこの組み合わせの食事は、胃液の分泌を促進するガストリンというホルモンを増やします。

その結果、胃液が食道に逆流して胸やけを起こします。
さらに胃液が腸に流れると、腸からは胃の動きをストップさせる指令が出されます。

この繰り返しで秋になる頃には、胃の働きがかなり弱ってしまいます。
夏は元気に過ごせても、秋になって胃もたれや食欲不振に陥り、秋バテになる危険性は高いのです。

秋バテは万病のもと、侮るなかれ(まとめ)

「ウーマンウェルネス研究会」の調査によると、20~50代の女性390人のうち53.8%の人が、秋に体調不良になると答えています。

体を温める力が弱い女性は、秋バテにもなりやすく、また治りにくいので、秋の体調不良を侮ってはいけません。

自律神経は体温調節のかなめ。
冷え症の女性に辛い冬も、もう目の前です。

血行不良から思わぬ病気にならないためにも、冬になる前に秋バテをしっかり解消しておきましょう。

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他