大人女性の美の秘訣は愛情ホルモン!オキシトシンで若々しく!

大人女性の美の秘訣は愛情ホルモン!オキシトシンで若々しく!

近年、美容成分の研究開発には目覚しいものがあります。
中でも今、多くの化粧品メーカーの熱い視線を集めている成分が、「オキシトシン」です。

オキシトシンは、最新科学の分野で研究が急ピッチで進み、セロトニンと並んで近年よく知られるようになったホルモンです。

愛情や思いやり、感動などにより分泌されることから、「愛情ホルモン」「幸せホルモン」「信頼ホルモン」「癒しホルモン」など、様々な呼び方をされています。

そんなオキシトシンがこの数年、盛んに研究されるようになったのは、オキシトシンが美容や若返りに深く関わっていることが分かってきたから。

今日は、今話題の美容ホルモン、オキシトシンに迫り、美肌効果を中心に、オキシトシンの多様な美容健康効果をご紹介したいと思います。

さらに、誰でも簡単にできるオキシトシンの効果的な増やし方も、詳しくお伝えします。

美肌を作るオキシトシン

オキシトシンは、出産や子育てに深い関わりを持つホルモンとして古くから知られており、母親と子供の感情的な絆を形成する「母性のホルモン」といわれています。

赤ちゃんにお乳をあげる時のお母さんには、大量のオキシトシンが分泌され、子供に対する深い愛情が生まれます。

子供と母親だけでなく、体温を感じるものと触れ合うこと、つまり握手や抱擁、マッサージといったスキンシップによって、オキシトシンは分泌されるのです。

また、「肌(体)の触れ合い」だけでなく、親切にしたりされたりという「心の触れ合い」でも、オキシトシンはたくさん分泌されます。

つまりオキシトシンは、他者との温かい繋がり(愛)を感じ、幸せな気分になった時に分泌される「愛情ホルモン」というわけです。

オキシトシンの多様な効果

人を幸せな気持ちにするオキシトシンは、心や体に様々な影響を与えます。

  • ストレスの緩和
  • 不安、恐怖心の軽減
  • 社交性、好奇心の向上(人と関わりたくなる)
  • 学習能力、記憶力の向上
  • 免疫力アップ

さらに医療の観点からは、次の効果も注目されています。

  • 痛みの緩和
  • 傷の治癒が早くなる
  • 筋肉の緊張が減る
  • 心拍数、血圧が低下する
  • 胃腸の働きが活発になる
  • 認知症の症状の軽減
  • 自閉症の症状の軽減

このようにオキシトシンの効果は実に多岐にわたりますが、さらに嬉しいことに美肌効果まであるというのです。

オキシトシンが肌質を向上させる

オキシトシンが肌質を向上させる

花王は、「こころで感じるスキンケア研究」として、次の研究知見を発表しています。

行われた実験は、対象の女性グループにハンドプレスを行うスキンケアをしてもらい、体内のオキシトシン量の変化を調べるというもの。

まず顔を両手で包み込んでハンドプレスを30秒間行い、次に手を離して30秒間待つ、この動作を5回繰り返したところ、唾液中のオキシトシン量の増加が確認されました。

そして、オキシトシン量が多いと、肌のキメの整い感やつや、なめらかさが向上することが分かったのです。

では、オキシトシンはどういう仕組みで肌質を改善してくれるのでしょうか。

肌の幹細胞を活性化

オキシトシンの美肌効果は、肌の再生力を高めることにあります。

脳から分泌されるオキシトシンは、血液に乗って肌まで到達し、表皮と真皮でIGF-1(インスリン様成長因子)を分泌させます。

IGF-1には細胞のもとになる幹細胞を活性化する働きがあり、そのため肌の生まれ変わりが活発になるのです。

幹細胞の活力が低下すると、肌は衰え始めます。
そんな年代の肌も、オキシトシンを増やすことで元気を取り戻すことができるわけです。

オキシトシンは肌でも作られている?

