冬のガサガサ、ぱっくり割れ、手荒れが治らない意外な理由とは

冬のガサガサ、ぱっくり割れ、手荒れが治らない意外な理由とは

女性の冬の悩みの一つに、「手荒れ」があります。

カサつき、ゴワつき、ひびやあかぎれ。
痒みや痛み、ぱっくり割れで血が出ることも珍しくありません。

手が荒れていると、人前で手を出すのさえ憂鬱になります。

しかし手荒れが辛いからといって、女性は家事をしないわけにはいかず、ハンドクリームもさっぱり効果がないという方も多いのではないでしょうか。

毎年、冬になると繰り返される手荒れ。
なぜ、手荒れは治らないのでしょうか。

手荒れを改善するには、原因を正しく理解し、その原因を取り除いた上で、適切な対処をすることが必要です。

今日は、繰り返す手荒れに悩む女性のために、手荒れの本当の原因に迫り、正しい手荒れケアの方法を詳しくご紹介します。

手荒れの原因

手荒れは指のカサつきや軽い角化から始まり、やがて手のひらにも広がって、皮が剥けたりひび割れができたりします。

さらに進行すると、ひび割れから血が滲んだり、ひどい時には腫れと痛みで指が曲げられなくなることも。

このような手荒れの多くは、医学的には「進行性指掌角皮症」といわれる症状だそうです。

また、強い痒みや痛みと共に水ぶくれがあれば、手湿疹(主婦湿疹)という皮膚疾患の場合もあります。

手荒れが冬に多いのは、言うまでもなく「寒さ」と「空気の乾燥」が大きく影響しています。

手荒れの原因1:寒さ&乾燥

皮膚は皮脂を分泌して皮脂膜を作り、肌を乾燥から守っていますが、冬はこの皮脂も分泌量が減少します。

中でも手のひらや指先は皮脂腺が少なく、もともと乾燥に弱い部分。

さらに寒さのせいで、末端の手は特に血行が悪くなります。
そのため新陳代謝が低下し、皮脂分泌がよけいに少なくなって乾燥が進んでしまいます。

乾燥した皮膚は、ちょっとした刺激で炎症を起こし、ひびやあかぎれになってしまうのです。

手荒れの原因2:水仕事&洗剤

手の乾燥をさらに進行させるのが、「水仕事」と「洗剤」。

食器洗いや料理、洗濯、掃除と、女性は水仕事を避けて通れません。

水に浸かった手は角質層に水分が入り込み、皮膚はいったん潤います。
しかしその水分はやがて蒸発し、その時に、もともと皮膚にあった水分も一緒に出て行ってしまうのです。

水仕事で手が乾燥する理由は、ここにあります。

加えて、お湯は脱脂作用によって皮脂まで流出させ、食器洗いの洗剤は、洗浄成分で手の皮脂や内部の保湿成分までも奪っていきます。

さらに冬はインフルエンザの季節でもあり、頻繁な手洗いやアルコール消毒で手荒れをひどくしがちです。

手荒れの原因3:物理的刺激

パソコンやスマホなどキーボードやタッチパネルを長時間触る生活をしていると、指先から手が荒れやすくなります。

私たちが日常、何をするにも使うのが「手」。
そこで刺激に備えて、手は角質層が厚くできています。

そのため、物理的刺激が繰り返されると厚い角質層が硬くなり、ゴワついたりひび割れを起こしやすくなるのです。

このように、手は、

  • 皮脂が少なく、乾燥しやすい
  • 角質層が厚く、硬化しやすい

という、手荒れを起こす要因が揃っているパーツなのです。

手荒れの予防と改善

手荒れの予防と改善

では、手荒れを防ぎ、改善するにはどうすればいいのでしょうか。

水分をしっかり拭き取る

手が荒れて困るといいながら、意外に怠りがちなのが、手を濡らした後の拭き取りです。

水で濡れた手の乾燥は、水分が蒸発する時に起こります。
ですから、乾燥を防ぐ大前提は、水分を完全に拭き取ることなのです。

しかし、あるテレビ番組の調査で、女性が濡れた手を拭く時間を計ってみたところ、最も長い人でも10秒、多くは5~6秒で終了。

確かに、忙しいキッチンでは手を拭く時間も惜しいところですが、実は、これが手荒れを進行させる大きな原因になっています。

手の甲や手のひらはもちろん、指の股や指先、爪周り、関節のシワまで、徹底的に水分を拭き取ることが大切なのです。

ゴム手袋の使用

水仕事による手荒れを防ぐ最も有効な方法が、ゴム手袋で、手を水や洗剤から遮断することです。

手袋の素材には、次の種類があります。
それぞれの特徴を理解し、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

・天然ゴム

柔軟性に富み、熱に強く破れにくいが、人によってはアレルギーに注意が必要

・合成ゴム(ニトリル)

