太る、老ける、まさかの逆効果!天然甘味料の落とし穴とは?

太る、老ける、まさかの逆効果!天然甘味料の落とし穴とは?

美容健康に、アガペシロップを愛用している女性は多いのではないでしょうか。

砂糖の1.5倍の甘味がある上、砂糖と違って血糖値を上げにくいため、ダイエットにも最適で、ヨーグルトにかけたり、コーヒーやお菓子、お料理の砂糖代わりにと、大活躍のアガペシロップ。

ところが、です。
アガペシロップはちっともヘルシーではない?という噂が…。

かえって太る?
シミ、シワが増える?
骨粗しょう症になる?

一体、アガペシロップのどこに問題があるというのでしょう。
さっそく調べてみました。

アガペシロップのダイエット効果

アガペシロップのダイエット効果

アガペシロップとは、リュウゼツラン科のアガペという植物から摂れる天然甘味料のことです。

砂糖と違って血糖値の上昇が緩やかなことから、糖尿病や肥満によいとされてきました。
それは、アガペシロップはその90%が果糖でできているからです。

たとえば砂糖は、ブドウ糖が50%、果糖が50%の割合でできています。
このうちブドウ糖は腸から吸収されてすぐ血液に入るため、血糖値を急激に上げてしまいます。

血糖値が高い、つまり血液中に糖分が多くなると、エネルギーとして消費しきれずに余る分が増え、それが脂肪として蓄えられます。

つまり砂糖が太りやすいというのは、カロリーの高さ云々より、ブドウ糖が血糖値を上げやすく、その結果脂肪を溜めこんでしまうからなのです。

それに対してアガペシロップは、ブドウ糖が少ないため血糖値を上げにくく、太りにくいというわけです。

しかし果糖が多いことは、今度は次のような問題を引き起こします。

アガペシロップの問題点

・実はブドウ糖より中性脂肪を増やす
果糖は腸から吸収されたあと肝臓に送られ、そこで分解された果糖は、主に脂肪の合成に使われてしまいます。

その結果、肝臓、そして全身に中性脂肪が溜まっていき、しかもその度合いはブドウ糖の場合より顕著だそうです。
その上、果糖は分解の過程で尿酸を発生し、痛風の原因にもなります。

また肝臓は常に解毒の仕事でフル回転しているため、処理しきれなくなった大量の果糖が血液に流れ込み、次の更なる問題が起こります。

・糖化を促進する
糖化とは、体内の糖とたんぱく質が結びついてAGEsという老化物質を作ることです。

AGEsは一度できると分解が難しく、シミやシワ、骨粗しょう症など様々な老化現象を引き起こします。

実は果糖は、同じ糖でもブドウ糖の10倍以上糖化を起こしやすいのです。
さらに悪いことに果糖が作るAGEsは毒性が強く、大量の活性酸素を発生して細胞を酸化させます。

果糖の摂り過ぎは、「糖化」と「酸化」のダブルで老化を促進することになるのです。

アガペシロップの代替品:ステビア

アガペシロップの代替品:ステビア

血糖値は上げるものの、ブドウ糖には脳の満腹中枢に作用し、食欲を抑えるという働きがありますが、果糖にはこれすらありません。

つまり果糖は、ダイエット効果も期待できず、むしろ老化を促進するかもしれない甘味成分といえるのです。

砂糖もダメ、アガペシロップもダメ…、では一体何を摂ればいいのでしょうか。
オススメしたい甘味成分、一つ目は「ステビア」です。

ステビアはパラグアイ原産の薬草で、抽出エキスの甘味の主成分は、ステビオールという配糖体です。

ステビオールの甘味は砂糖の200~300倍という強さで、実質的にほとんどノーカロリー、清涼感のある甘味が特徴です。

気になるのは、ステビアは古くは避妊薬として使用されていたということですが、現在は研究の結果、不妊など副作用の心配がないことが解明されています。

日本及び米国やヨーロッパで、食品添加物として広く活用されていることからも、安心して摂れる甘味料といえるでしょう。

アガペシロップの代替品:羅漢果

もう一つのオススメは「羅漢果」です。

羅漢果とはウリ科ラカンカ属の多年生植物です。
羅漢果の甘味料は、その果実を乾燥し抽出したエキスから作られ、黒砂糖に似たコクのある甘味があります。

甘味の主成分テルペングリコシド配糖体には、砂糖の400倍という強い甘味があり、やはりほぼノーカロリー。

また羅漢果は、カルシウムやマグネシウム、亜鉛などのミネラルが豊富で、非常に高い抗酸化力があることでも知られています。
その理由は、羅漢果が生育する土地の気候にあります。

羅漢果が育つのは、中国の広西省「桂林」周辺に限られているそうです。
この地域は、降水量が多い上に昼夜の温度差が大きく、さらに強烈な紫外線が降り注ぐという、特殊な気候下にあります。

羅漢果の並外れた抗酸化力は、この過酷な環境で生き抜くために備わったものなのですね。

ダイエットだけでなく、アンチエイジングにも強いのが羅漢果なのです。

甘さを楽しんでダイエットしよう(まとめ)

甘さを楽しんでダイエットしよう(まとめ)

市販の清涼飲料水を見ると、「ブドウ糖果糖液糖」「果糖ブドウ糖液糖」「高果糖液糖」といった表示がありますね。

これらは、その甘味の少なくとも50~90%が果糖だということを表しています。

たとえばこの清涼飲料水が糖分12%とすると、500ml飲むと30~54gの果糖を摂る計算になるのです。

果糖は太らないとばかりに、これを1日に何本も飲んでいたら…。
怖いことですね。

もちろんブドウ糖も果糖も、エネルギー源として必要不可欠なもの。
要は摂り過ぎがよくないわけですが、しかし甘さを控えてばかりでもストレスが溜まります。

ステビアや羅漢果を賢く活用すれば、「脂肪の蓄積」も「糖化」も気にせずに、思いっ切り甘さを楽しめるというものです。

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他