資生堂リサーチセンターが行った肌の解析では、特殊な顕微鏡によって意外なものが確認されています。

肌の表皮部分に、オキシトシンがたくさん存在していることが分かったのです。

このオキシトシンは脳から分泌されたものではなく、皮膚細胞自身が作り出したものではないかと考えられています。

つまり、肌に触れて生まれるオキシトシンは、脳だけでなく皮膚においてもたくさん分泌され、直接、美肌効果を高めているといえるのです。

オキシトシンの更なる美容健康効果

中高年の女性にとって、オキシトシンの効果にはさらに嬉しいものがあります。

オキシトシンは血液に乗って体中を巡り、各組織の幹細胞を活性化するため、「骨粗しょう症の予防・改善」や「若々しい筋肉の維持」にも役立ちます。

また、オキシトシンには迷走神経を活性化して食欲を抑える作用があることも分かっており、「ダイエットや肥満治療」への効果が期待されているのです。

特にダイエット効果では、肥満マウスを使った興味深い実験報告があります。

実験は、オキシトシンを投与したグループと、投与しないグループに分け、10日間にわたって行われました。

その結果、オキシトシンを投与したマウスはわずか2日で体重が大きく減少し、その後も体重を維持したのに対し、投与なしのグループでは体重に変化はなかったそうです。

ダイエットで大切なのは、体重を落とすだけでなく、適正体重が維持できること。
この点で、オキシトシンには理想的なダイエットが期待できるのです。

オキシトシンを増やすには

オキシトシンは、一部では自閉症や知的障害の治療に注射や点鼻剤として使われており、良好な結果が報告されています。

その一方、オキシトシンの美肌、若返り効果については、科学的に解明されてはいるものの、残念ながら実用化はまだまだ研究段階です。

しかし、オキシトシンは脳から分泌されるホルモンなので、外から補充しなくても、何歳になっても自分で増やすことができるのが強みです。

では、どうすれば、オキシトシンをたくさん分泌させることができるのでしょうか。

マッサージ

マッサージ

オキシトシンを増やす最も効果的な方法は、好感や信頼感を持っている人とのボディタッチやマッサージです。

スウェーデンでは、「オキシトシンタッチ」という背中を撫でるマッサージ法が開発され、慢性的な痛みの治療に活用されています。

確かに背中を撫でられると、気持ちが落ち着いて気分が良くなるものですが、特にオキシトシンタッチは、オキシトシンの分泌量が格段にアップするそうです。

やり方は、まず相手の背中に、両方の手のひらをぴったりつけます。
そして、背中の中心から外側に広げながら、円を描くように優しく撫でていきます。

時間は10分ほどでいいのですが、ポイントは、手のひらを密着させること、力を入れないこと、リラックスして行うこと、そして撫でるスピードです。

オキシトシンの分泌が最も高まるのは、秒速1~10cmのゆっくりしたスピードでタッチされた時。
このスピードが、脳への刺激の伝わりを最も強くするのだそうです。

実践する時は、間をとって秒速5cmを目安にするといいでしょう。

では、ゆっくりしたスピードがなぜ脳をよく刺激するのかというと、その理由は「C触覚繊維」と呼ばれる神経にあります。

C触覚繊維は皮膚の表面近くにあり、触覚の刺激を脳に伝える仕事をしていますが、その活動はゆっくりした触感の時に活発になるからです。

オキシトシンタッチの嬉しいところは、マッサージされた人はもちろんですが、むしろマッサージした人の方がオキシトシンの増加量が大きいこと。

相手を思いやりながら触れることで、自身もオキシトシンの分泌が促進されるのです。

オキシトシンタッチは日本でも介護の現場で活用され、良い結果を得ているそうです。

パートナーやご家族と、オキシトシンタッチを毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。

心が満たされることをする

心が満たされることをする
オキシトシンは一人でも増やすことができます。

  • 感動できる映画や小説、音楽で、思い切り自分の感情を出す
  • 人に親切にする、感謝の気持ちを持つ
  • 犬や猫など動物や、大自然と触れ合う
  • 大好物を食べる

つまり、心が満たされ、心地よくなることをすれば、オキシトシンはどんどん分泌されるのです。

好きな香りを嗅ぐ

良い香り、好きな香りは脳を心地よくし、オキシトシンの分泌を高めます。

メナード化粧品では、特にローズ、オレンジフラワー、バイオレットなどの天然精油の香りに、オキシトシン分泌を増やす働きがあることを発見。

実験では、血液中のオキシトシン濃度が、香りを嗅いだ後で1.8倍にアップするという結果が出ています。

メナードからは、これらの香りを配合したオーデパルファムが出ており、香りの品格の高さとリラックス効果が好評だそうです。

まとめ

まとめ

現代生活は、何かとオキシトシン不足に陥ることばかり。
キーボードやスマホ画面にどれだけ触っても、オキシトシンは分泌されません。

唯一、オキシトシン不足に役立っていることといえば、空前のペットブームだということでしょうか。

ただただ可愛くて、可愛くて、つい赤ちゃん言葉で話しかけてしまう飼い主さんも多いようですが、無垢な小さな命が無条件に愛しいのは、赤ちゃんと母親の関係と変わりないのですね。

そんな気持ちでいる時、オキシトシンは泉のように湧き出て、美肌を育み全身を若々しくしてくれます。

他者を大切に思いやる気持ちは、そのまま自分に還ってきて、自らも究極の幸せホルモンで満たされるのです。

幸せそうな表情は、大人女性を美しく見せる何よりの秘訣。

オキシトシンは、加齢により減少するのは他のホルモンと同様ですが、他者を慈しむだけで、いくつになっても増やせるのが大きな違いです。

ぜひオキシトシンパワーをアップし、幸せと若さに溢れた50代を楽しんでいきましょう。

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他