破れにくく、ゴムアレルギーの心配はないが、低温下では少し柔軟性に劣る

・塩化ビニル

比較的安価で長期使用にも耐えるが、熱に弱い

・ポリエチレン

使い捨てできる安さが魅力だが、薄いので長時間の水仕事には不向き

また、手袋は使いやすさも大事。
選ぶ際には、素材と共に、次の点に留意しましょう。

  • 適度な厚さ、柔らかさがある…丈夫、かつ指先の感触を妨げない
  • 裏面に起毛やスベリ加工がある…着脱しやすい
  • 少し大きめのサイズにする…着脱しやすい

因みに、裏面にパウダーつきの手袋は、パウダーが手荒れの原因にもなるので、避けたほうが無難です。

ゴム手袋をする前にハンドクリームを塗っておけば、お湯のスチーム効果で手の潤いをアップさせることもできます。

ゴム手袋は面倒くさくて…という方も、一度習慣にしてしまえば、その効果に手放せなくなるはずです。

ハンドクリーム

ハンドクリーム

ゴム手袋と並んで、手荒れケアの必須アイテムがハンドクリーム。
次の点をポイントに、賢く使って手荒れを早く回復させたいものです。

1. 症状に合ったハンドクリームを使う

ハンドクリームを選ぶ際は、症状に合った有効成分を見極めることが大切です。

・初期段階の手荒れには「保湿系」
カサつきや軽い角化は、まず十分な保湿ケアが大切。

ヒアルロン酸やセラミド、シアバター、グリセリンなど、保湿成分が主体のハンドクリームが潤い回復に役立ちます。

・カサカサや痒みが強い手荒れには「ヘパリン系」
乾燥が進行している手荒れには、ヘパリン類似物質という成分が効果的です。

ヘパリン類似物質は、乾燥肌対策に古くから使われている成分で、保湿作用や血行促進、抗炎症作用があり、カサつきや炎症による痒みに優れた効果をもたらします。

・ゴワつきがひどい手荒れは「尿素系」
ハンドクリームといえば、古くからお馴染みなのが尿素配合のもの。

尿素には、保湿作用に加え、硬化した角質を柔軟にし、肌を滑らかにする働きがありますが、塗り過ぎや長期使用には注意が必要です。

尿素の効果は、角質のたんぱく質を溶かして除去し、それによって新しい角質の成長を促進するという、ピーリング作用によるもの。

ですから尿素は使い過ぎると、角質が成長を急ぐあまりに未成熟な角質が増え、その結果、バリア機能が低下してさらなる乾燥を招きやすくなります。

また、傷口に入ると沁みて痛みを伴うことがあるので、ひびやあかぎれには避けたほうがいいでしょう。

・冷えタイプの手荒れには「ビタミン系」
ハンドクリームには、ビタミンE、ビタミンB2といったビタミンが配合されたものも多くなっています。

ビタミンEは抹消の血流を良くし、皮膚の再生を促進する働きがあり、冷えからくるひびやあかぎれに効果的です。

ビタミンB2は肌の再生に必須の成分で、ビタミンEと共に手荒れの回復を早めます。

・とりあえず試すなら「ワセリン」
選ぶのに迷ってしまう方は、万能美容アイテムの「ワセリン」もおすすめ。

ワセリンは、肌表面に留まってしっかりした膜を作り、水分を閉じ込めて肌の回復力を高めてくれます。

ただし日光に当たると油焼けすることがあるので、外出時は手袋をしたほうが安心です。

2. 効果的な塗り方

ハンドクリームを塗るタイミングは、水仕事が終わったら、その都度こまめに塗るのが理想。

クリームは滑らかに塗れるくらいの量を使い、次の手順で丁寧に塗っていきましょう。

  • クリームを手のひらにのばして温め、手全体に塗り広げる
  • 指先、爪の周り、関節のシワ、指の股にもよく塗り込む
  • 指の付け根から指先にかけてマッサージしながら塗ると、より効果的

そして最も高い効果を得られるのが、夜の入浴後の集中ケアです。

肌のスキンケアのついでに手にも化粧水をつけ、ハンドクリームをたっぷり塗り込んだら、手袋をして就寝します。

手袋は熱がこもったり蒸れるのがイヤ、という方は、吸湿・保湿・放湿性に優れたシルクや綿素材がおすすめです。

まとめ

まとめ

ゴム手袋は面倒なのでつけない
濡れた手は、ささっと拭いておしまい

忙しいとつい、ちょっとした手間を惜しんでしまうものです。
しかし手荒れは、この「つい」から始まるといっても過言ではありません。

「手には年齢が正直に出る」といいますが、手荒れを繰り返していては、実年齢以上の手になるのもあっという間です。

まずはゴム手袋の着用や、水分の拭き取りを徹底することから始め、春を迎える前に、しっとり滑らかな手を取り戻しましょう。

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他