がん、認知症を引き起こす「リーキーガット症候群」とは?

がん、認知症を引き起こす「リーキーガット症候群」とは?

「腸活」という言葉に代表されるように、近年、健康長寿の要としてクローズアップされているのが「腸」です。

腸というと女性が気になるのは便秘ですが、近年になって急増してい「リーキーガット症候群」という腸トラブルはご存知でしょうか。

リーキーガットは、糖尿病などの生活習慣病、がん、アレルギー、認知症を引き起こす新たな脅威として、世界的に注目を集めています。

実はリーキーガットは、日本人の7割に見られるというほど身近な症状であり、何となく続く体調不良が、リーキーガットが原因だったということも珍しくありません。

一体、リーキーガット症候群とはどんなもので、何が原因で起こり、なぜ深刻な病気に繋がってしまうのでしょうか。

リーキーガットの予防法と共に、詳しく分かりやすくお伝えします。

リーキーガット症候群とは

リーキーガット症候群(Leaky Gut Sindrome:LGS)とは、簡単に言うと「腸漏れ症候群」のこと。
Leakyは「漏れている状態」、Gutは「腸」の意味です。

リーキーガットは、腸壁に微細な穴が開き、そこから、本来は排除されるはずの有害物質が血管内に漏れ出している状態、を指しているのです。

一体なぜ、腸にそんなことが起こるのでしょうか。

リーキーガット症候群はこうして起こる

そもそも腸は、次のような役目を担っている重要な臓器です。

1. 消化器官としての役割

食べ物を消化して栄養素を吸収し、便を作って老廃物と共に排泄します。

2. 免疫器官としての役割

腸には免疫細胞の70%が集中しています。
病気から体を守る免疫力は、腸が鍵を握っているのです。

3. バリアとしての役割

腸は、体の内部にありながら直接外界と接している臓器であり、食べ物と共に、細菌・ウィルス、化学物質、重金属など多くの有害物質が入ってきます。

そこで、異物の侵入を防ぐために、腸は次のようなバリア機能を備えています。

  • 腸管の表面に粘液層を形成
  • 腸管の細胞どうしを強固に接着(タイトジャンクション)

このバリア機能が破綻し、防衛の働きができなくなってしまうのが、リーキーガット症候群です。

リーキーガットでは、何らかの原因で腸の粘膜や細胞間のタイトジャンクションが阻害され、腸壁に穴が開いて、本来ブロックされるはずの未消化の食べ物や有害物質が血中に漏れ出すようになります。

