ガサガサかかとで老化が促進!?かかと荒れの意外な原因と対処法

ガサガサかかとで老化が促進!?かかと荒れの意外な原因と対処法

女性の冬の悩みの一つに、「かかとの荒れ」があります。

ウェザーニュースが行った調査によると、ガサガサかかとに悩む人は6割以上に及ぶそうです。

かかとの荒れがひどくなると、ひび割れが進行して亀裂ができ、痛みで歩くのに支障が出ることも。

「老化は足から」といいますが、あまり歩かない生活が続くと健康寿命にも影響が及びます。

以前は冬だけだったのに、最近は年中かかとが荒れるようになった。
保湿クリームを塗っても、すぐまたガサガサになる。

今日は、そんな方のために、なぜかかとが荒れやすいのか、その理由を徹底解明し、改善するための賢い対処法を詳しくお伝えします。

かかとが荒れる理由

かかとが荒れる理由

肌は、年齢と共にターンオーバーが遅くなり、古い角質が溜まって瑞々しさや柔らかさが失われていきます。

さらに冬は寒さによる血行不良や乾燥が加わり、肌がゴワつき出すものですが、中でも荒れ方がひどいのが「かかと」です。

ひび割れたかかとは、履いたストッキングもピリピリ破れるほどのサボテン状態。

なぜ、かかとがこれほど荒れやすいのかというと、かかとには、もともと角質を硬くしてしまう3つの特徴があるからです。

1. 角質層が厚い

全身の皮膚(角質層)の中で、最も厚いのが「かかと」の部分です。

顔の角質層が0.02ミリなのに対し、かかとはその100倍の約2ミリもあります。

人間は全体重を二つの足の裏で支えているわけですが、かかとは一番体重がかかる部分なので、厚い角質層が必要なのです。

そして角質層が厚い分、かかとはターンオーバーにも時間がかかります。
顔は通常28日周期なのに、かかとのターンオーバーは何と120日。

また、体重の圧によりかかとの毛細血管は切れやすく、栄養が届きにくくなってターンオーバーがさらに遅くなり、硬い角質層ができてしまうのです。

2. 物理的刺激が多い

皮膚は、圧力や衝撃、摩擦といった刺激を繰り返し受けると、表面の角質を厚く硬くして自らを守ろうとします。

かかとは、体重の圧力や靴の摩擦などに常に晒されているため、この防衛作用が強く働き、角質が肥厚してしまうのです。

3. 皮脂腺がない

さらに足の裏は、汗腺は多いのに皮脂腺がないという特徴があります。

汗はかいても、水分を保持するための皮脂が分泌されないため、かかとは常に乾燥状態となり、ゴワつくことになります。

このように、かかとは過酷な条件が揃っている部分なので、どうしても角質が厚く硬くなり、荒れやすくなってしまうのです。

そして、かかと荒れにはさらにもう一つ、現代人ならではの意外な原因があります。

4. 浮き指

浮き指とは、足指が浮いてしまい、地面にほとんど接していない状態のこと。

通常、立っている時の体重は、足先に30%、かかとに70%という割合で分担されています。

しかし浮き指だと、重心の大半がかかとにかかることになり、ますますかかとの角質が厚くなってしまうのです。

実際に、かかとが肥厚しやすい人は、「浮き指」になっていることが多いそうです。

また、浮き指だと重心が後ろ寄りになることから、バランスを取ろうとして身体が前に傾き、猫背になったり、腰痛や肩こりを引き起こすことにもなります。

浮き指の原因は、靴を履く生活により足指の力が退化し、さらに歩く機会も少なくなったからといわれています。

自分の足の指が浮いているとは、なかなか自覚できないものですが、実は、中高年の80%が浮き指になっているそうです。

かかとの角質を除去する方法

かかとの角質を除去する方法

かかとの荒れも、カサカサ程度なら保湿系のクリームをこまめに塗るだけで、改善が期待できます。

しかしひび割れまで生じたかかとは、肥厚した角質をいったん除去する必要があります。

ここでは代表的な角質除去のフットケア商品を取り上げ、それぞれのメリットや注意点を見ていきましょう。

1. やすり、軽石

かかとケアでは一番ポピュラーな方法で、入浴やフットバスで角質がふやけたところで、フットケア用のやすりや軽石で削って落とすというもの。

ただし、削り過ぎると傷ができて雑菌が入ったり、刺激によってかえって角質肥厚を助長することがあります。

ふやけた角質は脆くなっているので、力任せにこすらず、状態を確認しながら行うことが大切です。

最後にお湯で洗い流したら、水気をしっかり拭き取り、クリームなどで保湿を行うことも忘れないようにしましょう。

2. スクラブ

角質があまり厚くない場合は、ジェルやクリームタイプのボディ用スクラブ剤も効果的です。

塗ってマッサージするようにこすることで、細かいスクラブの粒子が穏やかに角質を落としてくれます。

かかとが乾いた状態で使えるものもあり、入浴時だけでなく、どこでも手軽にケアできるメリットがあります。

3. ピーリングジェル

ピーリング成分を配合したジェルやクリームを塗り、こすって角質を落とすというもの。

やすりやスクラブのように物理的に削って取るのではなく、ピーリング成分によって化学的に角質を軟化させ、剥がすという方法です。

