紫外線によるシミ、シワ、たるみを防ぐ高麗人参の美肌効果とは

紫外線によるシミ、シワ、たるみを防ぐ高麗人参の美肌効果とは

春から夏へと、日差しが一段と強くなってくると、待ったなしなのが紫外線対策です。

しかし、近ごろ日焼け止めをしっかり塗っていてもシミができてしまう…という方も多いのではないでしょうか。

それは、歳と共に、肌の防衛力やターンオーバーが低下しているからかもしれません。

そこで、最近注目されているのが「飲む日焼け止め」。
身体の内側から、紫外線のダメージを防ごうというものです。

中でも有効といわれるのが、あの「高麗人参」。

滋養強壮で知られる高麗人参に、一体どんな日焼け止め効果があるというのでしょうか。

今回は、塗る日焼け止めだけではシミを防げない理由とその対策、そして、なぜ高麗人参が飲む日焼け止めとして有効なのかを詳しくご紹介していきます。

肌を守るには日焼け止めだけでは不十分?

紫外線による肌トラブルを防ぐために誰もがすることは、日焼け止めや日傘、帽子による紫外線カットです。

しかし完璧に紫外線を防いだつもりでも、なぜかシミができてしまうことがあります。

実は、本当に紫外線から肌を守るには、外側からの防御だけでなく、内側からの対策が必要なのです。

それは、一体どういうことなのでしょうか。

1. ターンオーバーの低下でシミができる

1. ターンオーバーの低下でシミができる

紫外線による肌トラブルといえば、第一に挙げられるのが「シミ」です。

シミはメラニン色素がもとになってできますが、しかしメラニン色素そのものは肌に害をなす存在ではなく、本来、紫外線から肌を守るために身体が作り出すものです。

メラニン色素がなければ、紫外線は肌細胞のDNAを直接攻撃し、もっと深刻なダメージをもたらすことになります。

また、メラニン色素ができたとしても、健康な肌であればターンオーバーによって順次排出されるので、シミとなって残ることはありません。

シミができるのは、新陳代謝が低下したり、メラニンを排出する間もなく頻繁に紫外線を浴びるなどして、メラニン色素を沈着させてしまうからです。

つまり、シミを作らせないためには、ターンオーバーのサイクルを促進することが大切になります。

2. 活性酸素でシワ、たるみができる

紫外線による肌トラブルの二つ目は、シワ、たるみ。

紫外線が肌の内部まで入り込み、発生した「活性酸素」によって、肌の弾力を作るコラーゲンやエラスチンを壊してしまうからです。

シワたるみを防ぐには、活性酸素の抑制や、できた活性酸素の除去が必要になるのです。

因みに、紫外線がシワやたるみにどれほど強い影響力を持っているか、それをはっきり示す有名な写真があります。

その写真の人物は、25年間トラック運転手をしていたアメリカの男性。
トラックの窓ガラス越しに顔の左側にだけ紫外線を浴び続け、その結果、顔の左半分が極度に老化してしまったのです。

左右の顔のシワたるみの差が衝撃的な写真で、紫外線の怖さを実感させられます。

このように、紫外線から肌を守るには、ターンオーバーの促進と、活性酸素の抑制・除去が不可欠です。

ターンオーバーについては、まず実践すべきことは、ストレスや睡眠不足、過労、偏った食事といった生活習慣の改善。

活性酸素については、食事やサプリメントによる抗酸化成分の摂取が有効です。

最近は、各種の抗酸化成分を配合した「飲む日焼け止め」が人気ですが、中でも注目したいのが、今、その美容健康効果が改めて見直されている「高麗人参」。

実は高麗人参は、内側からシミ対策とシワ、たるみ対策の両方ができる、究極の「飲む日焼け止め」なのです。

では、高麗人参の日焼け止めとしての効果とは、どのようなものなのでしょうか。

高麗人参の紫外線に対する美肌効果

高麗人参の紫外線に対する美肌効果

高麗人参といえば、滋養強壮や健康増進効果の漢方薬やサプリメントとして、日本でもお馴染みです。

その効果の主役は、高麗人参特有の成分である「ジンセノサイド」というサポニン。

ジンセノサイドは多種類のサポニンを含んでおり、中枢神経や内分泌系、免疫系、代謝系に働く、優れた薬理作用があります。

因みに、サポニンとは植物、特にマメ科の植物に多く含まれる配糖体のことですが、高麗人参のサポニンは他のサポニンと違い、多量に摂っても毒性を示すことがないのが特徴です。

