50代アンチエイジング宣言!いつまでも健康的で若々しくいたい!

50代アンチエイジング、堂々宣言!

「美魔女のようになりたい!」とまでは言いませんが、いつまでも健康的で若々しく見られたいと思うのは、女性なら当然の願いですよね。

そこで50代アンチエイジング宣言!では、50代女性の美容と健康に関する様々な情報をアラフィフの管理人が分かりやすくお伝えしていきます。

新着記事

50代アンチエイジング 基礎の基礎

加齢による老化の原因は、細胞の酸化と糖化

いつまでも健康的で若々しくいたい!

いつまでも若々しくいるためには、老化の原因をしっかりと知ることが大切です。
人間はなぜ年を重ねるにつれ、老けてしまうのか?
その原因を詳しく見てみましょう。

人間の老化は、細胞の酸化と糖化が原因です。
酸化はよく耳にしますが、糖化という言葉を初めて聞いた人もいるのでは?
酸化と糖化について、詳しく見てみましょう。

▼細胞の酸化とは?
私たちは1日に700~800リットルもの酸素を体内に取り入れています。
この体内に取り入れた酸素うち約2%が強い酸化作用をもつ、活性酸素(フリーラジカル)に変わると言われています。

活性酸素には、体内に入ってきた細菌やウイルスを駆除しる重要な働きがあります。
この働きが病気や中毒を予防して、私たちの体を守ってくれています。

しかし、活性酸素が増えすぎると正常な細胞まで攻撃してしまい酸化させてしまいます。
これが老化の原因となるのです。

▼細胞が酸化すると次のような症状が起こります
・DNAや遺伝子が傷つき、細胞の分裂異常がおこる
・血管のしなやかさがなくなり硬く、もろくなる
・細胞が栄養素を上手く取り込めずに死滅する

細胞の分裂異常は、がんを引き起こす原因です。
また血管が硬く、もろくなることで動脈硬化が起こり、心筋梗塞や脳梗塞などの病気の原因となります。

さらに細胞が死滅することで、各器官の機能が低下して病気にかかりやすくなります。
そして細胞の酸化は、健康面以外にも美容面にも大きな影響を与えているのです。

▼細胞の酸化で起こる美容トラブル
・エラスチンやコラーゲンの線維構造を変質させる
・細胞の酸化を防ごうとしてメラニン色素が発生する
・ターンオーバーが乱れる

エラスチンやコラーゲンが硬くなったり、もろく変質してしまうことで、肌のハリや弾力がなくなり、ほうれい線や目尻のシワなどの原因となります。
また、メラニンを発生させることで、シミやくすみの原因にも。

さらにターンオーバーの乱れは、角質細胞の角化異常を引き起こし毛穴の詰まりや大人ニキビの原因となるだけではなく、肌のバリア機能の低下や肌荒れも引き起こします。

健康への影響も美容への影響も、とても大きいですね。

▼細胞の糖化とは?
糖化とは、体内の余分な糖がタンパク質と結びつき、タンパク質が変性・劣化してしまう現象です。
体内のタンパク質が糖と結びつくとAGEs(糖化最終生成物)という名の物質に変化します。

体内のタンパク質の中でも特に糖化しやすいのが、コラーゲン。
コラーゲンが糖化(AGE)すると、しなやかさが失われ、硬くもろくなります。

血管のコラーゲンが糖化すると動脈硬化を起こし、脳梗塞や心筋梗塞など重大な病気の原因に。
また、白内障やアルツハイマーなどの病気を引き起こす原因ともなります。

さらに、肌の真皮層にあるコラーゲンが糖化して硬くなると肌はハリと弾力を失い、たるみやしわの原因となります。

先ほど説明した通り、これらの糖化の原因は、体内の余分な糖とタンパク質が結びつくこと。
そのため、肥満や糖尿病の人は糖化が起こりやすいので、特に注意が必要です。

↑ 目次に戻る

女性は50歳から急に老け始める理由とは!?

女性は50歳から急に老け始める理由とは!?

年齢による老化は、細胞の酸化と糖化が原因だったのですね。
しかし、男性に比べ女性は、見た目の老化が急に進む傾向があります。
その原因は、いったい何なのでしょうか?

30歳を過ぎて徐々に老ける男性に比べ、女性は50歳前後から急に老けだすと言われています。
これは閉経が関係していて、日本人の平均閉経年齢は50歳だそうです。

閉経を迎えると女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が急激に低下します。

エストロゲンは、排卵・月経を起こし妊娠に必要な子宮環境を整えるホルモンです。
別名「美人ホルモン」とも呼ばれ、下記のような働きがあります。

▼エストロゲンの美容効果
・女性らしい丸みのある体を作る
・皮膚や粘膜の水分量を増やす
・コラーゲンの生成を活性化する
・細胞の新陳代謝(ターンオーバー)を活性化する

これらの働きが、肌や髪の毛のハリとツヤを保ち、女性らしい美しさを作り出しています。
また、美容効果以外にも次のような働きがあり、健康にも大きく関わっています。

▼エストロゲンの健康効果
・血管をしなやかにして動脈硬化を防ぐ
・コレステロールのバランスを整える
・骨吸収のスピードを抑え、骨密度を保つ

これらの大切な働きをする、エストロゲンの減少が、50代女性が急に老ける原因です。
では、閉経を過ぎた50代の女性は、加齢とともに進む老化を防ぐことができないのでしょうか?