ピーリング成分はグリコール酸や乳酸などのフルーツ酸で、これら酸にはたんぱく質を変性・分解する作用があるのです。

より安価にできる方法としては、お酢を使ったピーリングがあります。

やり方:洗面器にお酢とお湯を1:3(目安)の割合で入れ、30分~1時間ほど足を浸します。その後、フットブラシなどで軟化した角質を落とし、お湯で洗い流します。

お酢は殺菌作用もあるので、足の臭いを消したり、水虫予防にも効果的です。

4. 足裏角質パック

こちらは塗るというより、薬液のピーリングジェルに足をどっぷり浸し、60~90分ほど時間を置いてから洗い流すというもの。

足の角質がペロンと剥けるという、はっきり分かる効果が魅力です。
しかし「剥ける」というくらいですから、人によっては皮膚に刺激が強過ぎる場合もあります。

使用する場合は、事前にパッチテストをしたり、ピーリング成分の内容や濃度、足を浸す時間に十分気をつけることが必要です。

以上の方法は、いずれも週1回~2週間に1回ほどを目安に、くれぐれもやり過ぎに気をつけ、終わったら必ず保湿をしっかり行いましょう。

滑らかなかかとを維持するフットケア法

滑らかなかかとを維持するフットケア法

肥厚した角質を強制的に取り除いても、放置すれば再び角質は溜まります。
すべすべのかかとを維持するためには、日常のケアが大切です。

1. 乾燥させない

皮脂が分泌されないかかとは、何より乾燥させないことが肝心です。
お風呂上りはもちろん、こまめな保湿ケアを心がけましょう。

おすすめは、血行促進作用の「ビタミンE」や角質柔軟作用の「尿素」配合の保湿クリーム、人間の皮膚と相性抜群で浸透力に優れた「馬油」など。

塗った上からラップで覆ったり、靴下をはいて潤いを閉じ込めると、より効果的です。

便利なアイテムとして、水分を逃がさない素材でできたかかと用靴下もあります。

2. 冷やさない

足は身体の中でも最も冷えやすい部分。
冷えは血行を阻害し、角質を厚くする原因になります。

靴下で冷えを防いだり、マッサージで血流を促進するなど、日常のケアを忘れないようにしましょう。

3. 足にあった靴を履く

サイズが小さ過ぎる靴は、かかとへの圧迫が大きくなり、大き過ぎても、かかとが前後左右にずれて摩擦がひどくなります。

正しい歩き方をし、かかとに負担をかけないために、靴が自分の足に合っていることは非常に重要です。

足に合った靴とは、

  • かかと周りに小指が入るくらいのゆとりがある
  • 足先は5本の指先が動かせる高さと幅がある
  • 甲部分に圧迫感がない
  • 指の付け根と靴底の曲がる部分が一致している

また、クッション性のあるインソールを入れて、体重や歩行による衝撃を和らげるのも効果的です。

4. 浮き指の改善

自覚のないままに、かかとに大きな負担をかけているのが、上記の「浮き指」です。

足指の背側の関節部分に、タコができている
足裏の指の付け根部分が、分厚く硬くなっている

といった方は、浮き指の可能性があります。

浮き指だと、足指の代わりに「指の付け根部分」で歩いたり立ったりしているので、その部分の角質が厚くなるのです。

次のトレーニングで足指の力をつけ、浮き指を改善しましょう。

・タオル寄せ運動

床に敷いたタオルの上に足を乗せ、足指でタオルをたぐり寄せます。
立って行うか、できない場合は椅子に座った状態でもOKです。

・グーチョキパー運動

床に足を置き、グー(足指を内側に丸める)、チョキ(丸めた状態で親指だけを立てる)、パー(全部の足指を開いて床に着ける)を行い、これを20回繰り返します。

5. 足裏全体を使った歩き方

かかとに負担をかけ過ぎないためには、歩き方も重要です。

  • まず、足指の腹が地面にしっかり着くように蹴り出します。
  • 足を下ろす時は、「かかと→土踏まずの外側→指の付け根」の順に、重心を移動するように意識します。

意識することが難しければ、腕を後ろに大きく振って歩くようにすると、自然に上記のような重心移動ができるそうです。

スムーズな重心移動によって、足指を踏ん張って蹴り出すことができ、かかとの負担軽減に繋がります。

6. 皮膚科の治療

角質取りも日常のケアもしっかりやっているのに、状態が良くならない場合、水虫の可能性もあります。

かかとのひび割れに白癬菌が入り込んで増殖し、角質を荒らして硬くしてしまうものですが、かかと水虫はほとんどが痒みがないため、気づきにくいのです。

心当たりがあれば、早めに皮膚科を受診しましょう。

まとめ

まとめ

角質肥厚を起こしたかかとは、実は、見た目だけではない深刻な問題を引き起こしかねません。

いわゆるパックリ割れなど重症になると、痛みから歩行にも障害が起こり、それが脚の機能低下に繋がって、健康寿命を短くすることにもなります。

また、不安定な歩行が転倒のきっかけとなり、骨折から要介護のリスクが高まるという指摘もあります。

たかが「かかとの荒れ」では済まないのです。

かかとの荒れは歳と共に症状がひどくなり、治りにくくなりがち。
ふっくらスベスベのかかとを取り戻すために、今のうちに本気のケアを始めましょう。

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他