有害物質は血液に乗って全身に回り、これを排除しようと免疫細胞の働きが活発化するため、大量の活性酸素が発生します。

活性酸素は、腸だけでなく体のいたる所に炎症を生じさせ、じわじわとダメージを広げていくのです。

炎症は体の防衛反応、つまり免疫がしっかり機能している表れなのですが、全ての病や不調は、この炎症から始まることになります。

肥満、動脈硬化、糖尿病、肝臓病、血管障害などの生活習慣病、アレルギーやがん、さらにアルツハイマー病も、リーキーガットが関係しているといわれています。

また、病気というほどでなくても次のような症状が続くなら、リーキーガットに要注意です。

  • いつも頭がボーっとしている
  • 頻繁に眠気に襲われる
  • 疲れが取れない
  • 下痢や便秘を繰り返す
  • 花粉症、鼻炎

では、何が原因でリーキーガットは起こるのでしょうか。

リーキーガットを引き起こす原因

リーキーガットを引き起こす原因

リーキーガットになる主な要因は、私たちが毎日口にするものにあります。

具体的には、食べ物や薬、サプリメントなどに含まれる次のような物質です。

  • 化学物質(残留農薬、食品添加物、人工甘味料)
  • 白砂糖
  • 小麦に含まれるグルテン
  • 乳製品に含まれるカゼイン
  • 抗生物質

ここでは、代表的なものとして「化学物質」、「砂糖」、「グルテン」を取り上げます。

・化学物質、砂糖

農薬や食品添加物などの化学物質は、腸内の善玉菌を死滅させて腸内環境を悪化させます。

腸内には様々な常在菌が棲んでいますが、中でも問題になるのが「カンジダ菌」です。

カンジダ菌は真菌の1種で、通常、健康な腸内では悪い働きをすることはありません。

カンジダ菌は本来、人間の体に普通に生息しているもので、ワインや味噌を発酵させる酵母菌にもなる有用な菌でもあるのです。

しかし、腸内環境が悪化するとカンジダ菌は異常繁殖し、菌糸の形をしたカビ菌となります。

このカビ菌の菌糸が腸粘膜に侵入し、腸壁を破壊するようになり、リーキーガットを引き起こすのです。

また砂糖や糖質はカンジダ菌の大好物なので、過剰摂取するとカンジダ菌増殖の大きな要因となります。

・グルテン

化学物質や砂糖がカンジダ菌を介してリーキーガットを起こすのに対し、直接的に腸壁を破壊するのが小麦に含まれるグルテンです。

今、アメリカを始めとして日本でも、「グルテンフリー」という、小麦製品を摂らない健康法が流行っています。

グルテンフリーでは、グルテンがアレルギーなどの免疫異常や様々な疾患を引き起こすとされており、そこにあるのがまさにリーキーガットなのです。

グルテンとは、小麦粉を水で練った時に出る、粘りと弾力のもとになるたんぱく質です。

グルテンがなぜ悪いかというと、グルテンにはグリアジンが含まれており、グリアジンが腸に入ると、腸からゾヌリンというたんぱく質が分泌されるからです。

ゾヌリンは、腸の細胞間の結合(タイトジャンクション)を緩めたり閉じたりして、必要な物質の通りを良くするという役目があり、本来は体にとって必要なものです。

しかし毎日グルテンを摂り、ゾヌリンがたくさん分泌され続けると、細胞の結合が緩みっぱなしとなり、そこから有害物質がどんどん入り込むことになります。

パンやパスタ、洋菓子などの小麦製品をたくさん食べる生活は、リーキーガットを引き起こして、アレルギーなど多くの病気の原因になるというわけです。

しかし、小麦が全て悪というわけではありません。
人間は古くから小麦でできたパンを食べてきたのに、昔は小麦アレルギーはほとんどありませんでした。

それは、昔使われていたヒトツブコムギやフタツブコムギといった小麦は、グリアジンの含有量が非常に少なかったからです。

それが品種改良を重ねることで、現代ではグリアジンの多い小麦が普及し、小麦アレルギーを増やしているのです。

グルテンフリーを実践することで、アレルギーが軽減・改善したり、原因不明の不調が良くなったという例は数多く報告されており、グルテンフリー運動はますます広がる傾向にあります。

また、グルテンと同様の作用は、牛乳のカゼインにもあることが指摘されています。

これらの物質を「大量に」「摂り続ける」食生活が、リーキーガットを引き起こすことになるのです。

リーキーガットとリーキーブレイン

リーキーガットとリーキーブレイン

このように、リーキーガットは腸のバリア機能が破壊されて起こるものですが、同様のことが脳にも起こります。

全身の司令塔である脳は、少しの異常でも生死に関わります。
そこで脳には「血液脳関門」という厳格なバリア機能があって、脳に害を及ぼす異物の侵入を防いでいます。

リーキーガットのように、この血液脳関門のタイトジャンクションが壊れ、バリアの働きが失われてしまうのが「リーキーブレイン」です。

リーキーブレインは、リーキーガットを発端に起こります。
リーキーガットによって血中に入ったカビ菌やゾヌリンが血液脳関門に達し、関門のタイトジャンクションを破壊してしまうのです。

このため、脳に害を及ぼす物質がどんどん入り込み、脳内に慢性的な炎症が発生し、脳神経細胞が侵されていきます。

うつ病、統合失調症、自閉症、ADHDといった精神疾患やアルツハイマー病の要因として、今、最も危険視されているのがリーキーブレインです。

アルツハイマー病患者の脳では、

  • 脳内に炎症が発生している
  • 脳内に真菌(カビ菌)やウィルスが侵入している

ということが確認されており、世界中の多くの論文で、リーキーブレインと「アルツハイマー型認知症」の因果関係が指摘されています。

アルツハイマー型認知症は、これまで老化が主な原因とされてきましたが、現在ではカビ菌やヘルペスウィルスの侵入が大きな要因とされているほどです。

さらに、アルツハイマー型認知症の原因物質とされるアミロイドβは、侵入した有害物質に対する防衛反応として、脳が産生するものだという説も発表されています。

このようなことから、リーキーブレインはアルツハイマー病の大きな要因と考えられるのです。

リーキーガット、リーキーブレインを防ぐには

  • インスタントやレトルト食品が多い
  • カロリーオフの人工甘味料を摂っている
  • 甘いものが大好き
  • パンやパスタ、麺類が大好き
  • 風邪薬や鎮痛剤をよく飲む

