秋のうつ・体調不良は、肺の弱りが原因!?自分でできる肺の強化法とは

秋のうつ・体調不良は、肺の弱りが原因!?自分でできる肺の強化法とは

季節の変わり目の秋は自律神経が乱れやすく、あちこち体調不良が起こりがちです。

しかし秋の不調は、自律神経のせいとばかりは限りません。
実は、東洋医学の陰陽五行によると、秋は「肺」が弱りやすい季節なのです。

だるい、疲れやすい、気分が落ち込むといった症状のほかに、鼻水や鼻づまり、咳など呼吸器の症状や、乾燥肌が治らないといったことがあれば、肺に原因があるかもしれません。

実際に、秋口には呼吸器の不調で病院を受診する人が増えるそうですが、本格的なインフルエンザの季節の前に、秋の不調は早めに解消することが大切です。

今日は、秋に起こる様々な不調の原因を、東洋医学の観点から解明したいと思います。

肺にはどんな働きがあり、肺が弱るとどんな症状が出るのか、そしてどうすれば弱った肺を回復できるのか、詳しくお伝えしていきます。

乾燥の秋は肺が弱りやすい

秋に肺が弱りやすいのは、空気の乾燥が大きな要因。

東洋医学によると、肺は乾燥が苦手な臓器とされています。
肺は呼吸によって外気と直接接しているので、乾燥や冷気の悪影響を最も受けやすいのです。

しかも乾燥は外からだけではなく、内からも起こります。
夏に冷房に頼りっぱなしで汗をかかないでいると、体の内部に発散されない熱がこもり、肺を乾燥させるのです。

肺は呼吸器官であることはもちろんですが、東洋医学における肺は、他の臓器と互いに関連しながら、実に様々な働きをしていると考えられています。

東洋医学における肺の機能

東洋医学における肺は、「呼吸機能」以外にも「水分代謝」や「体温調節」の機能、さらに「皮膚の状態」や「免疫」にまで重要な働きをしています。

肺の大きな役目は、呼吸によって空気から気を取り入れ、脾(胃腸)から津液(水分)を受け取り、これらを全身に散布することです。

散布された水分は体内で代謝された後、腎臓や膀胱を介して尿として、また皮膚表面から汗として排出されます。

このような水分代謝や体温調節も、実は肺のコントロール下にあるのです。

また肺は、全身に気を巡らせることで体表(皮膚や粘膜)にバリアを作り、病邪の侵入を防ぐという「免疫機能」も有しています。

免疫の異常反応といわれる花粉症やアレルギー性鼻炎も、東洋医学では肺の病気として捉えているのです。

肺の弱りで起こる症状

肺の弱りで起こる症状

呼吸器官である肺は、空気の通り道である「鼻」「喉」「気管支」、さらに一見関係のなさそうな「大腸」とも深く関連しています。

そのため、肺が弱ると様々な部分に不調が現れます。

  • 鼻水、鼻づまり
  • 喉のイガイガ、痰、咳、息切れ
  • 疲労感、だるさ
  • 便秘や下痢
  • 発疹、蕁麻疹などの皮膚疾患
  • 肌の乾燥、肌荒れ