↑ 目次に戻る

50代からでも間に合う、アンチエイジング

50代からでも間に合う、アンチエイジング

上で説明したように、加齢による老化は酸化と糖化が原因。
また、女性が閉経前後に急に老けてしまうのは、女性ホルモン(エストロゲン)の減少が原因です。
これらの老化の原因を抑え、若さを保つにはどうすればよいのでしょうか?

同じ年の女性でも、実際の年齢よりずっと若く見られる人と老けて見える人がいます。
これは、成長のスピードが一人ひとり違うように老化のスピードにも個人差があるからです。

この老化のスピードは、普段の食生活や運動、習慣などの生活環境により大きく変わります。
そのため、エイジングケアを普段から意識することで、老化のスピードをコントロールすることが可能。

また、アンチエイジングを意識して生活することは、老化を遅らせるだけではなく、生活習慣病などの病気予防にもなり、健康的な体作りにもつながります。

50代だからもう遅い…ということはありません!
これからの人生の中で『今が1番若い!』

10年先に後悔しないように生活習慣を見直してみましょう。

↑ 目次に戻る

抗酸化成分を摂り入れて、手軽にアンチエイジング

抗酸化成分を摂り入れて、手軽にアンチエイジング

活性酸素(フリーラジカル)が体内に増えることが細胞の酸化を引き起こし、老化を早めてしまうと説明しました。 しかし、私たちには活性酸素から細胞を守る防御システムが備わっています。

この防御システムが、活性酸素の発生を抑えたり、フリーラジカルを分解してくれます。
この防御システムは、抗酸化酵素や抗酸化物質がお互いに補足し合いながら、活性酸素に対応しています。

有名な抗酸化酵素や抗酸化物質
▼抗酸化酵素
・スーパーオキシドディスムターゼ(SOD酵素)
・グルタチオンペルオキシダーゼ
・カタラーゼ

▼抗酸化物質
・ビタミンC
・ビタミンE
・ベータ・カロチン
・ビタミンA

これらの抗酸化酵素や抗酸化物質は、体内で作られる物もありますが、生成量は年齢とともに減少します。 そのため、老化が進んでしまうのです。

しかし、これらの抗酸化酵素・物質は、食べ物からも補うことができます。
抗酸化作用のある食材をできるだけ多く摂るようにして、活性酸素の増加を防ぎましょう。

また最近では、抗酸化作用のある栄養素や酵素を効率よく摂れるサプリメントやドリンクも多く発売されています。 サプリやドリンクを上手く活用することで、手軽にエイジングケアが可能です。

↑ 目次に戻る

50代からのエイジングスキンケアのポイント

50代からのエイジングスキンケアのポイント

アンチエイジングと聞いて、アラフィフの女性がまず思い浮かべるのが、スキンケアではないでしょうか?
アンチエイジングを意識しながら、毎日のスキンケアを行うことで、年齢肌に負けない若々しくて健康的な美肌を取り戻せます。

スキンケアの基本といえば、洗顔と保湿です。
クレンジングと洗顔で、しっかりメイク汚れや古い角質を落とし、化粧水でしっかりと保湿をしましょう。

クレンジングと洗顔の際に注意したいことが、クレンジングオイルのような、洗浄力の強すぎるクレンジングや洗顔料を使用しないこと。

しっかりとメイクを落とすことは必要ですが、強すぎるクレンジングは、肌に必要な皮脂や角質まで取ってしまうことになるので注意しましょう。

また、洗顔中の摩擦にも注意が必要です。
洗顔中は、指と顔の肌が直接触れないようにしっかりと泡を作り、泡で肌をなでるように洗います。

洗い流すときは、30~32度くらいのぬるま湯で洗い流しましょう。
その後、化粧水でしっかりと保湿をします。

化粧水を付けるときは、コットンなどでパッティングをするのではなく、両手のひらで優しくつつむようにして、化粧水を浸透させましょう。

目元や口元などの乾燥やシワの気になる部分には、一度に多くつけるのではなく、同じようにして何度か重ねづけしてください。

↑ 目次に戻る

ぜひ活用したい、アンチエイジング化粧品

ぜひ活用したい、アンチエイジング化粧品

若い頃は、化粧水と乳液だけでも十分にうるおいのある、キメの整った肌をいキープ出来ました。

しかし、年齢とともに肌の水分保持力は衰え、コラーゲンやヒアルロン酸の生成量も減少します。
また、上でも説明したように年を重ねる毎に細胞の酸化と糖化が進みます。

そのため、しっかりとスキンケアしているのにシミやしわ、頬や毛穴のたるみ、ほうれい線など、肌の悩みは尽きることがありません。

そんな50代の女性は、抗酸化成分や抗糖化成分配合のエイジングケア化粧品がオススメです。

エイジングケア成分には、EGF、FGF、プラセンタ、アスタキサンチン、コエンザイムQ10、フラーレン、APPS、プロテオグリカン、レスベラトロールなど、様々な種類があります。

これらのエイジングケア成分のなかで、どれが自分の肌に合うのか。
しっかりと見極めてスキンケアをしていきましょう。

そのためにも、まずはトライアルセットやお試しセットを使ってみて、お肌に合うかを確かめて見てください。

当サイトでも、実際に私が使って効果を実感できた基礎化粧品トライアルセットの口コミ体験レビューを掲載しています。

ぜひ参考にしていただき、健康的で若々しい美肌を取り戻しましょう!

↑ 目次に戻る

このページのトップヘ

▼おすすめの記事

▼口コミ体験レビュー

▼カテゴリー一覧

▼その他