高麗人参の効果効能

ジンセノサイドの具体的な効果としては、以下のものが挙げられます。

・血流の改善

高麗人参の効能で最も有名なのが、血液や血管を健康にし、高血圧や動脈硬化を改善すること。

ジンセノサイドの持つ、血栓防止や悪玉コレステロールを減らす作用で血液がサラサラになり、さらに血管拡張作用が加わって、血流が改善されるのです。

高麗人参を飲むと身体が温まり、冷え性が改善するというのも、この血行促進作用によるものです。

・免疫力の向上

ジンセノサイドは自律神経に作用し、亢進しすぎた交感神経を鎮める作用があります。

副交感神経優位の状態になることで、免疫の主役となるナチュラルキラー細胞が活性化し、免疫力が高まるのです。

・アンチエイジング

高麗人参は古くから、不老長寿、若返りの妙薬といわれています。

その効果の根幹をなすのが、ジンセノサイドの優れた抗酸化作用。
活性酸素の生成を抑制し、全身を若々しく保つ効果があります。

・生活習慣病の予防

ジンセノサイドには糖や脂質代謝を促進する作用があり、糖尿病、高脂血症の予防に繋がります。

・記憶力の向上、認知症の予防

高麗人参は脳の若返りにも効果的です。

ジンセノサイドが神経細胞死を防ぎ、衰えた脳の情報ネットワークを再構築して、記憶を定着し維持する力を高めます。

紫外線対策に高麗人参

このように高麗人参には幅広い薬理作用があり、中でも群を抜いた血流改善作用と抗酸化作用は、紫外線による肌トラブルにも効果を発揮します。

高麗人参を摂ることで、ターンオーバーを促進してシミを防ぎ、コラーゲンを守ってシワ、たるみを防ぐことができるのです。

おすすめは紅参(こうじん)

昔は高級な生薬として庶民には高値の花だった高麗人参も、近年は、サプリメントやドリンクなどで気軽に摂ることができます。

しかし、高麗人参の効果はジンセノサイドというサポニンによるものなので、選ぶ際に何より重要になるのはその含有量です。

高麗人参と謳っていても、必ずしも主成分が高麗人参とは限りません。

含有量で選ぶなら、「紅参」がおすすめ。
紅参は、サポニンの含有量においては群を抜いており、最高峰といわれる高麗人参なのです。

高麗人参は、栽培期間によって4年根、5年根、6年根のように分けられ、最も上級なのが6年根とされています。

それは、栽培期間が長い高麗人参ほど土壌の栄養分を多く吸い上げ、サポニンの含有量も多くなるからで、6年根の高麗人参なら、4年根の2倍ものサポニンを含んでいるのです。

「紅参」とは、この6年根を蒸し、含有水分を14%以下にまで乾燥させたもので、サポニンや他の栄養素が凝縮された状態になっています。

さらに紅参だけに含まれる特殊なサポニンや、他の有用成分も含まれており、効果を最も期待できる高麗人参なのです。

また、産地は「韓国」のものが高品質といわれています。

栄養価の高い高麗人参は、比較的涼しくて湿度が低い、寒暖の差が大きい環境下で育ちます。
韓国の気候風土は、それに近いものがあるからです。

まとめ

まとめ

紫外線は、肌が浴びるものだけでなく、目から入ってくるものも肌を黒くするといわれています。

肌でも目でも、紫外線を浴びていると脳が判断すると、メラニン色素を作る指令を全身に送るからです。

つまり、いくら日焼け止めを塗ってもメラニンは作られ、完璧なシミ予防にはならないのです。

もちろん塗る日焼け止めは基本ですが、本当に肌を守るなら、必要なのは身体の内側からの紫外線対策。

特に40代50代の世代は、新陳代謝の低下からシミの危険性が高まり、さらに心配なのは光老化によるシワ、たるみです。

今年の夏からは、ぜひ「高麗人参」で、身体の中から紫外線に負けない肌作りをしてみてはいかがでしょうか。

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他