いずれの症状も、風邪や自律神経の失調、夏の疲れなどと似ているので、軽く考えて対処を遅らせないようにしたいものです。

また東洋医学では、心臓=喜、肝臓=怒、腎臓=恐・驚、肺臓=憂・悲、胃腸=思というように、各臓器は感情とも深い関係があると考えられています。

肺は「悲しみ」の臓器というわけで、中国の最古の医学書には「憂傷肺」、つまり「悲しみや憂いの気持ちは肺を傷める」という記述があります。

それぞれの感情が過度になると、対応する臓器が障害され、逆に臓器に不調が起こると、対応する感情が異常に亢進するのです。

秋になると、何となく物悲しい気分になりがちですが、このような季節性メランコリーは、一般に日照不足によるセロトニンの減少が原因とされています。

しかし東洋医学からすると、これも秋特有の肺の弱りが大きく関係しているのです。

冬に備えて肺を強化しよう

冬に備えて肺を強化しよう

秋は、夏の疲れを回復し、冬に備えて体を整えるための重要な期間。
秋の間に、肺を養生することは非常に大切です。

日常できる肺の養生法

東洋医学では、「養生」という言葉をよく使います。

養生とは文字通り「生命を養う」という意味で、養生法とは単なる健康法というより、健康に向かって生命力を高めていく、ということです。

乾燥を嫌う肺を養生するには、「潤いを与える」ことが基本になります。

そのためにまず心がけたいのは、次のような方法で、鼻から肺にかけての粘膜を乾燥から守ることです。

1. 鼻呼吸

現代の若者に多い口呼吸は、乾いた空気がそのまま肺に入ることになり、長い間には肺を衰えさせる原因になります。

鼻呼吸では、外気が鼻腔を通ることで加温され、湿度も90%以上に高められるそうです。

鼻呼吸を習慣にすると、口内や喉、そして肺を乾燥から守ることになるのです。

2. 乾燥対策

空気の乾燥を感じたら、マスクや加湿器の使用も早過ぎるということはありません。

また、こまめに水分を摂り、粘膜を潤すことも大切。
ただし肺は冷えも嫌うので、水は飲むというより、口や喉を潤す程度にしましょう。

3. 深呼吸

肺を養生するには、乾燥から守ると同時に、強化することも必要です。

肺は自身では動くことができず、周囲の肋間筋、僧帽筋、脊柱起立筋、横隔膜などの呼吸筋に支えられ、呼吸をしています。

しかし普段の呼吸では、肺は3分の2ほどしか使われておらず、そのため呼吸筋は年々衰え、それと共に肺も弱くなっていきます。

そこで、次のような方法で肺全体を使う深い呼吸をし、呼吸筋を鍛えることが大切なのです。

・笑う

・笑う

笑いは横隔膜を大きく動かし、肺の強化に繋がる最も手軽な方法です。

横隔膜は肺の下にあって、呼吸に伴って上下動し、肺を膨らませたり萎ませたりしています。

横隔膜が最も動くのは、大笑いをしたり、笑いをこらえている時で、作り笑いや愛想笑いではほとんど動きません。

「お腹の底から」「声を出して」笑う…、そんな笑いの多い生活が、肺のためには一番なのです。

・有酸素運動
運動をすると、足腰の筋肉だけでなく、全身に酸素を送るために呼吸筋も鍛えられます。

中でも肺を大きく動かすことと、継続しやすさを併せ持っているのが「有酸素運動」です。
ウォーキングやジョギングは、まさに秋にピッタリの運動なのです。

・ヨガ
ヨガは、吐く息を重視した、長くて深い呼吸をしながら行うので、肺の強化に最適です。

中でも簡単にできて効果的なのが、次の「鳥のポーズ」。

1. 足を腰の幅に開いて立つ
2. 両手を後ろで組み、手のひらを合わせ息を吐く
3. 次にゆっくり息を吸いながら、組んだ両手を下に伸ばす
4. 右足を一歩前に出し、息を吐く
5. 息を吸いながら、重心を右足に移動する(左足のかかとは浮かせる)
6. 両手を最大限伸ばしながら胸を開き、5秒間キープ(呼吸は軽く続ける)

以上を左右の足で1回ずつ行います。

デスクワークで猫背気味な生活は、肺を圧迫して呼吸が浅くなります。
鳥のポーズはそんな姿勢を矯正してくれるので、自然に深い呼吸ができるようになり、肺が強化されるのです。

時間がなくて運動ができないという人は、隙間時間に深呼吸をする癖をつけるだけでも効果があります。

肺を養う食事

東洋医学では、「日常の食事こそが良薬である」という考え方があります。

といっても、その食事はカロリーや栄養素が中心ではなく、食べ物の味や性質、育つ気候風土と、食べる人の年齢や体質、体調を考えて作られるものです。

さらに東洋医学では、食べ物はそれぞれ人体の五臓に対応しており、摂り方によって各臓器の機能を高めたり、損ねたりすると考えられています。

つまり五臓に合わせて食べ物を摂取することで、臓器の不調が整い、健康が作られるというわけです。

では肺を養うには、どんな食材を摂ればいいのでしょうか。

五臓には関連する色や味があり、肺(呼吸器や皮膚)が該当するのは「白」と「辛味」。
そこで、肺のためには次の食材が良いとされているのです。

・白い食べ物

大根、長ネギ、白菜、カリフラワー、レンコン、ヤマイモ、百合根、白ごま、白きくらげなど

・辛味のある食べ物

タマネギ、ショウガなど

・旬の食べ物

サンマ、ブドウ、梨、柿などの果物、銀杏、栗、サツマイモなど

旬の食べ物には、季節の変化に順応できるよう、体を整える働きがあります。

また東洋医学の食養生では、次の点も大切なポイントです。

・腹八分目

  • 夕食は寝る3時間前までに済ませる

まとめ

まとめ

現代人は、風船を膨らませることができない人が増えているそうです。

肺活量は誰でも歳とともに低下していきますが、特に現代人は運動不足や姿勢の悪さから呼吸が浅くなり、肺が弱くなっているのです。

幸いなことに、有酸素運動やヨガ、笑いなど、日常に深呼吸を取り入れることで、肺は強化することができます。

免疫にも重要な働きをしている肺の健康は、長寿、アンチエイジングにも繋がります。

当たり前にしている呼吸も、肺が元気であればこそ。
この秋はあらためて肺に意識を向け、養生してあげましょう。

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他