以上に複数のチェックが入る方は、ぜひ、リーキーガット&リーキーブレイン対策を始めることをお勧めします。

1. 食生活の見直し

食生活の見直し
食生活における予防の第一歩は、添加物を含む加工食品(インスタント、レトルト食品、お惣菜、お弁当、清涼飲料水)や薬剤を避けること。

できるだけ無添加食品を摂るようにし、白砂糖や甘味料を極力減らしましょう。

グルテンやカゼイン対策には、「小麦粉パン→米粉パン」、「牛乳→豆乳、ココナッツミルク、ライスドリンク」、「ヨーグルト→豆乳ヨーグルト」といった代替食があります。

最近は、ネットショップなどでグルテンフリーの食材を入手することもできます。

グルテンもカゼインも大量に摂り続けることが問題なので、まずは、徐々に減らすことから始めてはいかがでしょうか。

2. 電磁波を遠ざける

リーキーブレインのもう一つの大きな原因とされているのが、電磁波(マイクロ波)です。

強い電磁波に晒されると、血液脳関門のタイトジャンクションが緩んでしまうことは、1975年にアメリカの神経科学者によって発表されており、既に定説となっています。

携帯電話にスマホ、Wi-Fi、無線LAN、電子レンジ、IH調理機器など、あらゆる電化製品から、そして自然界からも電磁波は発せられています。

そんな現代で電磁波を完全にカットすることは不可能ですが、少しでも電磁波から身を遠ざける工夫をしたいものです。

3. リーキーガットを回復させる成分を摂る

リーキーガット対策は、まず食生活の見直しや電磁波カットで、原因物質をできるだけ減らすことが先決です。

また、睡眠不足やストレスも腸内環境を悪化させる要因。
リーキーガットを予防するには、生活習慣の改善も大切なのです。

その上で次の成分や食品を摂ると、リーキーガットのダメージ回復を早める効果が期待できます。

・乳酸菌(特に植物性)

乳酸菌は腸内環境を改善し、カンジダ菌の増殖を抑制します。

中でも漬物に含まれる「ラクトバチルス・プランタラム」は、リーキーガットの腸壁の修復にも効果的です。

ラクトバチルス・プランタラムは、ぬか漬けやしば漬け、キムチ、ザワークラウトなどの酸っぱさの素になっている乳酸菌。
漬物の健康効果を再認識し、ぜひ毎日の食事に加えたいものです。

・ココナッツオイル

ココナッツオイルのカプリル酸には、カンジダ菌を抑制する作用があります。

その詳しい仕組みはまだ解明されていませんが、ココナッツオイルのカンジダ菌に対する抗菌力は抗生物質に匹敵することが、実験で確認されているそうです。

・オメガ3系脂肪酸

青魚のDHAやEPA、亜麻仁油、エゴマ油などのオメガ3系脂肪酸には炎症を鎮める作用があり、リーキーガットを予防し、腸壁の回復をサポートします。

・にんにく、ショウガ

にんにくの成分アリインにもカンジダ菌の抑制作用があり、ショウガのジンゲロールやショウガオールには、カンジダ菌抑制作用に加えて抗炎症作用があります。

・L-グルタミン酸

L-グルタミン酸は、医療分野では潰瘍組織の再生治療に使用されており、腸壁の穴の修復にも効果的です。

L-グルタミン酸は体内でも作られているアミノ酸であり、肉や魚、大豆製品、乳製品、卵、野菜から広く摂ることができますが、体内での消費も激しく、どうしても不足しがち。

さらに、リーキーガットの腸は栄養の吸収力も低下しているため、効率的に摂れるサプリメントがおすすめです。

ただしサプリメントは、添加物の入っていない品質のよいものを選ぶことが大切です。

まとめ

まとめ

最近は腸の大切さがよく知られるようになり、乳酸菌を摂るなど腸活に励む人が増えています。

しかし、「毎日の食事」が腸のバリアを壊していることは、気づいていない人がほとんど。

良いものを摂っても、悪いものをどんどん入れていては意味がないのです。

がんを始めとして、全ての病気は炎症から始まるといいます。
そして体中に炎症の種を撒くのが「リーキーガット」であり、リーキーガットは万病のもとと言っても過言ではありません。

疲れがとれない、いつも眠い、下痢や便秘を繰り返す、鼻炎もち…、そんな何となく体調が悪いというレベルのうちに、ぜひ食生活を見直し、健康な腸と脳を取り戻したいものです。

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他